ダーラへスト(ダーラナホース)

キーワード解説
ダーラヘスト(スウェーデン語: Dalahäst)は、スウェーデン・ダーラナ地方発祥の伝統工芸品。木彫りの馬で、日本では『ダーラナホース』とも呼ばれる。18世紀の始め頃、材木の切れ端で子供のおもちゃとして作られた木彫りの馬が元になっていると言われている。


なぜ馬の形なのか

スウェーデンの冬は日照時間が短く、仕事を早く終えた木こり達は、余暇の時間に材木の切れ端を使って色々な物を作っていました。子供のおもちゃとして、馬以外にもいろいろな動物を作りましたが、特に馬がよく彫られていました。その理由はいくつかあります。
<主な理由>
・人に優しく、賢く、力強い生き物として大切にされていた。
・木こりにとって、重たい材木を森から運び出す、重要な役割を持っていた。
・当時の貧しい人にとって馬は高価で、いつか自分の馬を持ちたいという憧れ気持ちで作った。

民芸品としてのダーラヘスト
出来上がった木彫りの馬を、村人たちはダーラ馬として、全国へ売り歩きました。
当時の村人達はとても貧しく、お金の換わりに、ダーラ馬で物々交換をしていたと言われています。こうして、徐々に子どものおもちゃとして各地に広まっていきました。

19世紀ごろからは、銅で赤く塗られるようになり、今ではいろいろなカラーで彩色されています。
人気が定着するにつれ冬だけでなく、いつしか家内工業として年間を通じて作られるようになり、20世紀にはダーラナ地方の新しい産業へと発展していきました。


現在はダーラナ地方の象徴、またスウェーデンそのものを象徴するものとされることもあります。また、スウェーデンでは「幸せを運ぶ馬」として愛されています。

今回の記事に登場したアイテム
CROSS コースター(スカンジナビスク・ヘムスロイド社)