松花堂弁当

キーワード解説
”四角い箱型で、十字形の仕切りと、かぶせ蓋があるお弁当箱” を用いた料理のこと。仕切りのそれぞれに、刺身や焼き物、煮物や飯を見栄え良く配置する。

名前の由来
江戸時代初期の真言宗の僧侶であり、文化人でもあった「松花堂昭乗」(1584年(天正12年) – 1639年(寛永16年))が、松花堂弁当の器の原型を作ったからと言われています。
昭乗は、農家が使っていた種入れの箱から着想を得て、中に仕切りのある田の字形の器を作り、絵具箱や煙草盆として愛用していました。


松花堂弁当の誕生秘話

昭和初期(1933年(昭和8年)頃)に太田喜二郎が著した「西田幾多郎日記」の「絵茶會記」によると、茶道家「貴志彌右衛門」が邸内の茶室「松花堂」で茶事が催された折、
後年に日本屈指の名料亭となる「吉兆」の創始者「湯木貞一」に、前述の松花堂昭乗が愛用した器を用いて茶懐石の弁当をつくるようにと命じたのがはじまりとされています。湯木はその器に改良を加え、季節の味を盛り込んで美しい弁当を完成させました。それを後に、当時の毎日新聞が「吉兆前菜」として記事に取り上げたことで話題となり、松花堂弁当の名が広まりました。以降、松花堂弁当は「吉兆」の看板となり、全国の料理店に広がっていきました。

「松花堂弁当」と「幕の内弁当」の違い
ごはんと数種類のおかずを組み合わせたお弁当の様式として、両者は混同されがちですが、この二つは全く歴史や源流が異なります。「松花堂弁当」が昭和になってから誕生した様式で、先ほど紹介したように懐石料理(茶料理)の流れを汲むものであるのに対し、「幕の内弁当」は江戸時代から存在していた様式で、元は武家の儀礼的な食事である本膳料理の流れを汲んでいます。

松花堂お弁当

今回の記事に登場したアイテム
お弁当箱 ランチボックス HAKOYA(株式会社たつみや)