ランタン(lantern)

キーワード解説
手さげのランプ。ろうそくやLEDなどの灯りを納める透明な箱のこと。主に携帯用の照明具をさす。日本の「提灯(ちょうちん)」や「行灯(あんどん)」などもランタンの一種。

語源はランプと同じ
ランタンは、ランプの一種で、手に提げるなど携帯できるものを指します。ランタンとランプは同一語源であり、古代ギリシア語でたいまつを意味する「Lamptēr 」という単語から、ローマ時代に分かれたものといわれています。日本など東洋地域で用いられる提灯や行灯、天灯なども、英語ではランタンと呼称されます。

カンテラとの違い
ブリキ・銅などで作った筒形の容器に石油を入れ、綿糸を芯にして火をともす、手提げ用のランプはカンテラと呼ばれます。カンテラの語源はオランダ語の Kandelaar ですが、Kandelaar は英語の「キャンドル」のことで、蝋燭や燭台を指し、オランダで石油や電気のランプを Kandelaar と呼ぶことはありません。 日本では鉱山などの労働現場で一般的に用いられていた携行用のランプのことを、カンテラと呼んでいました。今は乾電池式の懐中電灯が普及しているため、カンテラが用いられることはほとんどありません。一方、ランタンは近年でもレジャー用や非常用の灯り、あるいはインテリアの一種として、乾電池を用いたLEDランタンが多く用いられています。

今回の記事に登場したアイテム
ランタン バカンス LEDランタン プレミアムBIG(株式会社 スパイス)