スープジャーレシピ【2】卵を入れて放置するだけで温泉たまごに♪

スープジャーレシピ【2】卵を入れて放置するだけで温泉たまごに♪

同じシリーズの記事はこちら 
スープジャーレシピ

簡単に温泉たまごをつくる裏技

寒い冬に嬉しいスープジャー!

その保温力を利用して「たまごのおかゆ」を作ってみましたが、今回作るのは、温泉たまご!
スープジャーでクッキング!「温泉たまご」サラダなど、お料理にのせるだけで一気にお料理を引き立ててくれる、温泉たまご!
そのまま食べてもおいしいですね。

スーパーでも売っていますが、生卵にくらべるとかなり割高。

でも、スープジャーがあれば簡単に作れるんです!

今回も、当社の撮影室で実際に作ってみました。
詳しくは、実際の様子をご覧ください♪
 ↓   ↓

材料を入れて、20分待つだけ

用意する材料はこれだけ!

◇生たまご(2個 または 1個)
スープジャーでクッキング!「温泉たまご」材料あとは、熱湯だけ。
おかゆを超える手軽さ!

作り方も、もちろん簡単。

スープジャーにたまごを入れて…
スープジャーでクッキング!「温泉たまご」レシピたまごがかぶるくらいの熱湯を注ぎます。
スープジャーでクッキング!「温泉たまご」レシピあとは、20分待つだけ。
たまごが1個の場合は、放置する時間は15分でOK!
(スープジャーの種類によって、推奨される時間は異なります)
スープジャーでクッキング!「温泉たまご」レシピ1たまごを取り出してみます。
(お湯はまだアツアツなので、ヤケドに注意!)
スープジャーでクッキング!「温泉たまご」レシピ2殻を割ってみると…
スープジャーでクッキング!「温泉たまご」レシピ3ちょうどいい柔らかさにかたまっていました。
まさに、温泉たまご!
スープジャーでクッキング!「温泉たまご」完成今回使ったのは、ポップデザインがかわいいrickeのスープジャーです。

スープジャーでたまご料理をつくるポイント

温泉たまごを作るときのポイントは、冷蔵庫から取り出したばかりのたまごを使わないこと。

20~30分ほど外に出して常温に戻しておくと、ちょうどよく仕上がりますよ♪

こちらは、社員が作ったおかゆランチ。
たまごがいい感じです。
おいしそう~!
おかゆとたまご温泉たまごよりすこし固めですね。
上手に作るコツは、スープジャーを予熱する時に、たまごも温めはじめることだそうです。

失敗するとたまごがうまく固まらず、生卵っぽい仕上がりになるのだとか。
(でも、それはそれで美味しそうですね♪)

温泉たまごをつくる要領で、放置する時間を1晩に延ばすと、黄身までしっかり固まったゆでたまごが作れるそうです。

スープジャーでたまご料理!
ぜひ一度お試しあれ!

今回の記事に登場したアイテム 
ricke スープジャー(和平フレイズ株式会社)

同じシリーズの記事はこちら 
スープジャーレシピ