シンクの曇りは心の曇り!水垢やガンコな汚れをスッキリ落とす【プレ掃除】

シンクの曇りは心の曇り!水垢やガンコな汚れをスッキリ落とす【プレ掃除】

忙しくてキッチンの整理ができていない時でも、シンクがピカピカに輝いているとそれだけで全体が締まって綺麗に見えます。シンクエリアはキッチン全体の美しさを決める大事なポイントです。

シンクというと水を使う場所なので汚れ=水垢と思いがちですが、実は他にも洗剤や食品の油等が原因の様々な汚れが生じていることも考えられます。

汚れの原因を知ってお掃除をすると、より効果的にお手入れすることができます。

シンクの汚れの「2大原因」とは?

1.【石けんカス】による汚れ

石けんや洗剤の成分と水道水に含まれるミネラル分が反応してできる汚れ(金属石鹸)や、石鹸成分と油分が反応してできるベタベタした汚れ(二次石鹸)等複雑な汚れです。特に無添加石けんを使用している場合は、この反応を抑える添加物(金属封鎖剤)が配合されていないので石鹸カスが出やすくなります。
これらの汚れには、酸性とアルカリ性の汚れが混合しています。

2.【水垢】による汚れ

シンク内に残留した水分中のミネラルが蓄積して固くなったものが、水垢です。水垢はアルカリ性の汚れなので、酸性のクエン酸が有効です。
実はこの水道水に含まれるミネラル含有量は地域によって様々です。
関東住まいの私は水垢に悩まされてきましたが、転勤でミネラル分が少ない地域に引っ越してきた時に、ほとんど水垢がつかず驚きました。

水栓・シンクの水垢
水栓やシンクについた水垢(写真提供:くらべルート編集部)

「シンク」のプレ掃除術


まず汚れの原因別に掃除をする前に、※プレ掃除として一度食器洗い用洗剤や石けんを泡立て、シンク内を一度ざっと洗い流し、大まかな汚れを落としておきます。
シンク内に石鹸成分や油分が残留している場合、汚れがさらに複雑になってしまうからです。

シンクの縁裏にも汚れが溜まっているので、古歯ブラシで擦り落とします。

 

※「プレ掃除」とは?
美味しいお料理のコツは、下味や下処理、また手順や段取りが大事です。 それと同じように掃除の世界でも、ほんの少し手を加えるだけで汚れを上手に落とすことができます。私はこの方法を「プレ掃除(掃除の下準備)」と称しています。

重曹ペーストで「石けんカス」を落とす

まず最初に石けんカス汚れを落としていきます。
石けんカスの汚れは複雑です。そのため重曹のアルカリの力とクレンザー効果の2つの力を利用して落としていきます。

手順1:熱めのお湯で石けんカスを緩める

固くなった石けんカスを緩めるためにシンク全体に熱めのお湯(50度前後)をかけて温めます。やけどしないようにお玉などを使うとよいです。

手順2:重曹ペーストを塗布する

重曹1:お湯1で溶かした温かい重曹ペーストを作り、気になる汚れの場所に湿布していきます(化粧品をパックするようなイメージです)。重曹のアルカリ成分が汚れに浸透します。

手順3:擦り洗いをする

10分ほど放置してからマイクロファイバークロスでやさしく擦り洗いします。

重曹は微粒子で柔らかいため傷がつきにくく、汚れに入り込みやすいのでクレンザーのように使用するととても効果的です。またクロスの方がスポンジよりもしっかりと密着して擦ることができるので重曹をより効果的に使うことができておすすめです。

仕上げはしっかり洗い流してフキンで拭き上げます。

注意点:傷を目立たせないために

擦る時はステンレスの目に沿って一定方向に擦ると傷が目立ちにくくなります。
ひどい汚れの場合は円を描くように擦るとより汚れが落ちやすくなりますが、円状に擦り痕が残ることがあるため新しいシンクや傷のつきやすい素材の場合は注意してください。

クエン酸液の湿布で「水垢汚れ」を落とす

重曹で洗ってもまだ白い汚れが残っている場合は水垢汚れが残っています。今度は固くなった水垢を、クエン酸の力で緩めてから落としていきます。

手順1:クエン酸液をつくる

大き目のボウルで50度くらいのお湯にクエン酸を溶かして液を作ります。
基本のレシピはお湯200mlクエン酸小さじ1です
クエン酸小さじ1でもこのように十分な酸性度を示します。

手順2:クエン酸液を塗布する

ボウルにキッチンペーパーを浸し気になる場所に湿布していきます。水栓にも水垢が付いている場合一緒に湿布しておきます。

15分~30分ほど放置して水垢を緩めます。お湯で作ったクエン酸液なのでより効果的です。

※酸は金属を変質させるため長時間放置はしないようにしてください。

手順3:磨く

ボウルに残ったクエン酸をつけながらマイクロファイバークロスを使ってステンレスの目に沿って磨いていきます。ゆるんだ水垢が落ちやすくなっています。

水栓部分も磨き、根本や接続部分も細いブラシで汚れを掻き出します。

手順4:仕上げ

全体をしっかり洗い流して、仕上げは乾いたタオルで拭き上げます。特に水栓は靴磨きのように乾いたクロスで磨けば磨くほど輝いてつやつやに光ります。

お掃除の注意点
*1 大理石素材や酸に弱い素材のシンクには、クエン酸は使用できません。
*2 新しいシンクの場合、どちらの方法も傷が目立ったり変質する恐れがあります。目立たない場所でテストしてから実施してください。

まとめ

汚れに応じたしっかりしたお掃除は定期的にするとして、汚れを再び蓄積しないために食器洗いの後にシンクもついでに洗う、寝る前に布巾で全体の水気を拭いておく等小さなメンテナンスも忘れないようにしましょう。

輝くシンクはやる気を持たせてくれて、自然と家事力のUPにつながります。

同じシリーズの記事はこちら 
「プレ掃除」シリーズ

The following two tabs change content below.
おそうじペコ

おそうじペコ

掃除研究家/ハウスキーピングコーディネーター2級/掃除能力検定士5級暮らしを楽しむお掃除エッセンス
ブログを中心にWEB連載や雑誌等で掃除の楽しさを発信しています。掃除が趣味!と言い切れるほどの掃除好き。お掃除は裏切りません、必要なのはやる気だけ。必ず綺麗な部屋という結果がついてきます。 みなさん一緒に掃除を楽しみましょう! 著書「暮らしを楽しむお掃除エッセンス」「魔法の1分掃除」「掃除やる気スイッチ」等