結露対策グッズ比較【1】窓の結露取りには何回も使えるワイパーが便利!

結露対策グッズ比較【1】窓の結露取りには何回も使えるワイパーが便利!

同じシリーズの記事はこちら 
結露対策グッズ比較

結露は冬のやっかいものですね。

自宅窓際のフローリングには窓の結露が伝って黒カビ発生!

ホントに困った…

窓ガラスの結露は、簡単にいうと、室内の暖かい空気がつめたーい窓ガラスに冷やされて、空気中の水蒸気が水となったものです。
窓の結露だから、室内外の温度差が大きくなる冬はよく窓ガラスが曇るんですね。
きっと、多くの皆さんが悩まれているはず…

結露は、カビの原因にもなって、健康にも良くないといわれているんです。

お安く気軽に、そして楽しく結露対策したい!

結露の発生自体を食い止める方法もいろいろ紹介されています。
換気や除湿が、比較的簡単に実践できそうなことでしょうか。

二重サッシにするなど、窓の断熱性能を向上させるという方法もあるそうです。
でも、それは費用がかなりかかりますね。

とにかく、結露が発生したよー。
その結露発生後の対策グッズについて、今回はくらべルートします。

目指せ、快適冬生活 ♪

どんな結露対策グッズがあるの??

結露対策グッズ集合今回の結露対策シリーズでは、 1. 結露取りワイパー、2. 回転スキージー、3. 強力結露吸収テープを実際に使ってみてレポートしていきます。

これいいよ!とか、ここはちょっと…とか。
さあ、どうなるのか?

まずはこちら。
一番気になっていたこのグッズ!

結露水を拭き取ってボトルにためられる!

結露取りワイパーそれは、この 1. 結露取りワイパー

なんだか、いい働きをしてくれそうなフォルム。

結露取りワイパーの吸い込み口この穴を通って、ボトルへ水を集めていくのですね。

ワイパー部アップ青いワイパー部分がどんな働きを見せてくれるのか。
当社内の窓で使ってみました。

では、レッツトライ!
結露拭き取りスタートボトル部分は握りやすそう。
結露がワイパーにごっそり拭き取られていきます。

どんどん拭き取る水滴がワイパー部分をつたい、ボトルの中へ。
どんどんいきます~。

結露水が溜まったところこの日は、流れ落ちるほどの結露ではなかったものの、こんな感じにボトルに水が溜まりました。
ボトル部分が外せて、水をそのまま捨てられ、洗えるので便利 ♪

「こんなに取れるんだー」
何でしょう。このスッキリ感。

ちょっと、大げさですが、結露がボトルに溜まるということを実際に目にするので、達成感が得られるような気がします。

その後、たまたま100円ショップで見つけた結露取りワイパーに飛びついてしまった私。
早速、家で使ってみると、子供たちが興味津々で集まってきて…。

100均の結露取りワイパーは、すこ~しワイパー部分がかたかったですが、しっかり結露を取ってくれました。

お手伝いツールとしても一役買ってくれそうです。
なんだか楽しくなってきましたね。

くわしい使い方はこちらを ↓↓ ご覧ください。

ペットボトルも取り付けできる!

ペットボトル取付なんと、この結露取りワイパー、ペットボトルが取り付けられるんです。

たとえば、こーんなにひどい結露の時は…
自宅の結露1Lや1.5Lのペットボトルを付けちゃいましょうか?
(ペットボトルの種類によっては取り付けられない場合もあります。)

使用後、洗えるとはいうものの、何度も使っていると汚れも気になるし、ペットボトルが取り付けられるのはうれしいポイント。

一番気になっていた1. 結露取りワイパーは、毎回作業が必要ですが、想像以上にいい働きをしてくれました。

次回は、2. 回転スキージーが登場!
窓の結露【2】でお会いしましょう。

お楽しみに ♪

今回の記事に登場したアイテム 
強力結露吸水テープ(株式会社ニトムズ)
結露取りワイパー(レック株式会社)
回転スキージー(レック株式会社)

同じシリーズの記事はこちら 
結露対策グッズ比較