台ふきんよりカウンタークロスがおすすめ!汚れたら使い捨てができて便利

台ふきんよりカウンタークロスがおすすめ!汚れたら使い捨てができて便利

調理中の油汚れや水気、食卓の汚れや食べこぼし等キッチン用のクロスは、毎食使用するので油汚れもつきやすく、乾く暇もないほどフル稼働です。つい放置している間に汚れたクロスになってしまってなんだか臭う?!なんてこともあるのでは。
そのため漂白剤で除菌したり洗剤で洗って干したり・・意外とこまめなお手入れが必要です。そこでおススメなのが面倒なお手入れがいらない「カウンタークロス」です。

カウンタークロスとは


レーヨン素材で作られた不織布クロスのことです。布のように繊維を織らず、レーヨン素材のシートを重ねて結合して作られたものです。布目がないので触ると平坦で、糸のほつれなどもありません。
一般的によく見るものはフードコートやファストフード店などでテーブル拭きとして設置してあるタイプです。100円ショップや300円ショップ等のキッチンコーナー等でも売っているので気軽に購入することができます。
「使い捨てクロス」というイメージですが、キッチンペーパーのように一度使ったら捨てるのではなく洗えば傷むまで何度も使用することが可能です。

おすすめはプロ仕様の専用クロス

私のおススメは、プロ仕様のカウンタークロスです。手にとるとわかりますが、パリっとしていてしっかりとした作りで耐久性があります。サイズも大きいので半分に切ったり好きなサイズにアレンジして使用することができます。カラフルなものから、グレーやホワイトなど一般的にあまり見ないカラー展開もあるのでキッチンのイメージに合わせて揃えるのも楽しいです。
プロ仕様というと業務用サイズ(100枚入り等)イメージがありますが、この頃ではネット通販等でお手軽な60枚入りやロールタイプのものも購入することができます。

カウンタークロスのおススメポイント

「耐久性」がある

使い捨てクロスのイメージが強いですが、プロ仕様のものであれば1週間は洗って繰り返し使用できます。画像左のクロスは新品、右は1週間使用後のものですが破れや破損もなくまだまだ使用できそうです。お手入れは手洗いでも良いですし、数枚をまとめて洗濯機で洗えばメンテナンスも楽です。

「吸水性」がいい

おろしたてはパリっとしてやや撥水しているので使いにくく感じますが、お湯で軽く洗ってから使用開始することでやわらかくなってしっかり吸水するようになります。水気が残りやすい調理台なども、さっと拭きとれば綺麗に水気がなくなります。

「速乾性」が抜群

実はこれが一番使えると思うところです。軽く絞るだけで水気がよく切れ、布巾かけにひっかけておけばすぐに乾いてしまうほど速乾性に優れています。
布巾やクロスの臭いの原因は雑菌です。雑菌の温床になりやすい濡れたままの状態になることがないため菌の繁殖の抑制になります。
夏場等はいつもサラっとしているので濡れたフキンの嫌な臭いが発生しません。

「汚れを落としやすい」

調理台の調味料や、ガスコンロについた油汚れなどもサッと拭き取ることができます。
表面が凸凹せずフラットなのでスポンジ等よりも指先の力を直接込めてこすることができるのでこびりついた汚れも落としやすいです。

使用済みカウンタークロスをリサイクル利用

なんとなく毛羽立ってべったりとした感触になり吸水性がなくなってきたなと思ったら交換のサインです。
そのまま捨ててしまうのではなく、今度は「お掃除用ウエス」として最後のお仕事をしてもらいましょう。お掃除用ウエスの良い点は、「後は捨てるだけ」なので、ボロボロになるまでとことんお掃除できる点です。キッチンからトイレ掃除までしっかり使用したら、真っ黒になったクロスに感謝して破棄します。

「トイレ掃除」

トイレ内の拭き掃除は衛生面でも使い捨てのものがおすすめです。一般的な水で流せるトイレ掃除用のシートは、水に溶けやすい素材のために強くこするとモロモロと破れやすく、壁や床等力を入れて拭きたい場所も上手に拭けません。
カウンタークロスなら、広い面でもしっかり拭き掃除をすることができます。

「玄関フロア掃除」

玄関フロアはほうきでゴミを掃くだけでは取り切れない細かい砂塵などがあります。定期的に拭き掃除をすると綺麗になります。濡らしたカウンタークロスで拭いて、もう一枚乾いたクロスで乾拭きをするとフロアがピカピカになります。

「靴拭き」

レーヨン素材は化学繊維なので乾燥させると表面がつるつるになり、革靴などの靴磨きに最適です。細かく切って玄関に置いておけば、帰宅後の靴磨きや泥拭き等に使えるので、毎日の簡単シューケアになります。

「モップにつけて天井掃除」

お風呂場の天井や壁などに塩素系漂白剤を湿布する際、モップに装着して使用します。お掃除用シートやキッチンペーパーよりも強度があり破れないため力を込められるのでしっかり薬剤を湿布したり拭き掃除をすることができます。

「使い捨てクロス」と思うと無駄使いのように感じますが、

①洗って数回使用できること
②お掃除用クロスとして再利用できること
③クロスのメンテナンスにかかる時間と洗剤と水の量の節約

の3つを考えると無駄ではないと感じます。
また、夏場や湿気の多い季節の雑菌対策になることを考えると衛生面でもおすすめです。まずは雑貨店などで手軽な数量のものを買って試してみてくださいね!

The following two tabs change content below.
おそうじペコ

おそうじペコ

掃除研究家/ハウスキーピングコーディネーター2級/掃除能力検定士5級暮らしを楽しむお掃除エッセンス
ブログを中心にWEB連載や雑誌等で掃除の楽しさを発信しています。掃除が趣味!と言い切れるほどの掃除好き。お掃除は裏切りません、必要なのはやる気だけ。必ず綺麗な部屋という結果がついてきます。 みなさん一緒に掃除を楽しみましょう! 著書「暮らしを楽しむお掃除エッセンス」「魔法の1分掃除」「掃除やる気スイッチ」等