バスマット

Tagged
下駄箱や押入れの除湿には炭!簡単エコな湿気対策で暮らしを快適に
8339 views
家事ラク

下駄箱や押入れの除湿には炭!簡単エコな湿気対策で暮らしを快適に

湿気の発生場所は?家中まんべんなくチェック 湿気対策と聞いて、まず思い浮かぶところといえば、押入れや下駄箱でしょうか。 大きな収納場所なので、しっかり湿気対策されている方は多いのですが、最も湿気の発生しやすい水回りはきちんとできていますか? 家中のポイントとなる場所をしっかりおさえて、まんべんなく万全に対策しましょう。...

珪藻土バスマットと布バスマットを比較!「洗濯できない」はデメリット?

新感覚の踏み心地がクセになる、珪藻土バスマット 珪藻土バスマットの原料は、なんと化石土。 人気にともなって、いろんなお店で見かけるようになりました。 人気の理由は、新感覚の踏み心地! レンガの上に足を乗せるようで、サラリとしています。 そして、最大の魅力は、吸水性と速乾性! びしょ濡れの足で乗っても、すぐに乾いてサラサ...

珪藻土バスマット

キーワード解説 珪藻土で作られたバスマット(風呂用足拭きマット)のこと。 珪藻土は、大昔のプランクトン(珪藻)の殻の化石が海や湖の底に積もってできた堆積岩です。 珪藻土は、主に白亜紀以降の地層から産出され、日本で産出される珪藻土は、中新世(約1,000万年前)のものがほとんどです。 白亜紀と中新世というのは地球の地質時...

マイクロファイバー

キーワード解説 ポリエステルやアクリルを、8マイクロメートル以下の細さに加工した超極細繊維。 ふんわりした質感と、木綿と同等以上の吸水性が特徴です。 髪の毛の数百分の一程度の極細繊維が集まっているため、繊維と繊維の間ニ隙間がたくさんあり、吸水性にすぐれています。 繊維の断面が鋭いエッジ状をしているため、細かい汚れまで拭...

アクリル繊維

キーワード解説 石油や石炭を原料としてつくられる合成繊維。ウールのような風合いが特徴。 ふっくらとした質感と保湿性にすぐれていて、セーター、靴下などのニット製品をはじめ、マットやカーテンなど、さまざまなものに使われています。 アクリルを含む化学繊維は、絹や綿、ウールなど、高価だったり、自然環境に左右されたりと、急な増産...

ワッフル織(蜂巣織)

キーワード解説 布の表面に四角形の凹凸をつくる織物。ワッフル菓子に似ていることから、ワッフル織(ワッフルクロス)と呼ばれています。 吸水性にすぐれ、糸が抜けにくく、乾きやすいのが特徴です。 表面の模様がハチの巣に似ていることから、蜂巣織(はちすおり)、ハニカムクロスとも呼ばれます。また、四角い模様が枡の形に似ていること...

バスマット比較【6】「柔軟剤は?ドラム式洗濯機は?」バスマットのお手入れ法

同じシリーズの記事はこちら  バスマット比較 バスマットを買って、ガッカリすることが多いのが、洗濯の仕方。 店頭で「洗濯OK!」と確認したものの、家に帰ってから説明書きをよく読むと…… 「ドラム式洗濯機はご使用にならないでください」の注意書きが! 「毎日使うものだから、家で洗えなくちゃね」と、確認したつもりだったのに、...

バスマット比較【5】ワッフル、パイル…織り方でバスマットはどう変わる?

同じシリーズの記事はこちら  バスマット比較   8種類のバスマットを使って、吸水性と速乾性をテスト中です。 (詳しくはバスマット比較【2】へ) ①SUSU(山崎産業株式会社)   ②乾度良好Nハイパイル(オカ株式会社) ③SHIBAFU(株式会社オカトー) ④ソフワ(山崎産業株式会社) ⑤ローザ(ヨコズナク...

SUSU(スウスウ)

キーワード解説 マイクロファイバー製のバスマットやキッチンマット、傘袋などを展開しているブランド。 山崎産業株式会社が展開するブランドで、マイクロファイバー製のモール糸(シェニールヤーン)をふんだんに使ったバスマットがとくに有名です。 マイクロファイバー製のバスマットは多数販売されていますが、SUSU(スウスウ)のバス...

ループパイル

キーワード解説 タオルやバスマット、ラグなどに使われる、生地の加工方法の一つ。 タオル地のように、糸が下地からふんわり浮き上がっている繊維のことを「パイル」と呼びますが、ループパイルは、表面から浮き上がった輪っか部分を残す加工です。 一般的に、輪っか部分をカットするカットパイル加工をおこなった生地よりも吸水性が高く、ま...

カットパイル

キーワード解説 タオルやバスマット、ラグなどに使われる、生地の加工方法の一つ。シャーリング加工とも呼ばれます。 タオル地のように、糸が下地からふんわり浮き上がっている繊維のことを「パイル」と呼びますが、カットパイルは、表面から浮き上がった輪っか部分を刈り取る(シャーリング)加工です。 一般的に、カットパイル加工をおこな...

バスマット比較【4】おしゃれバスマット対決!アクリル製vs.ポリエステル製

同じシリーズの記事はこちら  バスマット比較 習字紙を使って、バスマットの吸水性と速乾性をテスト中です。 (詳しくはバスマット比較【2】へ) 実験に使うのは、こちらの8種類のバスマット。 ①SUSU(山崎産業株式会社)   ②乾度良好Nハイパイル(オカ株式会社) ③SHIBAFU(株式会社オカトー) ④ソフワ(山崎産業...

バスマット比較【3】お手頃価格のバスマットの吸水力は?

同じシリーズの記事はこちら  バスマット比較   8種類のバスマットを使って、バスマットの吸水性と速乾性をテスト中! (詳しくはバスマット比較【2】へ) ①SUSU(山崎産業株式会社)   ②乾度良好Nハイパイル(オカ株式会社) ③SHIBAFU(株式会社オカトー) ④ソフワ(山崎産業株式会社) ⑤ローザ(ヨ...

バスマット比較【2】「SUSU」vs.「乾度良好」で機能性バスマット対決!

同じシリーズの記事はこちら  バスマット比較 濡れた足を拭いて、床を守る 「バスマット=足拭きマット」。 つまり、バスマットは、お風呂上がりの濡れた足を拭くアイテム。 足が濡れたままだと、バスルームの前の床も、そこから歩いた廊下も、びしょ濡れになってしまいますからね! だから、「足の水気をしっかり拭き取ってくれるか」は...

バスマット比較【1】カットパイルとマイクロファイバーの素材をチェック!

同じシリーズの記事はこちら  バスマット比較 バスマットの肌ざわりと素材をチェック! お風呂上がりに乗るバスマットがお気に入りだと、湯あがりの爽快感がアップしますよね! 上の写真は、乾度良好というシリーズのバスマット。 20年以上販売されているベストセラーなんです。 吸水性の高さで根強い人気を誇っていますが、もうひとつ...