ハロウィン

キーワード解説
ハロウィーンとも。古代ケルトが起源で、秋の収穫を祝い悪霊を追い出す祭り。アメリカでは、思い思いのコスチュームに身を包んだ子供たちが、カボチャの提灯(Jack-o’-Lantern)を持ち、「Trick or Treat?」と言って、近所の家々をまわる。

ハロウィンの起源は何?

ハロウィンは、もともとは古代ケルトの万聖節(キリスト教における毎年11月1日にあらゆる聖人を記念する祝日)が発祥。紀元前5世紀頃のアイルランド地域に住んでいたケルト人にとって、11月1日は新年であり、その前日の10月31日は一年の終わる日でした。日本で言う大晦日のようなものですね。この日には秋の収穫を祝い、悪霊を追い出す祭が行われていました。それが後にアイルランド系の移民がアメリカへ移住する際に持ち込み、万聖節の前夜祭を意味するAll Hallows’Eveが訛って、Halloweenと呼ばれるようになったと言われています。現在では、本来の宗教的な意味合いはほとんど失われ、アメリカなどを始めとする欧米で、民間行事として定着しています。


ハロウィンにはなぜ仮装するの?


仮装をする理由は諸説ありますが、有力な説としては、アイルランドなどのケルト地方で伝わっていたHalloweenの伝説が元になっていると考えられます。
ハロウィンは秋の収穫祭であるだけでなく、この世とあの世を隔てる扉が開け放たれ、死者がやってくる日と言われていました。日本のお盆のように、死者の魂が家族や親族を訪ねてくる日というだけでなく、悪い死者の魂が、悪魔・魔女・幽霊・妖怪・黒猫などになって、地上に現れ、家畜や作物を荒らしたり、子供をさらったりと、さまざまな災厄を与えるとも信じられていました。
そこで、それらの悪い死者の魂から身を守るために、人間だと気づかれないように(悪魔や魔女など悪い化け物の仲間と思わせたり、怖がらせるために)仮装するようになりました。


「トリック・オア・トリート」の意味は?


ハロウィンといえば、お化けなどに扮した子供達が「Trick or treat!」(お菓子をくれないとイタズラしちゃうぞ)と町内を練り歩き、訪れた子供達にお菓子を渡すという風習があるのは有名ですよね。これは、貧しい人に食べ物やキリスト教徒に「ソウル(魂の)・ケーキ(soul cakes)」を施す万霊祭(死者の日)の習慣に、魔よけのために仮装の要素が盛り込まれ、新たな伝統になったものだと言われています。

今回の記事に登場したアイテム
キャンドル ルミナエゴースト(カメヤマ株式会社)