灯明

キーワード解説
灯明(とうみょう)とは、神仏に供える灯火のこと。「みあかし」とも呼ぶ。昔は皿の中に油を入れ、ひもをつけ、そこに火をつけていた。現在はろうそくが多く用いられ、燭台、灯台、灯籠などでともす。


仏教における蝋燭の意味


灯明は、燭台や輪灯、灯籠などを使用して供えられます。蝋燭の光は「知恵の光明」と呼ばれ、周りを明るく照らす仏様の知恵を表していると言われます。また、蝋燭の火の熱は、仏様のお慈悲の温もりを表すと言われています。つまり仏様の知恵とお慈悲を表しており、仏教において燭台は、お参りの際に欠かせない仏具である三具足(「花立て」「線香立て」「火立て=燭台」)の一つになっています。

蝋燭の火を吹き消してはいけない
蝋燭の火を消すときは、吹いて消すのではなく、手であおいで消すのが礼儀とされています。これは仏教において人間の口は、身体・意識とともに「身口意」と言われ、人間の全ての悪い行動はこの3つのうちどれかから生まれると言われています。つまり、口は悪い行動を生み出す原因であり、汚らわしいものだと考えられているのです。そのため、神聖な蝋燭の火を、口から出た息で消すのは無作法、ということになるのです。灯明や線香の火を消すときは、必ず手であおいで消すようにしましょう。

今回の記事に登場したアイテム
和風ローソク 華和 小(株式会社マルエス)