保温弁当箱とスープジャーの保温力比較【4】予熱で満足度はどう変わる?

保温弁当箱とスープジャーの保温力比較【4】予熱で満足度はどう変わる?

同じシリーズの記事はこちら 
保温弁当箱とスープジャーの保温力比較

保温弁当箱保温力を、6通りの組み合わせでタイプ別に検証中です。
実験に使用した保温弁当箱

100度の熱湯で1分間予熱をして、100度のお湯を入れて水温をはかり、3時間後の段階で温度が高い順に順位をつけました。
(詳しくは保温弁当箱とスープジャーの保温力比較【3】

もしも予熱をしなかったら?

ところで、ozawaはとても面倒くさがりです。

保温弁当箱やスープジャーはこれまで自分でも使っていたのですが、お恥ずかしいことに、予熱をしたのは今回の実験が初めて。

ちなみに、ozawaの保温弁当箱はこのタイプ。
3つの容器付きで、容量は合わせて510mlです。
使用した保温弁当箱

「メーカーが予熱をオススメしてるんだから、普通は予熱するものじゃないの?」
と、当店の保温弁当箱の担当バイヤーに呆れられたのですが、かたくなに拒否していました。

「だって、お弁当箱にごはんを入れる前に一度熱湯を入れて、1分待って、お湯を捨てて、水気を拭き取って、そこにごはんを入れるなんて、面倒ですよ!」

「でも、予熱したら、実際にお昼に食べる時の料理の温度がかなり違うよ?」

「少しくらい冷えたって、パッとごはんを入れたほうがラクじゃないですか!」

いやはや。面倒くさがりですね。お恥ずかしい(笑

でも、これで1つの疑問が浮かんだわけです。

果たして予熱は、意味があるのか?

予熱するか、しないかで、いったいどれだけ差が出るのか?

レッツ・くらべルート!

予熱はするべき? or 面倒くさい?

使ったのは、保温力ランキングのトップ2だったスープジャー(保温ポーチ付き)と、ランチジャー
スープジャー+保温ポーチランチジャーまずは、実験の準備から。

Let’s Try !  

1. 予熱はメーカー推奨どおり!

今回は、メーカーが推奨するとおりのやり方でお湯を使いました。

魔法瓶型の保温ケースにも、ごはん入れにも熱湯を入れて、しっかり温めます。
ランチジャーの予熱予熱しないほうは、一切予熱なし!

2. 100度の熱湯を注ぎます
ランチジャーの実験1前回と同じく、今回も使ったお湯はそれぞれ一律で250ml。

3. 温度を測ります
スープジャーの実験1予熱をせずに使った場合、予熱をした場合と比べてどれだけ違う結果がでるのか?

実験スタート!

結果、予熱はしたほうがいい!

さっそくですが、結果をグラフで表してみます。
 ↓  ↓
「予熱の有無で保温力はどう変わるか」グラフやはりといいますか、予熱をしたほうが保温力が高いです。

魔法瓶にお湯を入れて捨てた後は、触るのをためらうくらい表面がアツアツでした。
ランチジャー魔法瓶内側当然といえば、当然の結果。

でも、温度差は約4~6℃で、僅差のような気もするんですよ。

実際のごはんだったらどうなるのか??

気になったので、ozawaのお弁当で調べてみました。
トコトンやりますよ!

保温弁当箱の予熱はごはんを美味しくする!

まずは、予熱をしたお弁当。
お弁当箱にごはんを詰めたのは朝7時。
食べたのは12時過ぎなので、炊飯ジャーからお弁当箱に移して5時間後です。

ごはんの温度は39.9℃
食べてみても、温かいと感じました。
ozawaのお弁当1冷たくなると硬くなりがちなごはんも、柔らかいまま♪
おかずもほんのり温かかったです。

レンジなしでも温かいお弁当が食べられるのは、おかずが大好物ばかりよりも嬉しいかも!
人気の秘密がわかる気がします。

そして、翌日。
今度は予熱をせずにお弁当を詰めました。

詰めてから5時間後のごはんの温度は…36.9℃
ほぼ体温ですね。
ozawaのお弁当2ごはんはほんのり温かかったし、ちゃんと柔らかかったですが、「予熱をしたほうが温かかったなー」と、昨日のことを思って少し遠い目に。

3℃の違いは意外に大きい!

予熱なしでもちゃんと満足できますが、予熱するとなお良し!

今回の記事に登場したアイテム 
THERMOS ステンレスランチジャー(サーモス株式会社)
THERMOS フードコンテナーポーチ(サーモス株式会社)
THERMOS 真空断熱フードコンテナー 270ml(サーモス株式会社)

同じシリーズの記事はこちら 
保温弁当箱とスープジャーの保温力比較