マイボトル比較【1】マグボトルとタンブラーの違いは?基本をチェック♪

マイボトル比較【1】マグボトルとタンブラーの違いは?基本をチェック♪

同じシリーズの記事はこちら 
マイボトル比較

突然ですが、マイボトルを持っていますか?

「えっ、マイボトルってなに??」という方にご説明しますね。

マイボトルというのは、オフィスや学校などの外出先で使う自分専用の飲料容器のこと。
マイバッグやマイ箸など、エコや省エネのための「マイ○○」と同じもので、水筒やタンブラー、ジョッキ、カップ、湯のみなどをまとめて「マイボトル」「マイカップ」といいます。

外出先で使えば、みーんな「マイボトル」「マイカップ」
マイボトル・マグカップ集合プラスチック袋が有料のお店が増えたので、マイバッグ=節約のイメージが定着しましたが、マイボトルやマイカップは、マイバッグのさらに上をいく節約アイテムなんです。

飲み物代って、スーパーの買い物袋の何倍も高いですからね。
計算してみると…
1本150円のペットボトル飲料を週5回購入して飲んだとすると、週に750円、ひと月で3300円、年間にすると約40000円の出費!

環境にもおサイフにも嬉しいマイボトル、使わないと損♪

マイボトル・マイカップの種類は?

オフィスの飲み物容器といえば、定番なのがマグカップ。自分好みのマグカップを職場に置いている方も多いのでは?
マグカップ(カバー付き)こちらは、マグボトル。
コンパクトな水筒です。
マグカップ感覚で飲める飲み口が特徴♪
マグボトル(リッケ)ニコニコマグボトル飲み口こちらは、タンブラー。
スターバックスのオリジナルタンブラーは、みんなが知る定番アイテム♪
タンブラー(スターバックス)ここで、素朴な疑問が浮かびます。

マグボトルとタンブラーってどう違うの?

うーん、たしかに、似てる……

写真で見ると、タンブラーが上に向かって広がっている感じがしますが、違いは、形?

それもありますが、それだけではないのです!

「高機能なカップ」と「気軽に飲める水筒」

もともとタンブラーは、上に向かって広がるデザインのグラスのこと。
下は、DURALEX(デュラレックス)の定番タンブラーです。
デュラレックスのピカルディ蓋付きや保温効果が高いタンブラーやマグカップはケータイマグサーモマグキャリーマグステンレスタンブラーなどと呼ばれて区別されることもありますが、どちらかといえばカップの仲間。
つまり、こぼれにくくて、保温力のある「カップ」なんです。

対して、マグボトルは水筒。
飲み口がマグカップっぽく進化して、直接口をつけて気軽に飲めますが、水漏れには強い。
つまり、マグボトルというのは、サッと飲めることを追求した「水筒」!

タンブラーの特徴は「口の広さ」

タンブラーの特徴の一つは、口の広さ。
口径が大きいので、マグカップと同じように飲み物をつくることができます。
タンブラーの使用イメージマグボトルは、口の広さ≦底面の場合がほとんど。
移動に便利なスリムタイプは、とくに口が狭いです。
ティーバッグで飲み物をつくるっていう感じではないかも。(できないことはないですよ!)
マグボトルの口
なので、結論はコレ!

マグボトルとタンブラーの最大の違いは、「水漏れのしにくさ」と「口の広さ」、そして「保温力」!

ライフスタイルで考えると、「入れる飲み物を外出先でつくるか、家でつくるか」なのです。

マイボトルはライフスタイルで選ぶ!

マグボトルとタンブラー、どちらを買おうか迷ったら、ぜひ「どんなふうに使うか」を想像してみてください♪

「飲みたい飲み物が自宅でしか用意できない」なら、マグボトルがオススメ!
ヘルシーなスムージーや、スペシャルなハーブティー、濃い目のカフェラテなど、お気に入りのドリンクを自宅でつくっていくなら、マグボトルじゃないとダメ。
タンブラーだと、中身が漏れてしまうことがあるので要注意!

外回りのお仕事をしている方や、毎日決まった休憩所を使えない方にもマグボトルが便利です。
カバンの中で横になってしまっても水漏れの心配がないので、安心して持ち歩けますよ♪
サーモスマグ「外出先で好きな飲み物をつくる」なら、タンブラーがオススメ。
オフィスで用意される飲み物がおいしい~とか、特別なドリンクもティーバッグや粉末で持ち歩くことができて、お湯さえ注げばつくれる、とか。

オフィスや学校にマイボトルを置いておけるスペースがあれば、そこまでもっていくのはティーバッグか粉末飲料のみなので、さらに身軽♪
タンブラー使用イメージマグボトルとタンブラーで、節約&エコライフを楽しみましょう♪

持ち運びの安心感は?

次回マイボトル比較【2】では、水漏れのしにくさをテストしてみます。

「タンブラーは水漏れに弱いっていうけど、ホントなの?」

というわけで、思いっきりシェイクしてみました。
衝撃に耐えられるマイボトルはどれ!?
お楽しみに♪
実験の様子

今回の記事に登場したアイテム 
マグカップカバー(山崎実業株式会社)
Ricke ニコニコマグボトル300ml(和平フレイズ株式会社)
Ricke パカッとマグボトル400ml(和平フレイズ株式会社)
サーモマグ ヴィンテージウォッチ(株式会社ヤクセル)
THERMOS 真空断熱ケータイマグ(サーモス株式会社)
DURALEX タンブラー(株式会社ケーアイ)

同じシリーズの記事はこちら 
マイボトル比較
マイボトル保温力