お風呂のカビに悩まない!おすすめの予防対策とカビ取り剤の効果的な使い方

お風呂のカビに悩まない!おすすめの予防対策とカビ取り剤の効果的な使い方

汗をたくさんかく夏はシャワーを浴びる回数が増えますね。
シャワー後の浴室は湯気がこもり、カビが活性化するのに絶好の環境になっています。
カビは生えてしまってからでは、刺激の強いカビ取り専用洗剤を使用しなくてはならないなど大変。生える前に予防をすることが大事です。
今回は悩ましい浴室のカビ対策をまとめてみました。

カビが生える3大条件とは?

まずは、カビが発生する大きな3つの条件を頭に入れておきましょう。

① 温度20~30度
② 湿度70~90%
③ カビの養分、餌の存在

この3大条件が揃うとカビ菌は活性化して増殖します。
まさにシャワー後の浴室は、温度湿度共に高く養分となる石鹸カスや皮脂もあり、カビにとっては最高の住環境になっていることになります。

カビを発生させない!効果的な対策4選

カビの予防策=カビが生えにくい環境に近づけるということです。そのためにカビが生える3大条件を意識した予防策を立てます。私が実行していて効果的だと感じている方法をご紹介します。

1. カビの餌をなくす

壁や床に残っている石鹸やシャンプーはカビの栄養分になります。入浴後、温水シャワーで洗い流します。
特に立ったまま頭や身体を洗う方は、思っているより高所まで泡が飛散しているので、浴室全体を見回してしっかり泡を落としましょう。
また、排水口に向かって数秒シャワーを当てて排水口内の水を流します。
カビの栄養分になる毛髪や皮脂などが排水管に流れ出ていきます。排水口のぬめりや臭いの予防にもつながります。

シャンプーボトル周りの液だれもカビの餌になります。
棚などの設置場所も定期的に洗浄し、時々ボトルごと洗って拭き取りましょう。

2. 水気をとる

浴室内の水滴をできるだけなくします。吸水率が高いセルロース性の吸水クロスを、ドアなどにかけておき、入浴後に拭き取る習慣をつけます。
吸水クロスは、吸水量が多いだけでなく片手で軽く絞るだけで乾くので、水滴を拭き取る作業が苦になりません。
また水気を含むと柔らかくなるので、水栓周りや棚など凹凸のある場所の拭き取りも簡単です。

クロスを使うのが面倒な時や忙しい時は、スキージー(スクイージー)を設置しておいておおまかに浴室全体の水気をさっと切るだけでも違います。
浴槽周り→壁→ドア→床の順番に広い面の水気を取ると浴室全体の湿度と温度がぐっと下がるのを体感します。
慣れると数秒でできることなので家族全員の習慣にしてもらうと助かりますね。これはカビだけでなく水垢の防止にもなります。

3. 換気扇を上手に使う

入浴後、浴室の換気扇はドアを閉めて、数時間回し続けたままにしておきます(少なくとも2時間以上)。
ドアは閉めた方が内部で効率よく空気が循環し、換気機能が上がり乾燥が早くなります。
ドアを開放したままだと湿気が洗面室にまで流れ、湿気が換気扇の能力を上回ってしまうので効率が下がってしまいます。
また洗面室に設置してある洗濯機や洗面台周りのカビの原因にもなってしまいます。

4. カビの胞子を除去

カビの原因菌は上部に集まり胞子を拡散する性質があります。この集まった胞子がある限り、何度もカビが生える原因につながってしまいます。
週に1度は消毒エタノールで天井の拭き掃除をして胞子をしっかり除去します。
天井の拭き掃除は大変そうですが、ヘッドが小さくて軽いミニサイズのモップに消毒エタノールをつけたシートをつけ、下からかければ高所の掃除でも気軽にすることができます。

カビ取り剤の効果的な使用方法

残念ながら予防策をとってもカビが生えてしまうことがあります。
そんな時はカビ取り専用洗剤の出番。
以下の3つのポイントで洗剤の効果がぐっと上がります。

1. 洗浄する

カビ取り剤を使用する前に一度しっかり風呂用洗剤で汚れを落とします。周辺の不純物をなくすことでカビ取り洗剤の効果を集中させるためです。

2. 乾燥させる

汚れを洗い流したら、乾いたクロスで水気を拭き取りしっかり乾燥した状態にします。水分をなくすことでカビ取り洗剤の濃度を下げないためです。

3. 浸透させる

カビ取り洗剤の主な成分でもある塩素系漂白剤は、乾きやすいためカビに吹き付けたら、上からキッチンペーパーを湿布してラップをかけます。
乾燥を防ぎ、密封状態で成分を浸透させるためです。長時間放置すると素材が傷むので、洗剤の指定時間後にブラシやスポンジで擦りながら洗い流します。
※塩素系カビ取り剤を使用する際は、クエン酸やお酢、酸性のものと混ぜないよう注意してください。また、使用中は健康を害しないように十分換気をし、マスクとメガネをするなどして作業してください。

カビは根が張ってしまうと、強力な洗剤でもなかなか根絶することはできません。
カビが生えるメカニズムを知り、予防策を続けることが大切です。
毎日のことなので面倒ですが、結果的にはカビの発生率がぐっと下がります。
ちょっとした気遣いの積み重ねでカビを撃退しましょう!

今回の記事に関連したアイテム
回転スキージー(レック株式会社)

おそうじペコプロフィール