ブルックリンスタイル

キーワード解説
ニューヨークにあるブルックリン地区の倉庫や古いアパートが立ち並ぶ街で、若手アーティストやデザイナーが生み出した、ヴィンテージ感と最新性をミックスしたインテリアコーディネートやライフスタイルのこと。

ブルックリン地区ってどんな街?

スタイルの名前にもなっている「ブルックリン地区」は、ニューヨーク州の中にある5つの行政区の1つで、マンハッタン島のイーストリバーの東側に広がっています。家賃も安く、移民や労働者、若手アーティストやクリエイターといった人たちが多く住んでいるため、独特の文化を形成していると言われています。そこから、自分らしさを表現できるハンドメイドやヴィンテージ風の家具、あるいは若手アーティストが製作したインテリアやアート作品を購入し、居心地のよいカフェのような空間に部屋をコーディネートすることが、ブルックリンスタイルと呼ばれるようになりました。


ブルックリンスタイルのポイント


・レンガ壁
ブルックリン地区は元々が倉庫街だったため、古いレンガ壁の建物を改装して使うことが多く、倉庫を改装したカフェや、個性的なレストランなどが多く並んでいます。コンクリートむき出しの古い倉庫のような内装や、レンガ壁が特徴。このため、レンガ調の壁紙やレンガデザインの雑貨などを部屋に取り入れると、一気にブルックリンスタイルっぽさが増します。シールタイプの壁紙や、100円ショップなどでも売られているリメイクシートなどを使えば、賃貸でも簡単にレンガ調の壁にできます。

・明度の低いカラーで統一
壁はもちろん、家具やインテリアなど、全体的に暗めのカラー(おすすめはブラックやダークカラー、スモーキーカラーなど)で統一すると、雰囲気が出ます。


・観葉植物
レンガ壁の建物と自然の緑が多く残るブルックリンの街並みを連想させる観葉植物は、ブルックリンスタイルのお部屋に好相性。暗い印象になりがちな明度の低いカラーのお部屋に、安らぎと癒しを与えてくれます。ブルックリンスタイルだけでなく、男らしい無骨さとアメリカンヴィンテージ感の掛け合わせた「男前インテリア」など、無機物的な要素の多いお部屋には、有機物である観葉植物の緑を取り入れることで、さらにオシャレでくつろげるゆったりした雰囲気に仕上げることができます。本物だと世話が大変という場合は、フェイク植物でも大丈夫。小ぶりのものよりは、なるべく葉が大きめで存在感のあるものがおすすめです。


・アイアン×ウッドの家具
アイアンやスチールがむき出しのちょっと無骨な感じと、ヴィンテージっぽい色調の木製家具(天然木ではなく木目調でも可)が、ブルックリンらしさを演出してくれます。また、ナチュラルテイストの無垢材の家具を、あえてヴィンテージワックスでリメイクしてみるのも楽しいかもしれませんね。


・レザー素材の家具
ブルックリンスタイルのお部屋には「くつろぎ」の要素も大事。ゆったりと腰掛けられるソファは、お部屋に欠かせないアイテムです。特にレンガに似合うアンティークっぽい雰囲気のレザーソファがおすすめ。


・ペンダントライト
アイアンフレームのペンダントライトだと、より雰囲気が出ます。


・カフェっぽいアイテム
黒板や、木製トレイ、サインボード、木箱(ワインボックス)など。


ブルックリンスタイルの最大のピークは2016年頃だと思われますが、インテリア業界では今もなお、根強い人気の「ブルックリンスタイル」。シンプルで居心地の好い、カフェのようなオシャレな雰囲気のお部屋って憧れますよね。
100円ショップなどのアイテムをDIYするなどして簡単に取り入れることもできるので、是非チャレンジしてみてくださいね。

coffee

今回の記事に登場したアイテム
ワインボックス 幅40×奥行25×高さ13cm 木製(丸和貿易株式会社)