ビールグッズの保冷力比較【3】ステンレスタンブラーなら、いつでもビールを冷たく!

ビールグッズの保冷力比較【3】ステンレスタンブラーなら、いつでもビールを冷たく!

同じシリーズの記事はこちら 
ビールグッズの保冷力比較

タンブラーを冷蔵庫で冷やすと、表面温度が13度以上低くなる

ビール用のタンブラーやグラスは冷蔵庫で冷やすとイイ!

と、よく耳にしますが、本当?

というわけで、赤外線を当てて、室内に置いておいたステンレスタンブラーの表面温度をはかってみました。

温度は、25.8度
室温は27.4度だったので、だいたい室温と同じ温度です。

食器棚にしまったタンブラーも、きっと同じように、お部屋の室温に近い温度になっているでしょうね。
タンブラーの表面温度このステンレスタンブラーを冷蔵庫に入れて……
冷蔵庫の中のタンブラー1ひと晩冷やした後で、同じように温度をはかってみます。

すると、表面の温度は12.6度まで冷えていました。
冷やす前とくらべると、差はなんと13.2度
かなり冷たくなりました♪
サーモスタンブラー内側

冷蔵庫で冷やしたタンブラーvs.食器棚に置いたタンブラー

ステンレスタンブラーだけでなく、ほかのアイテムも冷蔵庫を使って冷やして、再度実験!

冷蔵庫でひと晩冷やした状態で、8.3度の冷水を350mlずつ入れて、2時間後までの温度変化を調べました。
(詳しくは、ビールグッズの保冷力比較【2】へ)
冷蔵庫の中の様子
今回の実験に使うのは、こちらの3種類のアイテム。
実験3集合①真空断熱タンブラー(サーモス株式会社)  
②保冷缶ホルダー(サーモス株式会社)+アルミ缶
③DURALEX タンブラー(株式会社ケーアイ)

 ※(カッコ)の中はメーカー名、以下省略。

意外な実力派、保冷缶ホルダー!

水を入れた直後に水温をはかってみたところ、温度が一番低かったのは、②の保冷缶ホルダーでした。

実験前の水の温度は8.3度でしたが、すこし冷やされて6.8度に。

冷蔵庫で冷やさずにおこなった前回の実験と同じく、保冷缶ホルダーが一番!という結果になりました。

この実力は本物!
実験3保冷缶ホルダー①の真空断熱タンブラーの中の水の温度は8.5度
③のDURALEX タンブラーの中の水の温度は8.3度
保冷缶ホルダー以外は、ほとんど変わりませんでした。

ステンレス製なら、2時間後でも「冷蔵庫から出したときのまま」

2時間後までの温度変化をみてみましょう。
実験3結果グラフ2時間後、③のDURALEX タンブラーの中の水は、21.1度とかなりぬるくなりました。

①の真空断熱タンブラー②の保冷缶ホルダーは、2時間たっても温度にほとんど変わりナシ。

温度変化が一番小さかったのは、①の真空断熱タンブラーでした。
なんと、2時間たっても2.1度しかぬるくなりません。

実験後、水を捨てるときに手で触ってみましたが、ものすごく冷たい!
手の感覚だけだと、まさに「冷蔵庫から出したときのまま」♪

ガラス製タンブラーは冷蔵庫で冷やすと満足度アップ!

実験の結果を、冷蔵庫を使わないでおこなった前回の実験の結果とくらべてみました。
すると、温度差に意外な違いを発見。実験3結果表表の中の赤い数字は、冷蔵庫で冷やした場合と、そうでない場合の、水温の最大差です。

③のDURALEX タンブラーは、冷蔵庫で冷やすことによって、中に入れた水の温度が大きく下がりました。
これなら、大満足!
冷蔵庫で冷やす甲斐がありますね♪

ステンレス製のタンブラー保冷缶ホルダーは、ガラス製のグラスほどの変化がありませんでした。
「これだけの差?」と残念に思う結果に。

似ているようで違う「保冷」の仕組み

これ、実は、保冷の仕組みがすこし違うからなんです。

たとえば、③のDURALEX タンブラーは、保冷機能がついた容器ではないので、保冷する力はもともとありません。

ただ、冷蔵庫に入れると表面が冷えるので、表面が冷たいあいだだけ、中に入れた飲み物がぬるまっていくのをおさえます。
冷蔵庫の中のタンブラー2①の真空断熱タンブラー②の保冷缶ホルダーも、冷蔵庫で冷やすことで表面が冷えて、同じ効果が加わります。

でも、もともともっている保冷力は、「断熱二重構造」といって内側の構造に由来しています。

今回の実験の結果をみると、「断熱二重構造」そのものは、冷蔵庫で冷やしてもあまり影響を受けないようでした。

ちょっと大げさにいうと、もともともっている保冷力を利用するだけなら、冷蔵庫で冷やす必要がない!ということなんです。

食器棚に入れたままでも「ひと晩冷やしたグラス」と同じ満足度

冷蔵庫で冷やしても冷やさなくても、保冷力がほとんど変わらない、ということは……。

冷蔵庫で冷やしたグラスと同じ満足度が、いつでも味わえるということ??

そういえば、たしかに。

冷蔵庫で冷やさない状態でテストしたとき、①の真空断熱タンブラーに入れた水の温度は8.1度②の保冷缶ホルダーに入れた水の温度は7.1度でした。
実験の様子(缶ホルダー)冷蔵庫で冷やしたグラスでは、水の温度が8.5度だったので、どちらもその温度を下回っています。

冷やさなくても、冷やしたグラスと同じになるなんて、魔法みたいですね♪

氷を入れるならタンブラー型がオススメ

保冷力の高いステンレスタンブラー保冷缶ホルダーですが、ひとつ、大きな違いが!

それは、氷が入るか、入らないか。

焼酎やハイボールなど、氷を入れてこそ楽しめる飲み物には、タンブラー型やジョッキ型がオススメ!
氷を入れているところ「ステンレスタンブラーに氷を入れても、ほとんど溶けないらしい」という噂を聞いて、くらべルートでもテストしてみました。

すると、3時間たっても中の氷は溶けませんでした。
この保冷力はすごい!

「10分間のシアワセ」「1時間の満足」「手軽さ」どれを選ぶ?

さて、これまで3回に渡って、6種類のアイテムを使ってビールグッズの保冷力を調べてきました。

調査結果をまとめると、こうなりました♪
最終結果「冷たいビール」と一言でいっても、いろいろな冷たさがありますよね。

冷たいビールを飲むときに「これだけは譲れない!」と感じるものが、もしも初めの一口だったら、「10分間のシアワセ」。

できるだけ長く楽しみたいなら、「1時間の満足」。

「これだけは譲れない!」ポイントを満足させられるアイテムを使って、暑い夏を冷たいビールでたのしみましょう!

今回の記事に登場したアイテム 
エコロニー ビアグラス(株式会社 キントー)
真空断熱タンブラー(サーモス株式会社)
ステンレスタンブラー(和平フレイズ株式会社)
真空ジョッキ(パール金属株式会社)
保冷缶ホルダー(サーモス株式会社)
DURALEX タンブラーマリン(株式会社ケーアイ)
プラスチック製二重構造タンブラー(タケヤ化学工業株式会社)

同じシリーズの記事はこちら 
ビールグッズの保冷力比較