しらべルート ( 3 )

Category

ベジヌードル(ベジパスタ)

キーワード解説 野菜(vegetable)を細長く麺類(noodle)のように細長く切ったり、長く平たく切ったアメリカ発祥の麺料理。パスタの代用としても多く用いられるため、別名「ベジパスタ」とも呼ばれる。また、サラダやスープとしても利用される。 人気の理由 野菜が細長いヌードル状にスライスされているために比較的食べやす...

トング

キーワード解説 物を挟んだり、つかんだりするために用いられる。ピンセットのように挟み込むことで、簡単に軽い力で扱うことが出来る。食品用の場合は主にパンやパスタなどに使われ、用途によって様々な形状の物がある。英語ではtongsと表記。 主な用途 大きく分けると、炭や清掃用に使われる「火バサミ」と、食品を扱うときに用いられ...

モリブデンバナジウム鋼

キーワード解説 鋼の硬度や強度を増すモリブデン(Mo)とバナジューム(V)を含有したステンレス刃物鋼。MV鋼、モリブデン鋼と省略することもある。包丁などの刃物類に用いられる。 【特徴】 モリブデンバナジウム鋼は非常に錆に強く、温度上昇に対して硬さや強さの影響も出にくいため、病院などでも手術用メスなどに使用されている素材...

プライウッド(合板)

キーワード解説 薄く切った単板(ベニヤ)を奇数層、繊維の方向が交差するように重ねて熱圧接着した合板のこと。無垢材に比べて反りや縮み、割れが少ないという特徴を持つ。英語表記はplywood。最近では主に「成型合板」のことを指すケースも多い。 【ベニヤ板との違い】 日本では、ベニヤ合板のことを俗にベニヤ板と呼ぶため意味を混...

おひつ

キーワード解説 飯櫃(いいびつ)のこと。炊き上がった粥や飯を入れるための円形あるいは楕円形の食器で、めしびつ、おはち、飯詰(めしづめ)などともいう。 おひつの歴史 昔からの生活道具として有名ですが、なんと平安時代末期に成立した古辞書「色葉字類抄(伊呂波字類抄)」に、すでに飯櫃の名が掲載されており、古代より椀(わん)によ...

グリルパン

キーワード解説 底面に波状の凹凸があり、強火の環境でも使える鉄鋳物のクッキングパンのこと。厨房などの直火が使いにくい場所でグリル(網焼き)をできるようにしたもの。 主な特徴 素材と形状に特徴があります。素材の鋳物は、優れた熱伝導と保温性を持っているため、料理にしっかり火を入れることができます。見た目がフライパンに似てい...

ウォールナット材

キーワード解説 ウォールナットはクルミ科クルミ属の落葉広葉樹で、日本では「クルミ」と呼ばれている。オイルやバターなどに加工され、食用としてもなじみがある。一方で木材としては衝撃に強く、また加工性や接着性に優れているという特徴があるため、高級家具材料や工芸材として用いられる。 ウォールナット材の主な特徴 ・硬く粘りのある...

スツール

キーワード解説 背もたれや肘掛けの無い一人掛けの椅子、または腰掛け。椅子のなかでも最も古い形式に属すと言われている。英語での表記はStool。 スツールの歴史 現存する最古の椅子は、エジプト考古学博物館に収蔵されている第4王朝のスネフェル王の妃が使っていた椅子だと言われています。これは肘掛けや背もたれのある椅子ですが、...

オイルステイン

キーワード解説 木材用の塗料のこと。木材に浸透するので木目を活かし質感を損なわずに着色できる。 歯につくお茶やタバコの汚れを「ステイン汚れ」と言うことがありますが、ステイン(stain)とは汚れ、シミを意味します。木材にしみこむことで着色するのでオイルステインと呼ばれています。木目をきれいに引き出し、ナチュラルで味わい...

ヘリンボーン

キーワード解説 Vの字を縦横に連続させた模様のこと。魚のニシンを開いたときの骨の形のようなことからヘリンボーン(herring-bone)と呼ばれる。ヘリングボーンということもある。 生地としてのヘリンボーン ヘリンボーンは秋冬のツイード生地の模様としてコートやジャケットに取り入れられています。ヘリンボーンの生地は斜文...

スレート(粘板岩)

キーワード解説 粘板岩は、泥岩や頁岩(けつがん)が、圧力により弱い広域変成作用を受けて、固く緻密になり、薄い板状に割れやすくなった泥質の岩石である。スレートとも呼ばれる。一般的に暗灰色から黒色をしており、屋根瓦(やねがわら)、石盤、硯(すずり)、敷石、石碑、食器などに利用される。 スレートの語源 英語でslateは、粘...

ランタン(lantern)

キーワード解説 手さげのランプ。ろうそくやLEDなどの灯りを納める透明な箱のこと。主に携帯用の照明具をさす。日本の「提灯(ちょうちん)」や「行灯(あんどん)」などもランタンの一種。 語源はランプと同じ ランタンは、ランプの一種で、手に提げるなど携帯できるものを指します。ランタンとランプは同一語源であり、古代ギリシア語で...

ポーチドエッグ

キーワード解説 沸騰した湯の中に、静かに生卵を割り入れ、加熱した料理。落とし卵。いろいろの料理に用いられる。英語での表記はpoached egg 基本的な作り方 1.卵はあらかじめ、他の器に割り入れておきます。 2.小さい浅めの鍋に7分目くらい水を入れ、大さじ1杯くらいの酢またはワインビネガーを加えて火にかけます。 3...

バタービーター

キーワード解説 洋菓子などを作る際に、バターをフライパンや鍋などの上で、つぶして滑らかにしたり、攪拌(かくはん)したりする際に使うことが出来る、ヘラ状の調理器具のこと。日本ではフライ返しの一種として用いられることが多い。英語ではbutter beaterと表記。(beaterは攪拌器を意味する)。 ターナーとの違い フ...

進物

キーワード解説 進物(しんもつ)とは、人に差し上げる品物。贈り物。主にお中元やお歳暮、慶事等、慣例の挨拶として人に贈る品の事を意味する。 「ご進物ですか?」と聞かれたら デパート等で商品を購入する際に、「ご進物用ですか?」と聞かれる事があります。これは「プレゼント用ですか?それともご自宅用ですか?」と同じ意味で、人に贈...

灯明

キーワード解説 灯明(とうみょう)とは、神仏に供える灯火のこと。「みあかし」とも呼ぶ。昔は皿の中に油を入れ、ひもをつけ、そこに火をつけていた。現在はろうそくが多く用いられ、燭台、灯台、灯籠などでともす。 仏教における蝋燭の意味 灯明は、燭台や輪灯、灯籠などを使用して供えられます。蝋燭の光は「知恵の光明」と呼ばれ、周りを...