インテリア雑貨を素敵にディスプレイするコツと季節小物の収納アイデア

インテリア雑貨を素敵にディスプレイするコツと季節小物の収納アイデア

お気に入りのインテリア小物や雑貨のディスプレイを楽しみたいけれど、『なんとなくうまくできない…』『難しいな…』と感じたことはありませんか?
日本には四季があり、年間を通して様々なイベントもあるので、楽しみながら暮らしの一部に取り入れられるといいですね。

簡単なディスプレイの方法を覚えて、好きなモノに囲まれた暮らしをしてみませんか?

まずはディスプレイするスペースを作ろう

おうちの中に好きなモノを常に眺められる場所があれば、気分が上がったり癒されますよね~。
さらに季節ごとやイベントごとに簡単に雰囲気を変えられると、もっと楽しいものになります。
そのために家の中で一か所でよいので、ディスプレイ専用のスペースを作ってみることをおすすめします。

玄関など広めのスペースがあれば、テーブルがおすすめ

お客様が家に来たときにまず最初に目に入る場所なので、スペースがあれば是非お気に入りのインテリア小物でお出迎えしたいですね。

このようなコンソールやサイドテーブルを持て余しているなら、ぜひディスプレイ台として活用を!

ちょっとした空きスペースを上手に活用

本棚やカラーボックス、チェストの一角など、ちょっとしたスペースを利用するのもアリです。
そのまま棚に小物類を置いてしまうのは味気ないので、プレートや使わなくなった食器でもいいですし、ランチョンマットなど雰囲気にあったモノを敷いてその上にディスプレイするとグッと存在感が増します。

大きなスペースの確保が無理な場合は、壁の空きスペースを利用して、このようなラックを取り付けてもいいですね。

初心者さんでも簡単! 飾るときの3つのテクニック

①テーマを決める

まずはディスプレイするスペース上のテーマを決めると、雑貨やインテリア小物が選びやすくなります。

テーマの例

  • 1月 迎春(和のイメージ)
  • 4月 ピンク(桜のイメージ)
  • 8月 ガラス(海のイメージ)
  • 10月 ハロウィ―ン
  • 12月 クリスマス

それぞれの季節のイベント・和洋・イメージ色・素材など、何かのテーマに沿って自分の好きな小物を集めます。
最近は100円ショップなどでも、季節を感じさせる可愛い雑貨が手に入りますよね。

もしくは、フォトフレームにイメージ画像を入れたり、手持ちの花瓶、香水、アクセサリーなどもいい引き立て役となるので、まずは家にあるモノで始めてみてもいいでしょう。

②三角構成を意識する

お気に入りが揃ったら、それらを三角形に沿ってディスプレイするとバランスよくまとまって失敗しません!
頂点には存在感があるモノや背の高いモノを置き、その手前に残りの2点を飾ります。

なのでディスプレイ用品を選ぶ際には、「お気に入りを3つ」「高さ違いで集める」と、うまくいくということですね。

壁のラック型の場合は横並びになるので三角が応用できませんが、頂点に置くモノを真ん中に持ってくるとバランスよく飾ることができます。

③色のバランスを考える

インテリアのディスプレイで意外と難しいのが、色のバランス。
初心者さんの場合は、ディスプレイする小物の色を同系色やグラデーションにすると素敵にまとまります。

インテリア用品や雑貨の収納は丁寧に!

年間を通して楽しむ場合、いろんな形や大きさのモノがかなりの数、集まることになります。
そうなると困ったことになるのが収納。
ほとんどの場合、段ボール箱に入るように重ねて詰め込んでいる…そんな収納の仕方が多いように感じます。

けれどインテリア用品は繊細で壊れやすいモノが多く、お気に入りのモノでもあるはずなのでできるだけ丁寧に収納するよう心がけましょう。

空箱を使って、きちんと収納

インテリア用品のように一年に一度しか出番がないような使用頻度の低いモノは”ふた付きの箱”がベスト。
例えばいつか使えるかも…と残してあるブランドの空箱を使ってみてはどうですか?

壊れやすいモノは古新聞などで簡単にクッションを作って、なるべく箱いっぱいに詰めるといいでしょう。

100均で手に入るおすすめの収納ケース

適当な箱がなければ、100円ショップのふた付きのケースもしまいやすくおすすめです。
色や大きさも3~4種類あるので、ぴったりのモノを選べます。

テーマごとやアイテムごとにわかりやすく箱を重ねることができるので、とても収納がしやすいです。

収納場所は、普段はあまり物を出し入れしないような、押入れやクローゼットの天袋などにしまっておくといいでしょう。

お気に入りの小物で季節を楽しもう

特に今からいろんなモノを集めなくても、意外と家に眠っている小物たちが活躍してくれる場合が多いものです。
例えば海外土産に頂いたけれど使う予定がなくしまっておいたモノなども、インテリアとして飾ってみると案外素敵なモノに見えてきたり…。

暮らしの中のほんの一部分ですが、インテリアがあるのと無いのとでは、気持ちの余裕も変わってくるのではないかと思います。
季節やイベントをインテリアとともに楽しみながら心豊かにこの一年を過ごしてみませんか?

The following two tabs change content below.
柳澤知伽

柳澤知伽

moasa主宰/整理収納アドバイザー1級/インテリアコーディネーターmoasa
LESS IS MORE(より少ないことはより豊かなこと)をコンセプトに、モノの持ち方や向き合い方を見直して「シンプルだけどより豊かな暮らし方」へのシフトをご提案しています。 ついつい先送りにしてしまう…そんな方の背中を押して一歩を踏み出すきっかけになりたいと思っています。