醤油差し比較【1】液だれしにくく、使いやすい醤油差しを徹底的に調査

醤油差し比較【1】液だれしにくく、使いやすい醤油差しを徹底的に調査

本当に満足できる醤油差しを選ぶのって、難しいですよね。
調味料入れの中でも「選ぶのが難しいものランキングNo.1」じゃないかな、と私は思っています。毎日わりと頻繁に使うものだけに、使いにくい醤油差しを買ってしまったときのストレスときたら!

私も理想の醤油差しを求めて、色々試してきましたが、液だれが気になったり、差し口が詰まって醤油が出にくくなったり、テーブルや調味料トレーに黒い輪っかの染みができたりと、何かとトラブルが発生。こまめなお手入れが大事だとはわかっていても、「そもそも構造的に、ここの部分に溜まった醤油が取れなくない?」なんてケースも・・・。

そこで今回は「液だれのしにくさ」「使いやすさ」「お手入れのしやすさ」をメインに、100均から人気のブランドまで10種類の醤油差しを、あらゆる面から比較調査&実験していきます。

今回の調査対象は全10種類。100均を含め、人気の商品が勢ぞろい!

さて。では、まず実験に使う醤油差しをご紹介しましょう♪
ぱっと見ただけでは違いがわからないものもあるかもしれないですが、定番タイプ、人気タイプ、1滴ずつ出せるプッシュタイプ、メディアでも取り上げられたスプレータイプなど、色んなタイプを集めてみました。

  1. PORLEX 醤油差し(ジャパンポーレックス株式会社)セラミック、シリコン
  2. 醤油差し(頂き物のため、メーカー不明)陶器
  3. 液たれしにくいガラス醤油差し(株式会社大創産業)ソーダガラス
  4. iwaki フタ付きしょうゆ差し(AGCテクノグラス株式会社)耐熱ガラス
  5. 調味料さし スタビアリュクス(リス株式会社)ソーダガラス
  6. 調味料入れ(株式会社セリア)ソーダガラス
  7. 醤油差し プッシュ式 タワー tower (山崎実業株式会社)アクリル樹脂
  8. ワンプッシュしょう油差し(株式会社IPシステム)スチロール樹脂
  9. しょうゆ差し ちょいかけスプレー(株式会社セイエイ)PET樹脂
  10. しょうゆスプレー(株式会社大創産業)PET樹脂

※(カッコ)の中はメーカー名、以下省略。

今回の実験対象とグループ分け

形やお値段の違いだけでなく、素材も様々で、大きく分けて3種類あります。
今回は、主に素材別にグループを分けて、実験していきたいと思います。
それでは、まずは各グループ別に醤油差しの気になるポイントを紹介していきましょう。

【A】陶器製の醤油差し

大正時代になってガラス瓶やプラスチック製の液体容器が普及する以前、人々は陶器でできた徳利やつぼなどを持って醤油を買いに行き、そのまま保存するか、あるいは自宅用の甕(かめ)に移し変えていました。古くから醤油の風味を損なわないための入れ物の素材として陶器が愛用されてきたことが伺えますね。

陶器製の醤油差しは他の素材より熱に強く、ガスコンロの横に置いたり、食洗機に入れても大丈夫なため、今でも根強い人気を誇る素材です。
欠点としては、中身が見えないため、残量が把握しにくいところでしょうか。
昔ながらのデザインのものも多いですが、その中でちょっと風変わりで気になるのが「PORLEX 醤油差し」。セラミック×シリコンという二つの素材を併せ持つ進化系の醤油差しです。

基本的に今回の実験では、それぞれの素材の「人気商品 VS 100均商品」という感じで比較していきたいということで100均を何軒も巡りましたが、残念なことに陶器やセラミックタイプの醤油差しが見つからず・・・。

ベーシックな醤油差しとの違いということで、メーカー不明ですが、うちの実家の食器棚に眠っていた(ちょっと昭和感のある)陶器製の醤油差しと比較してみたいと思います。

昔ながらの醤油差しVS進化系の醤油差し

陶器
▲実家にあったレトロな醤油差し(左)と、逆さまにしてもフタが外れない「PORLEX 醤油差し」(右)

【B】ガラス製の醤油差し

大正時代から現代にかけて、もっとも人気があるのが、ガラス製の醤油差しです。
ガラスは他の素材に比べて、匂いがつきにくいというメリットがあります。
陶器と違って中身が見える点や、プラスチックよりも高級感のある見た目が魅力的ですね。

「液だれしにくさ」が売りの注目アイテム

スタビアリュクスのフタには「注ぎやすくて、タレにくい」、セリアのフタには「液だれしにくい!」というシールが貼られていました。
どちらも、注ぎ口の形状や角度にこだわりがあるようです。

iwaki
▲スタイリッシュなデザインで人気のスタビアリュクスと(左)と、セリアで見つけたオシャレなガラス製醤油差し(右)

注ぎ口が上向きについたタイプも・・・

このデザインなら、絶対に液だれしないはず!ですが、それ以外の使い勝手は問題ないのか気になるところですよね。
実を言うと今回実験に使っている「iwakiの醤油差し」は私物なので、個人的に100均のそっくりさんには負けて欲しくないのですが、結果はいかに・・・!?

iwaki
▲我が家で普段使いしているiwakiの醤油差し(左)と、ダイソーで見つけたそっくり醤油差し(右)

【C】プラスチック・樹脂製の醤油差し

プラスチック製や樹脂製の醤油差しのメリットは、手にしたときの軽さと、落としても割れにくいところ。
そして比較的、お手頃価格のものが多いです(いずれも1000円札でお釣りがきます)。
今回はその中でも人気の高い、一滴ずつ出せるプッシュ式の醤油差しと、醤油スプレーという、減塩効果がありそうなアイテムに絞ってみました。

使い心地が気になる、プッシュタイプの醤油差し

プッシュ
▲人気のtowerシリーズのプッシュ式醤油差し(左)と、セリアで購入したワンプッシュ醤油差し(右)

見た目だけでは判断が難しい、スプレータイプの醤油差し

スプレー
▲売れ筋の「ちょいかけスプレー」(左)と、ダイソーの醤油スプレー(右)。 ※どちらも中身の醤油は別売りです。

気になる実験の内容は?

USB顕微鏡
いったい、どんな実験をして、何を比較していくのか。
少しだけ実験内容をご紹介します。

【実験その1】液だれする?しない? 醤油を差した時の注ぎ口をチェック!

それぞれのグループ別に、醤油差しから小皿に醤油を注ぐ実験をしていきます。
気になるチェックポイントは、「液だれ」「出る量」「性能」。
もちろん、動画もありますよ(ごまかしは一切効かないので、正直怖い・・・)。

【実験その2】いざという時に役立つ(?)醤油差しの倒れ方とこぼれ方の違い

「どのくらい、こぼれちゃうの?」「割れたらどうしよう」など、若干の不安を抱えつつ・・・、
そして各メーカーさんには心から申し訳ないと思いつつ、醤油差しを思いっきり「パーン」と横倒しにしてみました。
意外とこぼれないものもあれば、派手に醤油だまりが出来たものまで・・・、こちらも動画つきでご紹介します。

【実験その3】差し口の詰まりや、水洗いしたときの汚れの落ち方をチェック

意外とよく聞くのが、「買ってすぐは調子がよかったのに、しばらく使っていたら液だれしてきた!」という話。
その原因を追求するために、数日間醤油を入れたまま放置してみました。
果たして、詰まりの有無や醤油の出方に変化はあるのでしょうか?
また、普段のお手入れのしやすさをチェックするために、さっと水洗いするだけでどのくらいきれいになるかも比較します。

さいごに

さて、次回はいよいよ実際に行った実験の模様をレポートしていきたいと思います。
「液だれする・しない」以外に、使用感や液だれしにくい構造のヒミツなど、気になるポイントをしっかりチェックしていきますね。
お楽しみに!

今回の記事に登場したアイテム 
ポーレックス セラミック醤油差し(ジャパンポーレックス株式会社)※サイズ違い
醤油さし スタビアリュクス S(リス株式会社)
醤油差し プッシュ式 タワー tower (山崎実業株式会社)
しょうゆ差し ちょいかけスプレー(株式会社セイエイ)

同じシリーズの記事はこちら 
醤油差し比較