ブラインド(blind)

キーワード解説
窓や出入り口などに取り付ける調光・目隠しなどのための建具、おおいのこと。ブラインドにはいくつか種類があるが、もっとも一般的なのは羽板でできた「ベネチアンブラインド」。また、日本においては簾などもブラインドの一種と言える。

「ブラインド」の種類
【ベネチアンブラインド(Venetian blind)、ベネシャンブラインドとも】
金属やプラスチックの薄くて横に細長い板を、板の幅より少し狭いくらいの間隔で重ねるように、何枚も紐でつなぎ、上から吊るして用いるもの。板の角度を変えて明るさを調節できます。また使わないときは上に巻き上げることが出来るものも多いです。


【バーチカルブラインド】
一枚布の幕を上から吊るし、巻き上げたり下ろしたりして用いるもの。ロールブラインドなどもその一種で、室内の間仕切りなどにも用いられます。


【簾(すだれ)】
細かく割った竹や葦(ヨシ)などを並べて糸で編んだもので、日除けや目隠しなどの目的で使われるものの総称。最近では樹脂製のものも増えています。


【障子、明り障子】
格子(細い角材や竹などをたてよこにすき間をあけて組んだもの)の枠の片面だけに白い紙などを張り、明かりを取り入れやすくしたもの。一般的に言う障子のことです。


【鎧戸(よろいど)戸】
何枚もの細長い部材をすだれのように連接した戸にすることで枠体に巻き込んだり片寄せしてこれを収納できるようにした建具のことです。一般的にはシャッター(window shutter)という呼び名で知られています。

カーテンとブラインドの違い
カーテンに比べて大きなメリットは「余分なスペースが要らない」ことや「開け閉めが簡単にでき、採光が調節しやすい」ことが挙げられます。一方でデメリットは「ほこりがつきやすい」「掃除しにくい」など。

素材は色々
オフィスなどではアルミ製のブラインドが多く使われています。
一方で、インテリア性の高い木製のブラインドや、温かみのあるファブリック製のブラインドは、オフィスだけでなく一般の家庭でも人気です。


今回の記事に登場したアイテム
ウッドブラインド 木香里45(大湖産業 株式会社)

The following two tabs change content below.
くらべルート編集部

くらべルート編集部

くらべルートでは、専門家によるアドバイスや、スタッフによる実験など、暮らしの中で生まれる素朴な疑問を、解決する情報がいっぱい♪ 是非、他の記事もチェックしてみてくださいね。
くらべルート編集部

最新記事 by くらべルート編集部 (全て見る)