マイボトル比較【3】持ち運びにオススメなのは、タンブラーよりマグボトル♪

マイボトル比較【3】持ち運びにオススメなのは、タンブラーよりマグボトル♪

同じシリーズの記事はこちら 
マイボトル比較

コーヒーやお茶など、好みの飲み物がいつでも飲める、蓋付きタンブラーやマグボトル。でも……。

バッグの中で横になってしまった!
パソコンのそばで倒してしまった!

こういう「しまった!」という時に、マグボトルやタンブラー、マグは、どれくらい中身をこぼさずにいてくれるの?

というわけで、「20回思いっきりシェイク」の縦揺れ実験に続いて、次は、横に倒したときのこぼれにくさをテストします。

「20回思いっきりシェイクの実験ってナニ?」という方は、ぜひ動画をチェックしてみてください。
(さらに詳しい内容は前回の記事へ)
↓ ↓

横に寝かせると、タンブラーはすべて水モレ!

実験に使うのは、前回と同じ7アイテム。
実験の様子 マイボトル集合①タンブラー(スターバックス)
②サーモマグ ヴィンテージウォッチ(ヤクセル)
③ニコニコマグボトル(Ricke)
④パカッとマグボトル400ml(Ricke)
⑤マジックロックマグ(giaretti)
⑥タンブラー(halo+)
⑦真空断熱マグカップ(ASVEL)

 ※(カッコ)の中は、メーカー名、またはブランド名

さっそく、横に倒して1時間後の様子をチェックします……と、なる予定だったのです、が!
実験の様子(横置き)前回のシェイクテストで水がこぼれた2つのアイテムは、横に倒した時点で水がこぼれて止まらない!

②のサーモマグ ヴィンテージウォッチと…
ヴィンテージウォッチ(ヤクセル)実験の様子(サーモマグ)⑦の真空断熱マグカップ
が、1時間を待たずに、ここでリタイア。
真空断熱マグ(アスベル)実験の様子(真空断熱マグボトル)水がこぼれていたのは、どちらも飲み口。
20回のシェイクテストで水が漏れてしまったのと、まったく同じ部分です。
スルッと開けられて便利なんですが、「開けやすい=こぼれやすい」になってしまうのは、注意すべきポイント。
真空断熱マグ(アスベル)飲み口

スターバックスのタンブラーもアウト!

ほかのタンブラーは、横に倒してしばらくは中身がこぼれませんでした。
でも、1時間待ってみると……。

まずは、①スターバックスのタンブラー。
タンブラー(スタバ)飲み口の下に、小さな水たまりができました……。
実験の様子(スターバックス)次は、⑤giarettiのマジックロックマグ。
mag-apide1飲み口の下部分から水がこぼれています。
実験の様子(マジックロックマグ)さらに、⑥halo+のタンブラー。
タンブラー(halo+)ボトルとキャップのすきまから、じんわり水が漏れています。
実験の様子(halo+)水がこぼれていたのは、やっぱり飲み口。
そして、この3タイプに共通しているのもパッキンでした。

こちらは、①のスターバックスのタンブラー
飲み口のカバーに小さなパッキンがついています。
スターバックスタンブラー飲み口パッキンこちらは、⑤giarettiのマジックロックマグの飲み口。
こちらも、小さなパッキンがついています。
マジックロックマグのパッキン⑥halo+のタンブラーも、回して開けるスクリュータイプの飲み口の内側に、輪っか状のパッキンがついています。
タンブラーのパッキン(halo+)倒してもしばらく水がこぼれないのは、この小さなパッキンが水漏れをガードしているから。
でも、油断はNG!
バッグの中で倒れて時間が経ったら、内側がコーヒーまみれ!……なんてことも起きるかも。

マグボトルは安心感が違う

実験の結果、縦に振っても、横に倒しても中身がこぼれなかったのは、マグボトルだけでした。
③のニコニコマグボトルと、④のパカッとマグボトルの2つは、一切水漏れナシ。
縦に振っても、横に寝かせてもビクともしません!
ニコニコマグボトルパカッとマグボトル(Ricke)今回使ったタンブラーとの違いは、これもパッキン。
マグボトルのほうは、中身の水と接する部分すべてにパッキンがついています。
これが、かなり頑丈。しっかり水漏れをガード!
パカッとマグボトル(パッキン)

「こぼれる」or「こぼれない」はパッキンで変わる

というわけで、わかったことはコレ!

中身がこぼれやすいといわれるタンブラーでも、パッキンがあれば安心!
少し横になったくらいでは中身がこぼれません。
でも、油断は禁物!
バッグの中に入れて持ち歩くなら、マグボトルか、マグボトルと同じくらいパッキンがしっかりしたタンブラーを選んで!

こちらは、「こぼれないタンブラー」としてオススメのTHERMOS(サーモス)のケータイタンブラー。
バッグに入れても大丈夫!
JNM-480(サーモス)こちらが、その飲み口部分。
パッキンがマグボトルのものと似ていますね。
JNM-480スターバックスのタンブラーのパッキンと比べると、大きさや形の違いがよくわかります。
スターバックスタンブラー飲み口パッキン

今回の記事に登場したアイテム 
サーモマグ ヴィンテージウォッチ(株式会社ヤクセル)
Ricke ニコニコマグボトル300ml(和平フレイズ株式会社)
Ricke パカッとマグボトル400ml(和平フレイズ株式会社)
giaretti マジックロックマグ(アピデ株式会社)
halo+ タンブラー(株式会社シービージャパン)
THERMOS ケータイタンブラー(サーモス株式会社)

同じシリーズの記事はこちら 
マイボトル比較
マイボトル保温力