プライウッド(合板)

キーワード解説
薄く切った単板(ベニヤ)を奇数層、繊維の方向が交差するように重ねて熱圧接着した合板のこと。無垢材に比べて反りや縮み、割れが少ないという特徴を持つ。英語表記はplywood。最近では主に「成型合板」のことを指すケースも多い。

【ベニヤ板との違い】
日本では、ベニヤ合板のことを俗にベニヤ板と呼ぶため意味を混同されがちですが、本来「ベニヤ板」と言うと、薄くスライスした木の単板のことを意味します。それを奇数層で積層したのが「合板」であり、コンパネや構造用合板と呼ばれるものも、合板の一種です。

【合板の種類】
・コンパネ
DIYをされる方はよく耳にされるかもしれないですが、コンパネとはコンクリートの型枠用合板のことで、「コンクリートパネル」の略語です。
合板としての質はあまり良くなく、内装材などとして使うのには向きません。ですが、基本的に外で使うために作られたので耐水性があり、流通量が非常に多くて安いため、最近は色々な用途に使われています。

・構造用合板
木造建築物などの主要な部分に用いる目的で作られたものを指します。構造用合板を使って耐力壁や耐力床を作ることにより、耐震性・耐風性を高めることができるため、主に壁下地材・床下地材・屋根下地材として用いられます。なお、本来構造用合板はJAS規格によって定められています。ホームセンターなどで「針葉樹合板」という名前で売られている合板は、JAS規格から外れているため、安価で手に入りますが、本格的に物置などの建物をDIYするときは、必ずJAS規格に沿った構造用合板を使うようにしましょう。

・化粧合板
合板の表面を塗装したり、プラスチックなどの単板を用いたり、木目の板を使って美しく仕上げたものを指します。他にもプリント合板やポリエステル合板、塩化ビニル合板など、多くの種類があります。薄くスライスした銘木を貼り、まるで無垢材のように見えるものもあります。無垢板と違い反りなどの心配もなく、ローコストなのが魅力です。

・成形合板
薄い単板に接着剤を付けて重ね、型に入れて成形した合板を指します。英語では「mold plywood」「curved plywood」などの表記になります。無垢材では表現が困難な、複雑で美しい曲線を可能にし、一枚板に比べて非常に軽量です。このため、デザイン性の高い家具やインテリア、雑貨などに用いられることも多いです。


今回の記事に登場したアイテム
Plywood Non slip tray ワインラック(株式会社キントー)