編集部kawamotoの記事一覧 ( 8 )

ふきん吸水力比較【1】昔ながらの蚊帳ふきん、そのルーツと特徴とは?

同じシリーズの記事はこちら  ふきん吸水力比較 キッチンでの家事にはかかせないふきん。 ふきんとひとことにいっても、食卓用の台ふきん、食器用、調理用など、用途がいくつかありますね。素材や、大きさ、織り方もさまざま。 ふきんといえば、昔ながらの蚊帳ふきん ふきんの定番中の定番といえば、やっぱりこれです、蚊帳ふきん! 愛用...

フライパンコーティング比較【5】どちらも見逃せない!熱伝導&熱効率

コーディングなしのフライパンを比較した前回の実験。 鉄とステンレでは調理の仕上がりにだいぶ差が出ました。今回はさらに詳しく、熱伝導性や熱効率についても実験しながら調査していきます。 前回の実験では、コーティングのない2つのフライパンで薄焼きたまごを焼きました。 ①ネオキャスチール(株式会社タマハシ) 鉄製 ②ビタクラフ...

フライパンコーティング比較【4】鉄vs.ステンレス!これだけは外せないポイント

今回の比較実験では、コーティングのないフライパンが登場! 「コーティングがないとお料理がくっつきやすそう」「焦げ付きやすいのでは?」…さて、本当のところは? どんなふうになるのか、実際に薄焼き卵を焼きながら比べていきたいと思います。 同じシリーズの記事はこちら  フライパンコーティング比較 どんな素材のフライパンがある...

フライパンコーティング比較【3】セラミックコートvs.フッ素樹脂加工の違いを徹底調査

今回はセラミックコートvs.フッ素樹脂加工!ということで、人気のフライパンを実際に使って比べます。 耐熱性や熱伝導による余熱時間の違いや安全性など、コーティングによる気になる違いを徹底的に比較実験&調査していきます。 同じシリーズの記事はこちら  フライパンコーティング比較 セラミックコートのセラミックって? セラミッ...

フライパンコーティング比較 【2】フッ素樹脂加工を詳しくチェック!

くっつきにくいと評判のコーティングフライパンの実力を試すべく、前回は、油なしで薄焼きたまごを焼く実験をしました。 結果は、すべてくっつかず! みんなくっつかなかったけど、コーティングはみんな違う… ということで、今回はフライパンのコーティングについて徹底調査! 同じシリーズの記事はこちら  フライパンコーティング比較 ...

フライパンコーティング比較【1】くっつかないフライパンを探せ!

焼く、揚げる、炒めるなど、毎日大活躍のフライパン。でも使っていて「思い通りにお料理できないなぁ」…ってことありませんか? 食材がくっついた! 無理にはがそうとして失敗した、焦げた!…など。 頻繁に使うものだから、調理ストレスのないくっつかないフライパンがほしい!ということで、今回はフライパンを徹底調査していきます。 同...

マイボトル保温力【5】タンブラーとマグボトルの選び方!保温力ベストはどれだ?

同じシリーズの記事はこちら  マイボトル保温力 いつでも気軽に、水分補給ができるマイボトル。 マイボトルがあると、なんだかホッと安心できますよね。 どうせならおいしく飲みたい!ということで、『マイボトル保温力』についてトコトン調査中。 今回は、小さくてオシャレな水筒『マグボトル』の登場! オシャレなマグボトル、本当に保...

マイボトル保温力【4】真空断熱タンブラーが保温力比較ランキング1位

同じシリーズの記事はこちら  マイボトル保温力 マイボトルの保温力を検証中です。 保温力には、素材や構造が大きく関わっていますねー。 タイプの違うたくさんのマイボトルを比べていて、色々、発見!の日々です。   フタ付きタンブラーの保温力ランキング   前回の記事では、蓋のついたタンブラー6点に98度...

マイボトル保温力【3】おしゃれなタンブラーの素材と構造を比較

同じシリーズの記事はこちら  マイボトル保温力 マイボトルの保温力をタイプ別に検証中。 私は、マグボトルに紅茶を持参して、オフィスに置いてあるマグカップで、コーヒーをいただくというパターン。 2つのアイテムを使い分けています!どちらも二重構造でフタ付き! 『保温力』は、やっぱり気になるところです。   蓋付き...

マイボトル保温力【2】ステンレスとプラスチックの二重構造タンブラーを比較

同じシリーズの記事はこちら  マイボトル保温力 オフィスや外出先で、ホッと一息。 マイボトル、マイカップで、お気に入りの飲み物がいただければ、さらにGOOD!という方も多いのでは? おいしくいただくための『保温力』について実験を進行中です。   蓋のない容器の保温力ランキング   前回の記事では、ふ...