保温弁当箱とスープジャーの保温力比較【1】熱湯を注いで、実験スタート!

保温弁当箱とスープジャーの保温力比較【1】熱湯を注いで、実験スタート!

保温弁当箱の効果って、ほんとのところどうなの??

というわけで、実験企画がスタート!

さっそく実験開始です♪
これまでの記事は保温弁当箱とスープジャーの選び方【3】をご覧下さい。
soup

保温弁当箱の実力をチェック!

まずは、実験の準備から。

Let’s Try !  

1. 100度の熱湯を注ぎます
実験準備1実験準備2
今回用意したお弁当箱のサイズに合わせて、お湯は250ml。

2. 予熱後、お湯を捨てます

予熱を推奨している商品に合わせて、すべてのお弁当箱を予熱しました。

熱湯を注いでから1分後、お弁当箱の中のお湯を捨てていたのですが、事件発生!

「ozawaさん、容器が熱いです!」
なあにい~~?

中に熱湯を入れたせいで、魔法瓶タイプ以外のお弁当箱や計量カップが、外側までアツアツに!

というわけで、モデルさんは手袋を着用。
安全第一です!
実験準備3
ちなみに、魔法瓶タイプは、中に熱湯を入れても外側はまったく熱くなりませんでした。

こういうところにも違いがあるんですね!

3. 温度を測ります
実験準備5

実験スタート!

すべての弁当箱に熱湯を入れて、準備が整いました。
実験アイテム集合実験に使った熱湯は100度。
電気ポットで沸騰させたばかりのお湯を使いました。

弁当箱の保温力が低ければ、この100度のお湯がどんどんぬるくなっていくはず。
弁当箱の保温力が高ければ、温度が下がりにくいはず!


どの弁当箱のお湯に、どれだけ変化があるのか!?

今回も時間を追って計測していきます。

それでは、実験スタート!

保温弁当箱の保温力はいかに?

実験をはじめてから1時間後。
さっそく温度を測っていきます。

今回のエントリーナンバー1は、ランチジャー

「お父さんの大きな弁当箱」とはもう言わせない!

昔ながらの保温力も、デザインも進化しています。
ランチジャー単体測ってみると、水温は75.4度。
ランチジャー実験どんどんいきます!

次は、ランチジャー以外の保温弁当箱代表のTHERMOS(サーモス)のお弁当箱。
保温弁当箱単体魔法瓶型のごはん入れは、なんと分離OK。
保温弁当箱実験1保温弁当箱実験2内側の容器だけなら電子レンジで温めOKなので、外側の魔法瓶ケースに入れる前にアツアツに温めておけば、炊飯ジャーからごはんを直接入れるよりも保温効果はアップ!

便利さ抜群の保温弁当箱です♪
保温弁当箱実験3温度は57.5度でした。

保温機能のないお弁当箱、
スープジャーの結果は?

3番手は、こちら。
保温機能のないお弁当箱です。
保温機能のない弁当箱いわゆる普通のお弁当箱ですが、このタイプの良さは価格と軽さ!
保温弁当箱に比べると格段に安く、軽いです。
デザインが豊富なのも魅力ですね。

このお弁当箱ですが、強力な助っ人付きです。
それが、こちら!
お弁当箱の友、ランチバッグです。
ランチバッグお弁当を持ち運ぶのに便利なランチバッグですが、中には、保温機能が付いているものがあります。

このランチバッグの場合、内側の布がアルミ加工されています。
ランチバッグ内側このアルミ加工が、外の寒さをブロックして、なおかつ、お弁当の温かさをバッグの内側にキープ!
お弁当箱をランチバッグに入れて、1時間後。
保温機能のない弁当箱実験1温度を測ってみると、水温は55度でした。
保温機能のない弁当箱実験2ちなみに、翌日、ランチバッグを使わないで同じ実験をしました。

保温機能のないお弁当箱に250mlの熱湯を入れたところ、1時間後の水温は45.2度でした。

ということは、つまり?
ランチバッグがあると、10度近くも高い温度をキープしていた、ということ!
ランチバッグ、なかなかやりおるな。

最後は、スープジャー
スープジャー汁物もお任せ!の頼もしい保温弁当箱です。

スープジャーも、専用ポーチを用意♪
スープジャー用ポーチ持ち歩くのに便利なだけでなく、こちらも保温機能付きです。
スープジャー用ポーチ内側ポーチに入れて1時間後。
スープジャー実験さて、温度は……?
79.2度!
これまでで一番高い温度をキープしていました。
スープジャー実験2もう1個のスープジャーは保温バッグなしで実験します。

保温バッグなしの場合、温度は76度でした。
スープジャー実験3

保温力ランキング、結果は?

こんな感じに、1時間後から24時間後まで、5回に渡って計測しました。

次回は、24時間後までの実験結果を発表します。
お楽しみに!
 
今回の記事に登場したアイテム 
THERMOS ステンレスランチジャー(サーモス株式会社)
THERMOS 保温弁当箱(サーモス株式会社)
カフェカップランチボックス(スケーター株式会社)
THERMOS フードコンテナーポーチ(サーモス株式会社)
THERMOS 真空断熱フードコンテナー 270ml(サーモス株式会社)
THERMOS 真空断熱フードコンテナー 380ml(サーモス株式会社)

同じシリーズの記事はこちら 
保温弁当箱とスープジャーの保温力比較

The following two tabs change content below.
編集部ozawa

編集部ozawa

お弁当グッズならなんでも揃うお店「カラフルボックス」のスタッフが、お弁当や水筒などお弁当関連グッズを中心に、生活雑貨全般を実際に使いながら、みんなの悩みを解決♪ 違いの分かりにくいアイテムの場合は、本格的な比較実験も行っています。是非、他の記事もチェックしてみてくださいね。