家事時短! 料理をラクにするキッチン収納4つのポイントとは?

家事時短! 料理をラクにするキッチン収納4つのポイントとは?

朝食作りに始まり、一日に何度も立つキッチン。
なるべくなら手早く料理をしたいですよね。
食事作りがスムーズになるポイントとしては、下記の4つがあります。

  • 使う場所の近くに置く
  • 一軍と二軍以下に分ける
  • セットで使うモノはまとめて収納
  • しまう収納がベスト

それでは、時短キッチン収納のポイントを一つずつ詳しくご紹介していきましょう。

使う場所の近くに置く

例えば、フライパンやざる・ボウルはどこに収納していますか?
フライパンはコンロの下、ざる・ボウルはシンクの下に置くと取り出しやすくてすぐ使う事ができます。
「使う場所の近くに道具を置く」これは収納の基本です。

写真で見るキッチンの収納例

使う場所からアイテムが遠いと、無駄なアクションが増えてしまいます。
なるべく、使う場所の近くに収納するようにしましょう。

コンロ下にフライパンや鍋
シンク下にざるとボウル
レンジ近くにラップやレンジ用のフタ

一軍と二軍以下に分ける

キッチンツールを、全て一ヶ所に収納していませんか?
一ヶ所に入れてしまうと、例えばおたまを取り出す時に、他のモノがひっかかってイライラする原因に。

毎回使う道具を「一軍」、それ以外を「二軍」にして収納場所をわけると格段に使いやすくなります。

キッチンツールの収納事例

我が家では、「一軍」のキッチンツールは作業台すぐ下の引き出しに収納しています。
トレーを入れて2段にし、「一軍」の中でも、特によく使うスプーンやフォークは上段に、たまに使うキッチングッズは下段に入れています。

「一軍」はなるべく少なくし、便利な場所に収納することで、ぐっと取り出しやすくなります。
使う機会の少ない「二軍」のキッチンツールは、コンロの横などにまとめて入れています。

使わないものは処分し、収納スペースを確保

キッチンツール以外に限らず、キッチンに不要なモノが無いかを確認してみましょう。
例えば、赤ちゃんの頃の食器や便利グッズなどで使わないモノがあれば、処分するとスペースができます。

一言アドバイス
同じ種類だから一緒に収納するのではなく、使う頻度に合わせて置き場所を分けてみましょう。

セットで使うモノはまとめて収納

塩はあっちの引き出し、醤油はこっちの引き出し、スプーンはまた別の場所・・・なんてことになっていませんか?
一緒に使うものの収納場所が離れていると、面倒だし時間がかかります。

調味料と計量アイテムは一緒の場所に

例えば我が家では、調味料や計量カップ、スプーンなど、一緒に使うものは同じ場所に収納しています。
量る時は、この引き出しを開けるだけ。
調理するときは、作業台の下にあるこの引き出しを開けっ放しにして、計量カップにスプーンで次々に調味料を出しては量って戻しています。
これなら作業が早いだけでなく、量りながら出し入れするので調理後に戻す手間もありません。

フライパンや鍋と油

油をフライパンと同じ引き出しに入れれば、一緒に出してすぐに調理を始めることができます。

一言アドバイス
一緒に使うモノはまとめると、アクション数を減らせて時短になります。

「しまう収納」がベスト

先ほどご紹介したように「キッチンツール」や「調味料」は全て引き出しにしまっています。
出しておくと油や汚れが付きやすくなるためです。
出しっぱなしにするタイプの調味料ラックも以前は使っていましたが、汚れたときの掃除が必要です。


しまう収納は掃除がとてもラクです。壁をサーッと拭くだけで終わります。
また、キッチンを広く使えます。すっきりしてキレイを保てるので、良いことづくめですね。

毎回食卓で使うものは?

家族の箸はカトラリーケースに入れ、このまま食卓に出しています。よく使うスプーンも一緒に入れています。
一つ一つ取って食卓に並べるのは面倒ですよね。

食器棚にしまうときも、子供の届く高さに置けば、お手伝いもしてもらえるのでラクです。

【番外編】収納以外の時短アイデア

時短料理のコツ

炒めながら切ったり、調味料を測りながら入れていくのは一見時短に思えますが、食材に火が通りすぎたり焦げたりすることがあります。
私が料理教室で習った「早く美味しく作るコツ」は、2つ。

  • 事前に食材を切ること
  • 調味料を混ぜておくこと

調味料はレシピ通りにきちんと量ることで、安定した味つけになります。

定番レシピは印刷する

私はよく作る定番レシピを印刷しておき、調理スペースの正面に吊るして料理をしています。
スマホを見ながらだと画面が汚れるし、リビングにあるパソコンだと分量など覚えられず往復してしまうからです。

作ってみて、美味しかったレシピは印刷してレシピ集として取っておきます。
ホームパーティーや手土産なども、自分が上手に作れた料理の中から選ぶので、失敗がありません。

おわりに

使う頻度が少ないものは、キッチン以外に収納してしまえば、新たなスペースを確保できます。我が家ではホットプレートはたまにしか使わないので、キッチンではなく物置に収納しています。

収納を見直すことで、アクション数が減ったり取り出しやすくなります。キッチンが片付いていると、時短になるだけでなく料理をするモチベーションも上がります。

ご家庭の家族構成やキッチンのつくりによって異なる部分もあるかと思いますが、参考になるポイントがあれば、是非取り入れてみてくださいね。

The following two tabs change content below.
まい

まい

整理収納アドバイザー1級/整理収納教育士/クリンネスト2級まいcleanlife
都内の築15年小さな一戸建てに住む、整理収納アドバイザー主婦。もともと片付けと掃除が苦手で、開かずの間が3LDK中2部屋あったのですが、資格取得を機に、家中を片付けました。片付けが苦手な人の気持ちに立って、わかりやすいコラムを書くように心がけています。