ふきん吸水力比較【2】吸収力抜群の台ふきんは?実験スタート!

ふきん吸水力比較【2】吸収力抜群の台ふきんは?実験スタート!

同じシリーズの記事はこちら 
ふきん吸水力比較

「あっ、お茶をこぼした!」
こんな時は、あわてず対処したいですね。
お茶をこぼすふきんって、食器を拭いたり、お料理に使ったりもしますが、食卓を拭く台ふきんは欠かせないという方は多いのでは?
ということで、今回は、「台ふきんの吸収力」について徹底調査。

さまざまな素材のふきんが大集合

実験するのは、こちら7種類のふきん。
ふきん色々①ビストロ先生 綿ガーゼふきん(サンベルム株式会社)
②かや織りふきん(レック株式会社)
③白雪ふきん(垣谷繊維)
④落ちワタふきん(株式会社良品計画)
⑤激落ち マイクロファイバー(レック株式会社)
⑥不織布ふきん(レック株式会社)
⑦スポンジクロス アイビー(南海通商株式会社)

※(カッコ)の中はメーカー名、取り扱い先、以下省略。

かや織りの素材は?

①②③は、かや織りや平織りといった、目が粗くて薄い生地が、何枚か重なっています。(詳しくは、ふきん吸水力比較【1】へ)

素材を順番にみてみます。
かや織りとがーぜふきん①ビストロ先生 綿ガーゼふきんは、7枚重ねで綿100%。
ふきんは綿100%でなくちゃという方もおられるのでは?

②かや織りふきんは、8枚重ねのレーヨン100%。
レーヨンは、化学繊維ですが、木の繊維を取り出して糸にした再生繊維。素材は自然のものなんですね。

③白雪ふきんも、8枚重ね。素材は、綿15%、レーヨン85%の混紡。
素材それぞれのいいところが発揮されれば、最強のふきんになりそう。

落ちワタふきんの落ちワタって?

④の落ちワタふきんは、綿100%。
紡績工場から出た落ちワタを使って織られたふきん。
落ちワタふきん落ちワタとは、糸を紡ぐ工程で出る綿のクズで、本来なら捨てられてしまうもの。長さの短い綿のクズを、糸にするので太さがまばら。ところどころに、ネップといわれる糸の固まりが見えますね。
ネップざっくりと織られた、1枚ものの薄いふきん。さて、その吸収力は?

新素材ふきんラインナップ

⑤~⑦の3つは、最近気になる、新素材ふきん。

⑤激落ち マイクロファイバーは、ポリエステル85%、ナイロン15%の、THE!合成繊維。
激落ちマイクロファイバー合成繊維って、吸水力が良くないイメージ。
ふきんの素材としてどうなの?と思ってしまいます。

でも、このふきんの注目すべきは、指に引っかかるこの質感。
マイクロファイバーという繊維の構造が鍵のよう。
マイクロファイバー

次は、⑥不織布ふきん
フードコートや、サービスエリアなどでよく見かけます。
不織布ふきんレーヨン100%で、名前の通り、織らない布。ひっぱったら破れそうな、頼りない感じもします。
不織布アップ使い捨てふきんのイメージがありますが、その吸収力は気になるところ。

最後は、⑦スポンジクロス アイビー
北欧や、ドイツを始めとするヨーロッパでは主流のふきんです。
スポンジワイプ土に還るセルロースという自然素材が原料。環境にやさしいというところが、人気の理由のひとつ。

乾いているときはパリパリで、分厚い紙みたい…。
スポンジワイプさて、その実力は?

台ふきんの吸水力を調べる実験スタート

プラスチックダンボールで、こんな実験装置を手作り。名づけてお茶水路。
実験装置えっ!これを使ってどんな実験をするの?

早く知りたい方は動画をチェック ↓ ↓

Let’s Try !

1. お茶水路にお茶を入れます。
100mlのお茶を入れ、水路全体に行き渡らせます。
お茶を注ぐ
2. ふきんで拭きます。
右端から、ふきんで拭いていきます。流れ落ちるお茶はバットで受け取ります。
かや
3. お茶水路に残ったお茶を集めます。
ふきんで拭き取れなかったお茶は、スキージーで集めます。
お茶を集める
4. 集めたお茶の量を測ります。
拭く途中で流れ落ちたお茶と、拭き残ったお茶をすべて集めて、量を測ります。
お茶を集める
お茶の量が少ないほど、ふきんが吸い取っているということになります。
メスシリンダー
7種類のふきんは、面積が同じになるように折りたたみ準備完了。
たたんだ布巾
では、実験スタート!

まだまだ吸える!かや織りふきんには余裕あり

一番手は、①ビストロ先生 綿ガーゼふきん
ガーゼふきんで拭く
拭き残ったお茶を集めて測ってみると、結果は13mlでした。
吸水力実験結果
二番手は、②かや織りふきん
hukin-77
どんどんいきます。次は③白雪ふきん
白雪ふきんで拭く
結果は、②かや織りふきん13.5ml③白雪ふきん9mlでした。
③白雪ふきんすごいですね!

①~③のふきんに共通していたのは、拭いている時の安定感。
ふきんがボトボトにならなくて、まだまだ吸えるよ!という余裕。

薄手のふきんはやっぱり拭き残る

④落ちワタふきん44mlでした。
吸水力実験結果入れたお茶が100mlなので、半分近く残ってしまうという結果に。
ふきんも、もうギブアップ!というくらいボトボト…

新素材ふきんはまずまずの結果

⑤激落ち マイクロファイバー16ml
マイクロファイバーで拭く

⑥不織布ふきんは、25mlでした。
不織布で拭く

⑦スポンジクロス アイビーは乾いた状態では、硬くてとても拭きにくい。
スポンジワイプでも、結果は17ml
⑤激落ち マイクロファイバーと同じくらいなので、なかなかの大健闘!

吸水力抜群の台ふきんはかや織りふきん

実験は3回行いました。その平均値をグラフにしたものを見てみます。
拭き残ったお茶の量拭き残ったお茶の量が一番少なかったのは、③白雪ふきんでした。
次に、①ビストロ先生 綿ガーゼふきん②かや織りふきんが続いて僅差。

④落ちワタふきんや、⑥不織布ふきんのように、薄いふきんほど、拭き残るお茶の量が多くなりました。

実験では、拭く面積を揃えましたが…
厚みのある①~③のふきんが、よく吸収したのは、当然といえば当然。
hukin-78ということで、次回はふきん10gあたりの吸水量を比較。
素材そのものの実力に迫ります。お楽しみに ♪

今回の記事に登場したアイテム 
かや織りふきん 5枚入(レック株式会社)
ビストロ先生 綿ガーゼふきん 2枚入(サンベルム株式会社)
激落ち マイクロファイバー 10枚入(レック株式会社)
不織布ふきん 10枚入(レック株式会社)
スポンジクロス アイビー(南海通商株式会社)

同じシリーズの記事はこちら 
ふきん吸水力比較