家具

Tagged

ロッキングチェア(rocking chair)

キーワード解説 休息用のイスの一種。脚の下にゆるやかにカーブした台木がついていて、前後に揺り動かすことができるものをいう。「揺り椅子(いす)」ともいう。 ロッキングチェアの歴史 発祥地はアメリカのニューイングランド地方で、1760年代にアメリカ合衆国建国の父とも呼ばれる政治家であり物理学者でもあったベンジャミン・フラン...

プライウッド(合板)

キーワード解説 薄く切った単板(ベニヤ)を奇数層、繊維の方向が交差するように重ねて熱圧接着した合板のこと。無垢材に比べて反りや縮み、割れが少ないという特徴を持つ。英語表記はplywood。最近では主に「成型合板」のことを指すケースも多い。 【ベニヤ板との違い】 日本では、ベニヤ合板のことを俗にベニヤ板と呼ぶため意味を混...

ウォールナット材

キーワード解説 ウォールナットはクルミ科クルミ属の落葉広葉樹で、日本では「クルミ」と呼ばれている。オイルやバターなどに加工され、食用としてもなじみがある。一方で木材としては衝撃に強く、また加工性や接着性に優れているという特徴があるため、高級家具材料や工芸材として用いられる。 ウォールナット材の主な特徴 ・硬く粘りのある...

スツール

キーワード解説 背もたれや肘掛けの無い一人掛けの椅子、または腰掛け。椅子のなかでも最も古い形式に属すと言われている。英語での表記はStool。 スツールの歴史 現存する最古の椅子は、エジプト考古学博物館に収蔵されている第4王朝のスネフェル王の妃が使っていた椅子だと言われています。これは肘掛けや背もたれのある椅子ですが、...

オイルステイン

キーワード解説 木材用の塗料のこと。木材に浸透するので木目を活かし質感を損なわずに着色できる。 歯につくお茶やタバコの汚れを「ステイン汚れ」と言うことがありますが、ステイン(stain)とは汚れ、シミを意味します。木材にしみこむことで着色するのでオイルステインと呼ばれています。木目をきれいに引き出し、ナチュラルで味わい...

ヘリンボーン

キーワード解説 Vの字を縦横に連続させた模様のこと。魚のニシンを開いたときの骨の形のようなことからヘリンボーン(herring-bone)と呼ばれる。ヘリングボーンということもある。 生地としてのヘリンボーン ヘリンボーンは秋冬のツイード生地の模様としてコートやジャケットに取り入れられています。ヘリンボーンの生地は斜文...

ラタン(籐)

キーワード解説 東南アジアを中心に熱帯雨林地域のジャングルに自生するヤシ目/ヤシ科に分類される約200種の植物の総称。 日本語では籐(とう)、英語では「Rattan」と表記される。 植物としてのラタン ラタンはツル性植物で、節があり、とげを持った表皮に包まれています。 籐の最大の特徴は「軽くて柔らかい」という性質と、一...