スープジャーのケース比較【2】スープジャーケースの保温力!調理に失敗しないためのひと工夫!

スープジャーのケース比較【2】スープジャーケースの保温力!調理に失敗しないためのひと工夫!

同じシリーズの記事はこちら 
スープジャーのケース比較

スープジャー専用の保温ケース!

その実力は、きっとすごいに違いない!

と、冷蔵庫を使って実験してみました。

室内 vs. 冷蔵庫の中
外が寒い時、スープジャーの保温力は?

まずは、実験方法をご紹介。

Let’s Try !  

1. 予熱します
実験準備1用意したスープジャーは2つ。
100℃の熱湯で1分間予熱して、もう一度お湯を入れます。
前回の実験と同じく、お湯は250ml。

2. 冷蔵庫にイン!
実験 冷蔵庫の中1つにはスープジャー専用ポーチを使い、1つはそのまま冷蔵庫の中に置きました。

3. 温度を測ります
スープジャー実験 温度をはかる冷蔵庫の中の温度は13.9℃
3時間後、5時間後の温度を測りました。

別の日に、同じスープジャーを使って、室内に置いた状態でも測定します。
室内の温度は約24℃でした。

結果、外が寒くても効果は変わらず!

室内 vs. 冷蔵庫の中

実験の結果は、こちら!
 ↓ ↓
「室内」vs.「冷蔵庫の中」温度差は?結果発表結果は、「外が寒くても、暖かくても、スープジャーカバーの実力は変わらない!」でした。

考えてみれば、たしかにそうかも。。

それより驚いたのは、スープジャー本体の実力!

室内の温度は約24℃、冷蔵庫の中の温度は約13℃で、周りの温度差は11℃以上
それなのに、冷蔵庫の中にケースなしで置いたスープジャーも、5時間後まで55℃以上をキープ!
スープジャー実験実験後、お湯を捨てる時に触ってみましたが、「熱っ!」と思わず手を引っ込める感じ。

この温度のスープを寒い時期のお弁当と一緒に飲めたら、体があったまりますね♪
スープジャーランタス使用イメージ

マイナス6.5℃の差はケースで埋める!

外の寒さによって、スープジャーの中の温度は変わってしまいました。

ケースなしの場合、室内と冷蔵庫の中、それぞれに置いたスープジャーの中の温度差は最大で6.5℃

ケースがあることでプラスできる温度は、今回の実験では最大3.8℃でした。

と、いうことは?

6.5-3.8=2.7で、6.5℃の差を2.7℃に縮めることができました。

プラス3.8℃。

予想よりは小さな差でしたが、きっと、この差がとても大事なんですね。

とくに、スープジャーでおかゆやパスタを作る方は、この約4℃の差が成功と失敗のボーダーラインになるかも?
toneランチ シチュー保温機能で選ぶもよし、デザインで選ぶもよし。
タオルを巻いて使うだけでも、少しなら保温効果は期待できます。

「スープジャー調理の失敗が増えた!」
「もう少し温かくしたい!」

などなど。
スープジャーでお困りの方は、ぜひお試しを!

今回の記事に登場したアイテム 
tone コネクトジャー350ml(株式会社トーン)
THERMOS フードコンテナーポーチ(サーモス株式会社)
THERMOS 真空断熱フードコンテナー 270ml(サーモス株式会社)
THERMOS 真空断熱フードコンテナー 380ml(サーモス株式会社)
LUNTUS スープジャー スプーン付き(アスベル株式会社)

同じシリーズの記事はこちら 
スープジャーのケース比較