毒餌剤だけじゃ無理? 春からやっておきたいG対策と遭遇・繁殖を防ぐポイント

毒餌剤だけじゃ無理? 春からやっておきたいG対策と遭遇・繁殖を防ぐポイント

春から夏にかけて活動が活発になるゴキブリ。苦手な方も多いと思います。私も今の住居で遭遇してきました。ひとけのない所、埃がある隙間が大好きで、産み付けた卵が孵化して春から活発に活動し始めます。活動が活発になる前の今の時期が、対策するベストタイミングだと言えます。

どんなに気をつけていても、ちょっとした隙間から入ってくることもあるので完全に排除する事はできませんが、1匹でも少なくしたいですよね。ただ毒餌剤を設置するだけでは、対策としては不十分です。まずはゴキブリの居心地の良い家になっていないか確認してみましょう。

対策1「侵入口をふさぐ」

外部から入ってくる可能性のある穴を塞ぎます。
玄関にある植木鉢の下にひそんで、玄関を開けたちょっとした瞬間にも侵入する瞬間を目撃したことがあるので、扉を開けっ放しにしないように気を付けています。

侵入されやすい場所

出入り口以外にも、色々と気をつけたい場所があります。見落としがちなのは、排水口のホースと床の間の隙間です。ここは侵入口となるのでガムテープやビニールテープでふさぎましょう。
排水口はキッチンと洗面所など、家の全ての排水口の隙間をチェックすることをお勧めします。
G対策排水口を防ぐ
また通風口やエアコンのホースの付け根にすき間がないかチェックしておくと良いです。ホースの先をストッキングなどで覆うのも手です。

G対策の掃除

対策2「ホコリを取り除く」

万が一、ゴキブリが侵入してしまった場合でも、せめて家の中で増やすことのないよう心がけたいですよね。特に食品の多い、キッチンの壁と床の隙間が大好きで、そこにホコリがあれば卵を産み付けてしまいます。そうならないように、ホコリを取り除くようにしています。
G対策の掃除

住処になりやすい場所をチェック

冷蔵庫裏

G対策冷蔵庫裏は年中暖かく、ひとけもないので大好きな場所です。年に1度はコロコロと手前に引き出して住処となっていないかチェックします。壁のホコリを落とし、冷蔵庫裏のホコリも取り除きます。

食器棚や大きな家具裏

G対策のチェックポイント
レンジ台、食器棚、テレビ台の裏などの後ろも同じように大好きです。動かせる家具は毎年動かして掃除。動かせない家具は隙間の奥まで埃を取り除きます。意外とクモなど小さな虫も出てくるので驚きます。ゴキブリの死骸もあるので、なるべく家具は動かすようにしています。

対策3「毒餌剤を設置する」

なるべく多くの数の毒餌剤を一度に設置しましょう。外にも設置すると侵入されにくくなります。

どこに置く? 毒餌の設置場所

我が家の場合、12個入りの毒餌のうち半数をキッチンに設置します。シンク下、冷蔵庫裏、各戸棚一つずつ設置しました。
残りは洗面所2個、子供部屋1個、洗面所に近い部屋2個、リビング1個設置しました。
コンバット置き場所
今まで目撃した場所には、再び出る傾向があるので、そこの部屋には必ず設置するようにしています。

回収時に設置場所を忘れないための工夫

設置数が多いと、設置場所を忘れてしまい回収し忘れることがあったので、工夫をしています。防止策として毒餌剤に番号を書いて、次の番号の設置場所を記入すると忘れないですよ。
コンバットなどの管理アイデア

くん煙タイプと毒餌剤タイプの効果の違いは?

以前、一気に家じゅうのゴキブリを退治したいと思い、くん煙タイプの物も試してみました。

くん煙タイプを使用する際は準備が必要

くん煙タイプのG対策
家電や布団に薬がかからないように、カバーをかけます。また火災報知器にカバーをかけて、各部屋に一つずつ薬を設置して、薬が効くのを外出するなどして家の外で待ちます。
G対策効果
帰宅後、家の中の小さな虫や小さなゴキブリが1匹死んでいたので、効果はあるようでした。
ただ、1ヵ月後に赤ちゃんゴキブリを見て、がっくりしました。調べてみると卵には効かないので卵が孵化する1ヵ月後に再び2度目の薬を噴射する必要があったのです。

気をつけたいポイント

くん煙タイプの物を使う時は2回行い、毒餌剤も併用することが必要だなと実感しました。
くん煙タイプも、設置型の毒餌剤も、死骸が必ず出るため、掃除しながら死骸の回収することも忘れないようにしましょうね。

おわりに

G対策まとめ
私は、ゴキブリを目撃するとその日はショックで家事がはかどらなくなるほど苦手です。
そうならないためにも、あきらめずに「家じゅうのホコリ取りをコツコツ行うこと」と、「毒餌剤の設置」が、増やさないコツです。
今のうちから対策を行い、1匹でも遭遇しないよう心がけましょう。

The following two tabs change content below.
よしママ

よしママ

お掃除大好き主婦/節約家事のスペシャリストブログ「節約ママのこだわり掃除」
元小学校家庭科教諭。子どものハウスダストアレルギーをきっかけにおそうじにはまり、ブログ「節約ママのこだわり掃除」をスタート。時短家事や節約を楽しみながら日々研究中です。 著書「家族が笑顔になる おそうじの魔法」日本文芸社