洗濯ネット

Tagged

洗濯ネット比較!洗濯かごがいらないバック型と持ち運べるポーチ型で時短

同じシリーズの記事はこちら 洗濯ネット比較 ところで、こんな洗濯ネットがあるのをご存じですか? こちらはバック型の洗濯ネットで、その名もズボラーネット! 洗濯物を収納して、そのまま洗濯、そしてさらに干す時に持って移動ができます。 まさにズボラ!?ですが、これはきちんとしていないという本来の意味ではなく、家事を楽にするワ...

洗濯ネット比較!100均が優秀なのは価格だけ?高価なものは効果も高い

同じシリーズの記事はこちら 洗濯ネット比較 洗濯ネットを100円ショップで買っているという方、多いですね。 中には「100均でしか買ったことがない」「100均以外ならどこで売ってるの?」などなど…… この半端ない浸透力の理由は100円という価格。 やっぱりお財布に優しいのが一番! また、100円ショップでは、このように...

洗濯ネット比較!シワ、汚れが落ちない原因は?洗濯物の正しい目安量を知ろう

同じシリーズの記事はこちら 洗濯ネット比較 洗濯ネットに入れる洗濯物ってどれくらい? 突然ですが、洗濯ネットに入っている洗濯物の量が正しいのはどっち? A、Bどちらも丸型洗濯ネット・大(33cm)にTシャツを入れています。 正解は……なんとB! 意外と少ない!? 洗濯ネットに入れる洗濯物の量はネットの大きさの7割程度。...

洗濯ネットの角型と丸型を比較!汚れ落ちがいい、型崩れがしにくいのはどっち?

同じシリーズの記事はこちら 洗濯ネット比較 こちらは寝具用の洗濯ネット。 なんとシングルサイズの掛け布団も洗えるそう。 巾着袋みたいに口が大きく開くので、かさばる寝具が出し入れしやすいんですね。 こちらはドーム型の洗濯ネット。 立体的なふんわりドームがデリケートなランジェリーを型崩れから守ります。 最近は、洗濯物に合わ...

洗濯ネットの網目の大きさ比較!細かいネットで衣類に糸くずがつく悩みを解決

同じシリーズの記事はこちら 洗濯ネット比較 洗濯中にタオルがねじれて巻き付いた! シャツの袖が絡まって取り出しにくい… 洗濯物の絡まりは、よくあるトラブル。 洗濯物の形はさまざまなので、洗濯機の中で複雑に絡まり合ってしまいます。 洗濯物の絡まりを防ぐ洗濯ネット 洗濯物の絡まりをなんとかしたい!ということから考えられたの...