2. お料理する

Category

大根おろし器比較【3】鬼おろしとおろし金!辛さの違いは水分と粒の細かさ

同じシリーズの記事はこちら  大根おろし器比較 7種類の大根おろし器を比較しています。 ①セラミック大根おろし器(パール金属株式会社) ②KITCHEN FILE おろし器(貝印株式会社) ③銅おろし金 ダンチュウ(和平フレイズ株式会社) ④スピーディおろし金(株式会社ミネックスメタル) ⑤アーチ型おろし器(株式会社マ...

大根おろし器比較【2】30秒で違いが分かる!時短できるおろし器の特徴は?

同じシリーズの記事はこちら  大根おろし器比較 大根おろしは手軽に作れるけど面倒? 大根おろしは、大根とおろし器があれば作れるし、とくにむずかしいことはありません。 でも、時間がかかって、ちょっと面倒という声があるのも現実で、これはお悩みのひとつ。 そのまま食べてもおいしいし、一品足りない時はお助けおかずになるくらいの...

大根おろし器比較【1】おろし金とおろし器の違いは?材質と刃の形を徹底比較!

同じシリーズの記事はこちら  大根おろし器比較 薬味の代表格といえば大根おろし。 よく焼き魚や天ぷらに添えられているのは、大根に含まれるジアスターゼという酵素が消化を助けてくれるから。 この酵素は加熱するとこわれやすいので、生で食べるからこそ効果があります。 大根おろしと一緒に食べるとよりおいしいというのはもちろん、脂...

包丁比較【4】パン切り包丁と三徳包丁で食パンを切る時の切りやすさと断面の違いとは?

同じシリーズの記事はこちら  包丁比較 朝食はパン!という方や、ホームベーカリーでパンを焼くという方も、最近は増えていますね。 パンを切るとき、パン切り包丁を使っていますか? パン切り包丁の刃はギザギザなので、ほかの多くの包丁とはちょっと違う特別な印象があります。 包丁には波刃と平刃がある パン切り包丁のギザギザの刃を...

包丁比較【3】三徳包丁と出刃包丁を比較!両刃と片刃の違いと使い分けは?

同じシリーズの記事はこちら  包丁比較 三徳包丁は、菜切り包丁や牛刀包丁のいいとこ取りの包丁。 とがった切っ先や、刃先のカーブ、まっすぐな刃元が使いやすさの理由でした。 (詳しくは包丁比較【1】へ) この3種類の包丁には、実は両刃という共通点があります。 包丁には両刃と片刃がある 両刃とは、左右両方に刃があるということ...

包丁比較【2】ステンレスとセラミックとチタンの切れ味は?材質別に違いをチェック

同じシリーズの記事はこちら  包丁比較 いまや、包丁は材質もさまざま。 今回は、材質の違う3種類の三徳包丁を集めました。 ①ステンレス三徳包丁(株式会社タフコ) ②セラミック包丁(株式会社フォーエバー) ③チタン包丁(株式会社フォーエバー) ※(カッコ)の中はメーカー名、以下省略。 家庭用の包丁なら、ステンレスが主流で...

包丁比較【1】三徳包丁の万能な理由とは?牛刀包丁と菜切り包丁との違いを比較

同じシリーズの記事はこちら  包丁比較 上の画像は三徳包丁。 肉、魚、野菜が切れることから「三徳」という名前がついていますが、万能包丁と呼ばれることも。家庭では、いちばんよく使われている包丁ですね。 日本人の食事に合わせて誕生した三徳包丁 こちらは菜切り包丁。 むかしの食事は野菜が中心だったので、包丁といえば、この菜切...

まな板材質比較【5】木の種類と同じく大切な構造!一枚板と合板

同じシリーズの記事はこちら  まな板材質比較 お手入れに手はかかるけど、刃当たりのいい木のまな板を使ってみたい! でも、木の種類もいろいろあるし、なにで選べばいいのか迷ってしまいますね。 やわらかくて軽さがダントツ!桐まな板 木の中でも、とくにやわらかい桐。(詳しくはまな板材質比較【2】へ) 桐のまな板は包丁に優しく、...

まな板材質比較【4】プラスチックと木!お手入れ方法で選ぶならどっち?

同じシリーズの記事はこちら  まな板材質比較 硬くて刃当たりがもうひとつだったこちらのまな板。(詳しくはまな板材質比較【3】へ) でも、お手入れが簡単なので、プラスチックのまな板を使っていますという方は多いのでは? 毎日使うものだから、お手入れが簡単というのはポイント高いですよね。 どうしてお手入れが簡単なの? プラス...

まな板材質比較【3】プラスチックの刃当たりはやっぱり悪い?硬さをチェック

同じシリーズの記事はこちら  まな板材質比較 7種類のまな板でねぎを切り、その後のまな板の様子を顕微鏡で観察しています。 (詳しい手順は、まな板材質比較【2】へ) まな板の硬さは、切れる切れないに関係する? 今回は、プラスチックのまな板について徹底調査! 集めたのは、こちらの3種類のまな板。 ①耐熱抗菌まな板(新輝合成...

まな板材質比較【2】木の種類によって違う包丁傷の付き方!その理由は?

同じシリーズの記事はこちら  まな板材質比較 あっー、ねぎがつながってる! 食べる時に気づいて、アレ? なんてことありませんか? トントントンとリズム良く切っていたら、実は切れていなかった… 切れ味の悪い包丁のせいかもしれませんが、まな板にも原因はあるのかも。 切れない原因はまな板の硬さ? ねぎがつながるって、包丁とま...

まな板材質比較【1】木からプラスチックへ!求め続ける理想のまな板は?

同じシリーズの記事はこちら  まな板材質比較 まな板は食材を切るときに欠かせない道具ですね。 上の画像は檜(ひのき)のまな板。 木肌が優しくて、なんともいえないぬくもりを感じます。 まな板にピッタリな木!檜の特徴とは? 檜は、脂をたくさん含んでいて水に強い木材。 耐久性に優れています。 実は、神社やお寺の建築に檜が使わ...

米とぎグッズ比較【4】お米を早く研ぎたい!時短は可能?米とぎの時間を計測

同じシリーズの記事はこちら  米とぎグッズ比較 こちらの米とぎグッズを調査中です。 ①米とぎシェーカー(スケーター株式会社) ②米とぎ侍(和平フレイズ株式会社) ③対流式米研ぎ器 速洗力(スケーター株式会社) ※(カッコ)の中はメーカー名、以下省略。 おいしいご飯はすばやくお米を研ぐことから ③対流式米研ぎ器 速洗力は...

米とぎグッズ比較【3】米とぎシェーカーは節水でエコ?少ない水でちゃんと研げる?

同じシリーズの記事はこちら  米とぎグッズ比較 手を濡らさずにお米を研ぐ米とぎグッズを調査中です。 こちらは、お米と水を容器に入れて、お米を研ぐという米とぎシェーカー。 スマートでオシャレですね。 当店バイヤーによると、手荒れの気になる方や、ネイルをしている方に人気なのだとか。 手が濡れないだけじゃない もうひとつのメ...

米とぎグッズ比較【2】米とぎ棒と手研ぎの違いは?とぎ汁のにごり具合を比較!

同じシリーズの記事はこちら  米とぎグッズ比較 手を濡らすことなくお米が研げる米とぎグッズ。 こちらは、かき混ぜるだけでお米が研げるという米とぎ棒です。 なるほど、棒が手の代わりにお米を研いでくれるというわけですね。 でも、かき混ぜるだけなんて、何だか、ずぼらな気がするし、ちゃんと研げるの? 使ったことがないと、ちょっ...

米とぎグッズ比較【1】手を濡らしたくない!お米研ぎの悩みを解決

同じシリーズの記事はこちら  米とぎグッズ比較 炊きたての白いご飯は、毎日の食事の主役ですね。 おいしいご飯をいただくための第一歩は、お米を研ぐこと。 お米を研ぐ理由は? そもそも、どうしてお米を研ぐのでしょう? 玄米を精米して白米にすると、お米の外側には糠や汚れがついています。 その糠や汚れを落とすために、水で研ぎま...