コーヒー・ブリューワー(ドリッパー)

キーワード解説
コーヒー抽出器具のこと。家庭用から業務用まで、使用用途によっても各種販売されている。インスタントコーヒー製造用のパーコレーターまたはエクストラクターと呼ばれるものから、通常のドリップコーヒー抽出からエスプレッソコーヒー抽出まで様々なものがある。

形状によって、味が変わる
主に家庭用として用いられるものは、サーバーやジャグ、マグカップの上にのせてコーヒーをドリップするタイプのものである。家庭用のブリューワー(ドリッパー)として、主に有名なのは下記の4つのブランドです。それぞれ形状と穴の数に違いがあります。

<台形>
・カリタ  穴3つ
・メリタ  穴1つ
<円錐>
・ハリオ  穴1つ
・コーノ  穴1つ

広範囲にコーヒーが抽出される台形に比べ、円錐はななめに一直線にお湯が落ちていきます。
また、穴の数が多かったり、穴が大きいほど、お湯は早く落ちるため、コーヒーは薄めになります。
穴の数が少なかったり、穴が小さいほど、お湯はゆっくり落ちるため、コーヒーは濃くなります。
どれが良いかは、コーヒーの好みにもよります。


材質も色々

「形状が一緒でも、プラスチック・陶器・金属製・ガラス製など、材質が異なる場合があります。
熱伝導がいい金属製のものが美味しくなるとは言われていますが、値段や扱いやすさなど、
他のメリット・デメリットも考慮して、選ぶとよいでしょう。

ハンドドリップの一例
1、ブリュワーにステンレスフィルターまたは、ペーパーフィルターをセットし、サーバー(ジャグや大きめのマグカップでも可)にのせる。中挽きのコーヒーの粉を分量分入れる。

2、コーヒー粉全体が湿るように少しずつお湯を注ぎ、30秒ほど蒸らす。次に中心から渦をまくようにお湯を注ぐ。
3、分量までドリップしたら、できあがり。

coffee

今回の記事に登場したアイテム
コーヒーブリューワー SLOW COFFEE STYLE(株式会社キントー)