結露対策グッズ比較【3】窓に貼るだけ!結露吸収テープの効果は?

結露対策グッズ比較【3】窓に貼るだけ!結露吸収テープの効果は?

同じシリーズの記事はこちら 
結露対策グッズ比較

3つの結露対策グッズを比べる企画を進行中です。
結露対策グッズ集合
第3回目は、3. 強力結露吸収テープ
前回までの結露を拭き取るタイプとは違って、貼るだけで効果あり!?

こちら、私も使ったことがあります。
結露テープ

冬の時期、ホームセンターでは結露対策グッズコーナーが設けられていますよねー。
いろんなグッズの中で、貼るだけで結露を吸い取ってくれるというところに惹かれ、この3. 強力結露吸収テープをチョイス。

テープが結露水の吸収、蒸発を繰り返す?

幅は3センチ、テープの厚みは、4.5ミリ。
手芸用フェルトみたい。ふわふわ。
結露テープ吸水面このフェルトみたいなテープが、どれだけ結露水を吸い取ってくれるのでしょう?楽しみです!!

では、検証スタート!

当社内の窓に貼ってみました

結露企画では、すっかりおなじみの制作室の窓。

まずは、窓の幅に合わせてテープをカット。
窓のホコリや油分、水分をきれいに拭き取って、いざ、作業開始。

剥離紙を剥がし……
結露テープの粘着面

窓枠に沿って貼っていきます。
結露テープを貼る

最後は、もう一度おさえながら、全体をよく密着させます。
結露テープ貼り付け

テープのカラーがブロンズなので、サッシにうま~く馴染んでいます。
さりげなく結露対策できるかも。
テープのカラーは、シルバーなど、他のカラーも何色かあるので、窓枠の色に合わせて選べます。

こちらの商品は、長さ4m巻。
家中の窓に貼るなら、途中で「あっ、、テープが足りない」なんてことにならないように、大体の長さを想定してから購入したほうがよさそうです。

室内外の温度差が広がり…結露発生

この日は、雨模様で湿気も多い日でした。
当社制作室の窓はこのような状態。
窓の結露ガラスだけでなく、アルミの窓枠部分にも結露が発生。

流れ落ちる結露をしっかり吸い取ってくれてる~ ♪っと言いたかったのですが…

ガラス面に発生した結露は吸い取れたようですが、窓枠にも結露が発生。
床を結露から守るためには、窓枠にもテープを貼ったほうがいいですね。

結露吸水テープ+@

一方、我が家のキッチンの勝手口扉は、こんな状態……
ガラス面にも、窓枠にもテープを貼りました。
結露とハギレキッチンは特に結露がひどいです。
煮炊きして、水蒸気が上がりっぱなしだからでしょうね。
換気扇は回しているのですが…テープはぐっしょり。

結露水が溢れてフローリングまで侵入してくるので、こんなハギレをおいて、時々、絞ることにしました。

結露吸水テープのバリエーション

結露吸水テープは、バリエーションが豊富なんです。

結露水の量に合わせたり、インテリアの一部として窓をデコ

こちらは、結露水の量にあわせて、6センチ幅でも、切り取って3センチ幅でも使えます。
デコレーションテープ

こちらはオシャレな結露テープ。
デコレーションテープ2家に閉じこもりがちな寒い冬。窓をデコレーションしたら、気分も明るくなりますね ♫

ただ、当ショップバイヤーによると、検証で使用した、シンプルでお手頃価格の3. 強力結露吸収テープが売れ筋だそう。
貼ってしまえば、ワンシーズンそのままで。
何といっても、毎日のお手間がかからないのがいいですね。

3つの結露対策グッズを使ってみて

3つの結露対策グッズを使ってくらべる企画も今回でラスト。
結露対策グッズまとめ
私は、使ったことのなかった結露取りワイパー、回転スキージーにも愛情が。
家の中でも、場所によって使い分けてみようと思っています。
結露の発生が少しでも減るように、換気や除湿の心がけも忘れずに!っと言い聞かせて…

ホームセンターで、断熱、結露対策で紹介されていた、半透明プラスチック製のダンボール。
プラ段アップ窓に貼ると、ダンボールの層が熱を遮断し、結露発生を軽減してくれるそうです。

グッズ + ひと工夫で、楽しく結露対策していきたいですね。
皆さんのライフスタイルや、お好みに合わせて、選んでみてください!

今回の記事に登場したアイテム 
強力結露吸水テープ(株式会社ニトムズ)
結露取りワイパー(レック株式会社)
回転スキージー(レック株式会社)
結露吸水テープ2way(株式会社ニトムズ)
デコレーション 結露吸水テープ(株式会社アール)

同じシリーズの記事はこちら 
結露対策グッズ比較