年末では遅すぎる? しつこい油汚れもセスキでスルッと!換気扇掃除

年末では遅すぎる? しつこい油汚れもセスキでスルッと!換気扇掃除

年末の大掃除と言えば換気扇掃除。
でも冬は、油が固まって掃除しにくい季節なのをご存じですか?
実は気温の高い時期が、油も落としやすく掃除しやすい時期なのです。
寒くなる前に、ぜひ換気扇掃除をしておきましょう!

使用する洗剤「セスキ」について

今回は、重曹よりアルカリ性の強いセスキでお掃除していきます。セスキはセスキ炭酸ソーダやアルカリウォッシュとも呼ばれ、酸化した油を中和して汚れを落としてくれるナチュラル洗剤です。セスキは重曹より水に溶けやすいため、掃除したい時にすぐに使えます。キッチン以外でも手アカやタンパク汚れ、油汚れなどを落とすので、万能洗剤として有名です。

セスキを水に溶かしたものをスプレー容器に入れても詰まらないので、普段のお掃除にも扱いやすいです。例えばキッチンの家電、冷蔵庫、シンク、排水口の汚れ落としにも使えます。

今回は、なかなか落ちない換気扇の油汚れを、つけ置きで簡単に落とす方法を紹介していきます。

換気扇掃除のために準備するものは?

セスキ

準備するもの

  • 換気扇の入る深めの段ボール(今回利用したのは1.5Lのペットボトルが8本入っていた物)
  • 大きなゴミ袋2枚(なるべく厚手で45L以上の物)
  • セスキ
  • 計量スプーン
  • お湯(60度)
  • マイクロファイバークロスや古布
  • ティッシュペーパー
  • マイナスドライバー
  • スプレーボトル
  • ざる
  • 脚立
  • 炊事用の手袋(手荒れ防止のため、あれば安心)

つけ置き用段ボールの作り方

頑固な油汚れを簡単に落とすには、数時間つけ置きする必要があります。
シンクでつけ置きすると、掃除の間はシンクが使えなくなるので、段ボールを使ってシンク横でつけ置きする方法が便利です。

  1. まず段ボールを組み立てます。
  2. カッターナイフで角に小さな穴を開けます。
  3. 手順1

  4. ゴミ袋二枚を重ねてかけて、角を出すようにします。
  5. ガムテープで固定します。
  6. 手順2

  7. 段ボールの中に約60度のお湯を入れてから、セスキを溶かすと準備完了です。

(お湯3Lに対してセスキ大さじ1の割合で溶かすので、今回はお湯16Lにセスキ大さじ5を入れました。)

手順3

やけどに注意しましょう。お湯は作業している間に50度ほどに下がります。

お掃除前に知っておきたい注意点

■換気扇によっては長時間つけ置きすると、塗装がはがれてしまうことがあるので、つけ置きしたまま放置しないように気をつけましょう。またアルミ製や銅製など使えない素材もあるので、ステンレス製である事を確認しましょう。

■レンジフードの掃除の時に、本体のコンセント付近にはセスキスプレーを直接かけないようにしましょう。故障の原因になります。また掃除前に必ず電源を抜いておきましょう。

手順1 「つけ置き掃除」

換気扇の電源を抜いたら、マイナスドライバーなどを利用して換気扇を外しましょう。換気扇のパーツを先ほど作ったセスキ液につけていきます。
細かいパーツは排水口ネットなどに入れておくと紛失しません。

つけおき

換気扇がセスキ水につからない場合は、途中でひっくり返しましょう。

手順2 「レンジフードの掃除」

つけ置きしている間に、レンジフードの掃除をします。

  1. スプレーボトルに、セスキ水を入れます。
  2. セスキ水 = 約50度のぬるま湯500ml : セスキ小さじ1 を混ぜたもの。

  3. マイクロファイバークロスや古布に吹きかけて、油汚れを拭き取ります。
  4. 汚れがひどい場所には、ティッシュペーパーをレンジフードに手で押さえつけた状態でスプレーします。
  5. つけおき2

  6. その上からラップをかぶせて、1時間ほどおきます。
  7. つけおき3

  8. ラップを外して浮いた汚れを拭き取りながら、ティッシュを外します。
  9. 水拭きします。

手順3 「つけ置き後の掃除」

セスキの温度が下がったら、つけ置き完了の合図。今回は約2時間つけ置きしました。

  1. ビニールの先を小さくカットして、セスキ水を流します。
  2. ざるに古布を敷いて、そこにセスキ水を流しこめば、浮いた油もキャッチできます。

  3. こすり洗いします。

セスキが流れている間に、油をこすり洗いします。つけ置き液から出してスポンジでこすると、スルッと簡単に落とすことができます。こすったら、水かぬるま湯ですすぎます。

セスキの効果を、掃除の前後で比較

どのくらいセスキの効果があったか、つけ置きの前後の画像を比較していきましょう。

前面カバーの正面

 

換気扇にこびりついた油汚れは、放置しているとだんだんと茶色く変色してしまいます。
普通に拭いてもなかなか落ちにくいのですが、セスキでつけ置きすると、スッキリきれいに落ちました。

前面カバーの底


油でベトベトになりやすいカバーの底。
こちらも、つけ置き後はスッキリきれいになっています。

羽根(プロペラファン)


もっとも汚れが目立ちやすい羽根(プロペラファン)も、このとおり。
気になる黒い斑点状の油汚れも、きれいに取れました。

さいごに

数年間、掃除していないような頑固な汚れの場合、一度に全ての油汚れを取れないことがあります。そんなときは、つけ置き時間を2~3時間に延ばしてみましょう。また何度かつけ置きを繰り替えすうちに汚れが取れてくるので、あきらめないで定期的にお掃除するのがコツです。

寒くなってくると、セスキ水が冷めるのも早くなってしまいます。今のうちから換気扇掃除を始めて、きれいなキッチンで気持ち良く年末年始を迎えましょう。

よしママプロフィール