kawamotoの記事一覧 ( 3 )

耐熱ガラス

キーワード解説 熱膨張率が小さく、急激な温度変化があっても割れにくいガラスのこと 耐熱ガラスは、ガラスにホウ素という物質を加えて、熱で膨張する割合を小さくしています。 一般的な普通のガラスコップに熱湯を入れると、熱湯が触れるコップの内側は膨張します。 しかし外側には熱がゆっくりと伝わるので、すぐには膨張しません。 この...

洗濯ネットの角型と丸型を比較!汚れ落ちがいい、型崩れがしにくいのはどっち?

同じシリーズの記事はこちら 洗濯ネット比較 こちらは寝具用の洗濯ネット。 なんとシングルサイズの掛け布団も洗えるそう。 巾着袋みたいに口が大きく開くので、かさばる寝具が出し入れしやすいんですね。 こちらはドーム型の洗濯ネット。 立体的なふんわりドームがデリケートなランジェリーを型崩れから守ります。 最近は、洗濯物に合わ...

洗濯ネットの網目の大きさ比較!細かいネットで衣類に糸くずがつく悩みを解決

同じシリーズの記事はこちら 洗濯ネット比較 洗濯中にタオルがねじれて巻き付いた! シャツの袖が絡まって取り出しにくい… 洗濯物の絡まりは、よくあるトラブル。 洗濯物の形はさまざまなので、洗濯機の中で複雑に絡まり合ってしまいます。 洗濯物の絡まりを防ぐ洗濯ネット 洗濯物の絡まりをなんとかしたい!ということから考えられたの...

タオルの干し方比較【3】パラソルハンガーと角ハンガー!取り込みが速いのはどっち?

同じシリーズの記事はこちら タオルの干し方比較 ①パラソルハンガーと②角ハンガーのタオルの干し方にまつわるアレコレを調査中。 ①パラソルハンガー(株式会社オーエ) ②角ハンガー(株式会社オーエ) ※(カッコ)の中はメーカー名、以下省略。 10枚ずつ干したタオルは、②角ハンガーの方が速く乾くという結果になりました。 (詳...

タオルの干し方比較【2】パラソルハンガーと角ハンガーの乾きやすさとたたみやすさを調査!

同じシリーズの記事はこちら タオルの干し方比較 パラソルハンガーと角ハンガーにタオルを10枚ずつ干しています。 ①パラソルハンガー(株式会社オーエ) ②角ハンガー(株式会社オーエ) ※(カッコ)の中はメーカー名、以下省略。 突然の雨!ハンガーごと取り込むときは? 洗濯物を干していて急に雨が降ってきた!ということあります...

タオルの干し方比較【1】パラソルハンガーと角ハンガー!干しやすいのは?省スペースなのはどっち?

同じシリーズの記事はこちら  タオルの干し方比較 洗濯物がパリッと乾いたら気持ちいいですよね! でも、毎日のお洗濯はなかなかの重労働ともいえる家事。 たくさん干したい、速く乾かしたいなど、悩みはつきないものです。 タオルの干し方どうしてる? 突然ですが、生活に欠かせないフェイスタオル、どうやって干していますか? 物干し...

スキレット

キーワード解説 鋳物の鉄でできたフライパン。厚さ約5mmと分厚くて重い。取っ手まで鉄なので、サイズよっては、そのままオーブンに入れることもできる。 スキレットは、溶解した鉄を型に流し込んで作られる鋳鉄フライパンです。 まんべんなくじっくりと火が通り、素材の旨味を引き出します。 表面に焼き目を付けて、中までじっくりと火を...

大根おろし器比較【3】鬼おろしとおろし金!辛さの違いは水分と粒の細かさ

同じシリーズの記事はこちら  大根おろし器比較 7種類の大根おろし器を比較しています。 ①セラミック大根おろし器(パール金属株式会社) ②KITCHEN FILE おろし器(貝印株式会社) ③銅おろし金 ダンチュウ(和平フレイズ株式会社) ④スピーディおろし金(株式会社ミネックスメタル) ⑤アーチ型おろし器(株式会社マ...

鬼おろし

キーワード解説 竹で作られた食材をおろすための道具。竹製のおろし器。 三角の鋭い刃が鬼の歯のように見えることから、その名がついたとされている。 竹は細く長く加工されると、よくしなって柔軟性に長けますが、面を使うと強固で丈夫になります。 そんな特徴をいかした鬼おろしは、江戸時代には、すでに農村部で使われていたそうです。 ...

大根おろし器比較【2】30秒で違いが分かる!時短できるおろし器の特徴は?

同じシリーズの記事はこちら  大根おろし器比較 大根おろしは手軽に作れるけど面倒? 大根おろしは、大根とおろし器があれば作れるし、とくにむずかしいことはありません。 でも、時間がかかって、ちょっと面倒という声があるのも現実で、これはお悩みのひとつ。 そのまま食べてもおいしいし、一品足りない時はお助けおかずになるくらいの...