勉強部屋よりリビング学習がおすすめ?集中しやすい環境づくりのポイント

勉強部屋よりリビング学習がおすすめ?集中しやすい環境づくりのポイント

新学期もそろそろ半ばを過ぎ、新しい環境にも慣れ始めたころでしょう。
子どもさんがおられるご家庭では、勉強もしっかり頑張ってほしいな…と思っておられるかもしれませんが、子どもさんにとって集中して勉強しやすい環境づくりはできていますか?

「勉強勉強!」と言う前に、まずはしっかり環境を整えることから始めましょう!

学習場所に向いているのは?

私の経験で言うと仕事で伺った家やママ友の家で、”お子さんが『自室で一人で勉強している』ご家庭”は、ほぼありません。

子どもに個室を用意していても、ほとんどがリビングで宿題などをしており、東大生においても約半数がリビングで勉強をしていたというアンケート結果もあるくらいです。

年齢にもよるとは思いますが、最近では「リビングで勉強」というのが多数派のようですね。

リビング学習の3つのメリット

リビング学習には、下記のメリットがあると言われています。

  • 安心感
  • リラックス
  • 適度な影響

安心感

親側からすると自室で何をしているのかわからずイライラするよりも目の前でやってくれると安心だし、子どもは質問や手伝ってほしいことをすぐに伝えられたり『やってます』アピールも自然とできます。

リラックス感

適度な雑音があり慣れた場所ならではのリラックス感。特に年齢の低い子どもにとっては親のそばにいることが何よりのリラックスにつながります。

適度な影響

親の目があると『やらなくちゃ』と思ったり、おもちゃやゲームの誘惑にも勝てるかも?
兄弟が宿題をしていたり親が本を読んだり仕事を同じ机でしていたら『私もやろう』とやる気が出ます。
また、適度な雑音の中で集中しなくてはいけないため、集中力が身につきます。

デメリットを家族の協力で回避!

逆にデメリットとしてはみんなの癒しの場所が制限される可能性がある…ということです。
『学習タイム』を決めてダラダラとならないよう家族の協力が不可欠です。

リビング学習に学習机は必要?

リビングで勉強するとなると、学習机をどうしよう?と悩まれる方も多いはず。
けれど最近は学習机を買う人は減ってきているように感じますし、家の設計プランの中に、リビング学習というのが定着してきているように思います。

リビングに学習机を置くのは手狭なので、「自室で勉強したい!」と子どものリクエストがあってから用意してもいいのでは?

リビングで学習する場合の収納

私も3人の子どもがいますが、今思うと学習に関する持ち物はファイルボックスが数個あれば十分です。

教科書や辞書類、その他筆記用具などあれば問題はありません。筆記用具などは特に自宅用として用意しなくても学校で使う筆箱をそのまま使えばいいのです。

大きい収納を用意して要らないモノ(おもちゃやマンガなど)も一緒にしてしまうと環境が崩れてしまうので、あくまでも学習に必要なモノだけリビングの一角に収納します。

子ども部屋がすでにある場合は、基本は自室に置いて必要なモノだけをリビングへ持ち込む方法もあります。
子ども自身が持ち運びしやすいカゴや箱に必要なモノを入れて移動可能な収納にするといいですね。

自室で学習する場合の収納

絶対リビングがいい!というわけではなく、自室でできないから仕方なく…というパターンがほとんどです。
『うちの子は自分の部屋で勉強できるの!』というご家庭なら…机周りはスッキリと学習用品だけにして、それ以外のモノは別に収納を。

集中を妨げるものを見せない

人間の集中力は子どもで15分、大人でも平均40分程度と言われているため、集中が切れた時に遊びのモノにすぐ目が行ってしまわないようにする工夫、例えばおもちゃなら見えない箱に入れてしまう…なども必要です。

整理しやすいルール決め

そしていつも整えておけるようにモノを厳選して置くこと。
例えば学校から持ち帰ったプリントや作品など学校のモノだから…と何でも机周りに置かないように、プリントが溜まらない工夫やどのタイミングで整理するのかのルール決めも必要です。

学習がはかどる部屋づくり

色彩心理を利用しよう

インテリアの面から言うと、壁やカーテン・ラグなどは青や緑の寒色系を選ぶといいでしょう。
青は鎮静効果があるので落ち着いて集中でき、緑はリラックス効果があるので疲れた脳を癒すのにいいですね。

照明の種類にも気を配って

部屋の照明を電球色にするとリラックスしすぎるので、青い光が強い昼光色

さいごに

なんだかんだ言いながら「勉強してもらいたい!」と思うのが親心ですが、やる気スイッチは子ども自身にしか押せません。

だからせめて学習スペースを日々整えて、スイッチが入ったらすぐに取り組める環境を整えておくことが親にできる唯一のことなのかもしれません。

こちらも合わせて読みたい
ランドセルラックの活用例とリビング学習のメリット・デメリット
学校のプリントの整理収納術!クリアファイルに仕分けてプリントをためないコツ
子供の文具は収納ケースでスッキリ!片付け上手になる引き出し整理のコツ

今回の記事に登場したアイテム 
省スペースライティングデスク(ジェイケイ・プラン株式会社)

The following two tabs change content below.
柳澤知伽

柳澤知伽

moasa主宰/整理収納アドバイザー1級/インテリアコーディネーターmoasa
LESS IS MORE(より少ないことはより豊かなこと)をコンセプトに、モノの持ち方や向き合い方を見直して「シンプルだけどより豊かな暮らし方」へのシフトをご提案しています。 ついつい先送りにしてしまう…そんな方の背中を押して一歩を踏み出すきっかけになりたいと思っています。