意外と簡単! 雨戸を外さず、すっきりキレイに掃除する方法

意外と簡単! 雨戸を外さず、すっきりキレイに掃除する方法

普段なかなか行うことのない雨戸掃除。雨戸を閉めたら、砂ぼこりがたくさん手についてきたなんて経験はありませんか? 実は雨戸には砂ぼこり、手アカ、虫の死骸など、さまざまな汚れがついているのです。

雨戸の掃除というと大変そう!というイメージがあるかもしれませんが、家にある物で意外と簡単にピカピカにできます。

特に室内側の砂ぼこりは、風によって部屋に入ってくるので、取り除くことで部屋の汚れ防止につながります。

水が冷たくなる前に、お掃除しちゃいましょう。

雨戸掃除に必要な物は?

・バケツか洗面器
・ブラシのついた窓用クリーナー
・ペットボトルにつけるタイプのブラシ
・台所用の中性洗剤
・古布や雑巾
・脚立
・ホース(無くてもOK)

雨戸をこするためのブラシは、窓用の物や網戸用のクリーナーがおすすめです。ブラシが横長なので効率よくお掃除ができ、柄が長いので高い所にも届きやすいからです。

ペットボトルにつけるタイプのブラシは、なければ隙間用のブラシで代用できます。特に室内の窓掃除は水がしたたりやすいので、水を流しながら掃除できるアイテムは便利です。

中性洗剤は、食器洗い用がおすすめ。もし無ければ、中性洗剤と表記があれば、リビング用やお風呂用の洗剤でも大丈夫です。ただし、直接スプレーしたりすると跡が残るかもしれないので、水で薄めて使いましょう。

意外と簡単!雨戸の外側の掃除方法

天気の良い日に、外の雨戸掃除を行います。雨戸の外側は雨水があたるため、実はそんなに汚れていないので、最初に外側から汚れを落としていきます。

それでは、いよいよ雨戸を閉めて、お掃除スタートです。

1.ブラシを水に濡らし、上からこする。

 水滴が落ちてくるので、上の方から掃除していきます。溝に沿うように左右に動かすときれいになります。

2.汚れがひどい場合は、中性洗剤を1~2滴入れます。

手アカなど取れにくい汚れも、中性洗剤の界面活性剤の効果でするりと落ちます。洗剤を使った場合は、きれいな水に入れ替えて、しっかりすすぎ洗いをしましょう。シャワーに切り替えできるホースがあれば、とても楽に流せます。

3.レールを洗う。

レールには水が抜ける穴があるので、そこに向かって砂を流しこみましょう。

天気の良い日はすぐに乾くので、このまま雨戸の内側の掃除をします。気になる方は、古布や雑巾で水気を拭き取りましょう。

 雨戸の内側の掃除方法とコツ

内側の掃除は少しコツが必要です。水を室内に落とさないように、丁寧に行います。

1.洗面器に水を張り、中性洗剤を1~2滴たらす。

2.上からブラシでこする。


外の掃除と同じように、上の方から掃除します。溝に沿って、左右にこすりましょう。

3.隅はブラシでこする。

窓ガラスや窓枠があって、届きにくい場所がありますが、ブラシでこするときれいになります。

4.鍵の周りをこする

鍵の内部に水分が入らないように気をつけて、汚れを落としていきましょう。

5.すすいで、ふき取る

洗面器の水を替えて、きれいなブラシで洗剤を流していきます。

そのあと、古布や雑巾でふき取りましょう。外側は乾きやすいですが、内側は乾きにくいので、布で拭き取ります。鍵の周りも水気をしっかり取りましょう。

 

 洗剤の効果はどれくらい?

窓の下に植物が生えている場合は、中性洗剤の量を減らしましょう。中性洗剤は1滴入れるだけでも十分に効果があります。すすぎが大変になるので、入れ過ぎには注意しましょうね。

内側の砂ぼこりは結構取りにくいため、なかなか汚れを落としきれません。洗剤ありで掃除した時と、洗剤なしの場合で比べてみました。

掃除前

掃除後

左側が中性洗剤を入れて洗った画像です。砂がしっかり落ちているのがわかります。右側は砂が落としきれずに残ってしまっています。やはり内側の雨戸には、中性洗剤を1~2滴垂らして掃除した方が効率が良さそうですね。

 おわりに

雨戸掃除はどうしても水しぶきがかかりますし、雨戸の外側の掃除を寒い季節にするのは大変ですよね。気候の良い秋に、お掃除しておくのがおすすめです。年に一度行うだけで十分きれいになりますので、ぜひ試してみてください。

※脚立に乗っての作業は危険を伴いますので、安全を確保してから行いましょう。

よしママプロフィール