マイボトル保温力【1】タンブラーとマグカップの温度差比較!すぐに冷めるのは?

マイボトル保温力【1】タンブラーとマグカップの温度差比較!すぐに冷めるのは?

同じシリーズの記事はこちら 
マイボトル保温力

節約やエコの観点から、マイボトル、マイカップを持っている人が増えています。
マイボトル、マイカップと一口に言っても、たくさんのタイプやデザインがありますよね。
(※マイボトル、マイカップのタイプについてはこちらへ)
 

マイボトル保温力をタイプ別にチェック!

 
オフィスや外出先でも、おいしく飲み物をいただきたいもの。
飲みごろを逃さない! 
そんなあつ~い気持ちで、マイボトル、マイカップの保温力について、タイプ別にくらべルート!
 

蓋のないの容器の保温力は?

 
飲み物容器の定番!マグカップって、温かい飲み物を入れても、冷めてしまいます。でも、どれくらいの時間でどれくらいの温度になるの?
疑問解決のために、ピックアップされたのは、ふたのついていない容器4点。
実験の手順と一緒にご紹介します。

実験の様子はこちら ↓

 
Let’s Try !  
 
1. ①~④の容器に98度の熱湯を注ぎます。
 
①マグカップ(磁器製)280ml
マグカップに熱湯を注ぐ
 
②マグカップ(磁器製)+ カップカバー(マグキャップ)280ml
①と同じマグカップに、ほこりよけのカップカバーをのせます。
マグカップにカバーをする
 
③プラスチック製タンブラー (二重構造)350ml
透明できれいなタンブラー。保温効果に優れているといわれる二重構造です。
プラスチック製二重構造タンブラー
 
④ステンレス製タンブラー(二重構造)400ml
こちらも二重構造。冷たい飲み物を入れても結露しない!と大人気のタンブラー。
ステンレス製タンブラーに注ぐ
 
2. 1時間後から4時間後まで、4回に渡って温度を測ります。
マグカップ温度計測
いわゆる普通のマグカップと、二重構造のタンブラー
つくりの違いが、保温力の差となってあらわれるのか?楽しみです ♪
 

1時間後、保温力の差は?

 
ふたのない容器ですから、そんなに長い時間、置いておかないですよね。
朝いちばんに入れた飲み物。ひと仕事終え、1時間経過…といった感じ?

では、早速、温度を計測。

①マグカップ(磁器製)は、31.1度
cup-5
②マグカップ(磁器製)+ カップカバーは、35.3度
マグカップ温度計測
③プラスチック製タンブラーは、43.6度
プラスチック製タンブラー温度計測
④ステンレス製タンブラーは、48度
ステンレス製タンブラー
①、②のマグカップに入れた熱湯は、体温ぐらい、もしくは体温より低くなっていました。
③プラスチック製タンブラー、④ステンレス製タンブラーは、グッと下がったものの40度台をキープ。
体温より低いか、高いかというところは、ひとつの線引きになるような気がします。

マグカップは、すぐに冷めるので、1時間ぐらいを目安に、おいしくいただきたいですね ♪
 

実験終了!果たしてその結果は?

 
4時間、4回にわたっての計測が終了。
温度変化をグラフにしました。

二重構造タンブラーが保温力を発揮!

 
蓋なし容器の温度変化グラフ
マグカップより、タンブラーのほうが、高い温度をキープしています。
 
1番温度が低かったのは、①マグカップ
cup-5
1番温度が高かったのは、④ステンレス製タンブラーでした。
ステンレス二重構造
温度の差に注目してみます。
1番差の大きい1時間後では、④ステンレス製タンブラーのほうが、①マグカップより、16.9度も高い温度をキープ!
3時間後でも、11.2度の差!
タンブラー二重の構造が、保温力に優れているといえそうです。

ここで注意!タンブラーのほうが容量が多いです。
たくさんの熱湯を注ぐということは、温度を保つ理由のひとつと言えます。
そこをご了承いただいた上で、グラフを見てくださいね。
 

気になる微妙な温度の差

 
実験結果から、他にも気になることが、2点出てきました。

(1)同じ二重構造タンブラーでも、ステンレス製のほうが、プラスチック製より温度が高い!
(2)マグカップにカップカバーをしたほうが、何もしないマグカップより温度が高い!

次回のマイボトル保温力【2】では、この気になる点に迫ります!
ステンレスタンブラーとコーヒー
 
今回の記事に登場したアイテム 
THERMOS 真空断熱タンブラー400ml(サーモス株式会社)
マグカップカバー(山崎実業株式会社)
ステンレス製タンブラー400ml(和平フレイズ株式会社)
プラスチック製二重構造タンブラー350ml(タケヤ化学工業株式会社)
 
同じシリーズの記事はこちら 
マイボトル比較
マイボトル保温力