床用断熱シート比較【2】保温シートを床に敷いたら温かい?実験、スタート!

床用断熱シート比較【2】保温シートを床に敷いたら温かい?実験、スタート!

同じシリーズの記事はこちら 
床用断熱シート比較

冬になると大活躍する、銀色のアレ!
保温シート
ホットカーペットやこたつの下に敷いたり、布団の下に敷いたり、ペットの居場所に敷いたり…

敷くだけであったかなアルミ保温シート!

今回は、アルミ保温シートを比較しています。

「床に敷くだけでOK」ってホント?

3種類の保温シートと、気泡緩衝材、ダンボールを使って、あったか効果を検証します。
(詳しくは床用断熱シート比較【1】へ)

商品のパッケージに、気になる言葉がありました。

「敷くだけで保温力アップ」

ええー、ほんとですか?

早速、調べてみました。

床と保温シート、表面の温度差は?

実験当日、撮影室の中の室温は10.1度。
湿度は49%。
床が冷たーい!
撮影室の様子ですが、保温シートの効果を調べるにはちょうどいい冷たさ。
エアコンはもちろんつけませんよ!

実験の方法は?

まずは、実験方法をご紹介。

Let’s Try !  

1. 床に敷く
実験準備1同じ大きさにカットした保温シート、気泡緩衝材、ダンボールを床に敷きます。

2. 温度をチェック

温度を測るのは、こちら。
デジタルサーモメーターデジタル・サーモメーターといって、赤外線を当てて温度を測る温度計です。
デジタルサーモメーターではかっているところ width=

3. 温度差をチェック

床の表面の温度は測るタイミングによって変化したので、床の温度と、保温シートなどの表面温度の温度差を計算します。

例えば、こちら。
アルミホットンマットを使用した実験の様子アルミホットンマットの場合、床の温度が7.8℃の時、アルミホットンマットの表面の温度は8.4℃でした。
つまり、8.4-7.8=0.6で、温度差は0.6℃
床の冷たさを0.6℃やわらげている、ということになります。

実験の結果をまとめてみました。
こちら~
 ↓  ↓
床用保温シート実験結果11位は100円ショップの保温シートで、床との温度差は1.6℃!

……ですが。
温度差は最大でも1.6℃。

表面温度を測る限り、保温シート等を敷くだけでは床とほとんど変わらない冷たさ!

でも、触るとわかるんですが、保温シートの上はものすごく温かいんです。

床は触るのもためらうくらい冷たいのに、保温シートの上はホッとする温かさ。
実験の様子・保温シートこの温かさを比べたい!

保温シートの「保温」ってなに?

どうすれば比べられる??

そこで、保温シートについて調べてみました。

前回も紹介しましたが、保温シートは、アルミ断熱シート、銀マット、アルミシートなどなど、いろんな呼び方をされていて、どれもアルミ蒸着フィルムと発泡ポリエチレン層が組み合わさったものです。

アルミホットンマットの断面こちらは、アルミホットンマットのパッケージのイラスト。
アルミホットンマットのパッケージアルミ蒸着フィルムには熱を反射させる性質があって、発泡ポリエチレン層には熱が逃げるのをガードする性質があります。

つまり、保温シートを敷いて温かいと感じるのは、そこに乗っている人の体温や、ホットカーペットやこたつを使っているならその熱を、逃がさずにキープできるから。

なるほど!

保温シートの上に立つだけで温かいと感じるのは、足が触れている部分の自分の体温が跳ね返ってくるからですね!
保温シートの使用イメージ

保温シートの保温力を比較♪

なら、こたつやホットカーペットがあるのと同じ状況を作り出してみよう!

というわけで、次は、熱湯を使用!

「熱湯の熱をどれだけキープできるか?」を、3種類の保温シートとダンボール、気泡緩衝材で実験します。
実験サンプル集合続きは次回に!

今回の記事に登場したアイテム 
アルミホットンマット 8枚入(株式会社ワイズ)
アルミホットンシート 3畳用(株式会社ワイズ)
 
同じシリーズの記事はこちら 
床用断熱シート比較