マイボトル保温力【3】おしゃれなタンブラーの素材と構造を比較

マイボトル保温力【3】おしゃれなタンブラーの素材と構造を比較

同じシリーズの記事はこちら 
マイボトル保温力

マイボトルの保温力をタイプ別に検証中。

私は、マグボトルに紅茶を持参して、オフィスに置いてあるマグカップで、コーヒーをいただくというパターン。
2つのアイテムを使い分けています!どちらも二重構造でフタ付き!
『保温力』は、やっぱり気になるところです。
 

蓋付きタンブラーの保温力は?

 
前回の実験では、フタのない容器という条件で二重構造タンブラーとマグカップの保温力を比較。(記事はマイボトル保温力【1】へ)

今回は、おしゃれなデザインで人気のフタ付き二重構造タンブラーの保温力をくらべルート!
実験のために大集合したのは、全6商品!
いろいろなタンブラー
①マジックロックマグ(giaretti) 540ml
②タンブラー(スターバックス)350m
③サーモマグ ヴィンテージウォッチ(ヤクセル)400ml
④タンブラー(halo+) 370ml
⑤真空断熱マグカップ(ASVEL)330ml
⑥ステンレス製タンブラー(和平フレイズ)+ カップカバー 400ml

※(カッコ)の中は、メーカー名、またはブランド名。
 
実験の様子を、早く知りたい方はこちら ↓ ↓

 
Let’s Try !  
 
1. ①~⑥の容器に98度の熱湯を注ぎます。

フタ付きマグ

2. 1時間後から7時間後まで、5回に渡って温度を測ります。
ステンレス製タンブラー

フタ付きなので、保温力も高いと予想。7時間後まで追っかけますよ~

1時間後、保温力の差は?

 
では、早速、温度を計測。

①マジックロックマグ(giaretti) 
底部分に吸盤がついていて、倒れない!プラスチック製タンブラーは、58.6度
tumblr-2

②タンブラー(スターバックス)
タンブラーといえばスタバのコレ!大人気のプラスチック製タンブラーは、56.0度
スタバタンブラー計測

③サーモマグ ヴィンテージウォッチ(ヤクセル)
レトロなディズニーがかわいい!外側がプラスチック製、内側がステンレス製のタンブラーは、62.3度
ヴィンテージウォッチ(ヤクセル)

④タンブラー(halo+)
きれいな色が人気!軽くて丈夫なプラスチック製タンブラーは、57.2度
プラスチック製フタ付きタンブラー計測

⑤真空断熱マグカップ(ASVEL)
コロンとした形がかわいいマグカップ。ステンレス製真空断熱マグカップは、72.6度
真空断熱マグカップ

⑥ステンレス製タンブラー(和平フレイズ)+ カップカバー
前回の、蓋なし容器の保温力実験で、ナンバー1だったステンレス製タンブラー。蓋代わりにカップカバー付けて、70.3度
断熱二重構造タンブラー
 

実験終了!
温度変化グラフを見てみよう

 
熱湯を入れて、1時間後から7時間後まで5回に渡っての計測が終了。
結果をグラフにしました。
蓋付きタンブラーの温度変化グラフ
グラフを見てみると、線がきれいに2つのグループに分かれています。

いちばん温度差があったのは、熱湯を入れてから、2時間後。
⑤真空断熱マグカップ(ASVEL)の60度と、②タンブラー(スターバックス)の39.9度で、差は、なんと20.1度でした。

分かれた2つのグループを、それぞれ「冷めにくかったグループ」と、「冷めやすかったグループ」と名づけて探っていきます!

冷めにくい!ステンレス製二重構造グループ

 
「冷めにくかったグループ」に仲間入りしたのは、以下の2点。

⑤真空断熱マグカップ(ASVEL)
真空断熱マグカップ
⑥ステンレス製タンブラー(和平フレイズ)+ カップカバー
断熱二重構造タンブラー
1時間後の温度は、両方とも70度台をキープ。
共通していることは、ステンレス製の断熱二重構造であること!
断熱二重構造が、保温力の条件であることは、マイボトル保温力【2】の記事でもお伝えしました。

特に、⑤真空断熱マグカップ(ASVEL)は、その名の通り真空断熱構造
中間の層が真空状態で、魔法瓶と同じつくり。
真空って、宇宙と同じで、水も空気も、何にもない状態なんだそう。
真空断熱構造断面図
何もないから、対流による放熱、伝導を防ぐ……
熱が逃げない、伝わらないんですね。

冷めやすい!プラスチック製二重構造グループ

 
「冷めやすかったグループ」に入ってしまったのは、プラスチック製のタンブラー4点でした。
プラスチック製タンブラー
しかしながら、4点の中でも、少しばかり高い温度をキープしていたのは、こちら。

③サーモマグ ヴィンテージウォッチ(ヤクセル)
サーモマグ 
外側がプラスチック内側がステンレスという、外側と内側で素材が違う二重構造
他のプラスチック製二重構造タンブラーと比べると、熱湯を入れてから、1時間後の温度が4~6度高いという結果が出ました。

タンブラーの素材だけで比べても、保温力には差があるので、気になる方は要チェック!

次回は、実験結果をわかりやすくランキングにしてご紹介します。

今回の記事に登場したアイテム 
サーモマグ ヴィンテージウォッチ(株式会社ヤクセル)
giaretti マジックロックマグ(アピデ株式会社)
halo+ タンブラー(株式会社シービージャパン)
ステンレス製タンブラー400ml(和平フレイズ株式会社)
マグカップカバー(山崎実業株式会社)
 
同じシリーズの記事はこちら 
マイボトル比較
マイボトル保温力