プレイスマット(place mat)

キーワード解説
小型の食卓マット。主に食器の下に敷くのに用いられる。布製のほか、薄い樹脂製やプラスチック製、木製のものなどもある。「プレースマット」と表記されることもあり、他の呼び方としては「テーブルマット」(ヨーロッパ)、「ランチョンマット」(和製英語)などがある。

プレイスマットとは?
イギリスや北欧の家庭では、テーブル素材の美しさを見せるため、「テーブルマット」(プレイスマット)が好んで使われています。テーブルクロスがテーブル全体を覆うものであるのに対し、プレイスマットは、食卓を囲む各自の分として個別に敷いて用いられます。木製や薄い樹脂製などの場合は、食事を運ぶためのトレイとしての機能もあって便利です。
他にも、プレイスマットを使うことで、下記のようなメリットがあります。


<主なメリット>
・食器を直接テーブルに置く際に音がするのを和らげます。
・テーブル表面の傷、汚れなどを防ぎ、コーティングが剥がれないように守ってくれます。
・テーブルコーディネートを楽しんだり、食卓をオシャレに華やかにしてくれます。

お子様のいるご家庭にもおすすめ
小さなお子さまの場合、食事の際に食べこぼしが気になるかと思いますが、木製などのトレイタイプや、汚れに強い洗える素材のマットを使えば、食事の後片付けも楽になります。
パンくずなどテーブルの上に直接落とされると片づけが大変ですが、プレイスマットなら、シンクやゴミ箱の上で軽く払うだけでスッキリ。
最近は幼稚園や小学校でも使われることが多く、入園・入学グッズとして必要というところもあるようですね。意外と簡単に作れたりもしますので、お気に入りの布地や余った布地があれば、何種類か作っておいて気分や季節で変えてみるのもおすすめですよ。

プレイスマット

今回の記事に登場したアイテム
プレイスマット 木製(株式会社キントー)

The following two tabs change content below.
くらべルート編集部

くらべルート編集部

くらべルートでは、専門家によるアドバイスや、スタッフによる実験など、暮らしの中で生まれる素朴な疑問を、解決する情報がいっぱい♪ 是非、他の記事もチェックしてみてくださいね。
くらべルート編集部

最新記事 by くらべルート編集部 (全て見る)