レジャーシートの厚みを徹底比較!厚手と薄手、コンパクトさの違いは?

レジャーシートの厚みを徹底比較!厚手と薄手、コンパクトさの違いは?

同じシリーズの記事はこちら 
レジャーシート比較

ピクニックやレジャー、運動会やお花見など、一年を通じて活躍するレジャーシート。
さまざまな種類があって選ぶのも迷いますよね。

そんなレジャーシートの始まりはなんと風呂敷!
「おしりが汚れないように」と使われたそう。
風呂敷の万能さに改めて感心しますが、湿った場所だと水が染み込んでくるのでちょっと使いづらいですね。

携帯性は抜群!昔ながらの薄手レジャーシート

最近のレジャーシートは、水に濡れても大丈夫なビニール素材のものがほとんど。
こちらは昔ながらのストライプシート。なつかしいと感じる方もいらっしゃるのでは?
畳んでもかさばらず、バックにサッと入れられるのがいいところ。
薄手のレジャーシートは遊園地やテーマパークに持って行くと、とても重宝します。

ストライプシートはブルーシートの進化版!

実はストライプシートは、大人数でのお花見などでもよく使われるブルーシートがカラフルになったもの。
もともと工業用として使われていたブルーシートが丈夫ということで、レジャーシートとしても使われるようになり、その後ストライプシートが誕生しました。

2つのシートをよく見てみると、縦と横に糸が重なっているのが分かるでしょうか?
ストライプシートブルーシートもポリエチレン素材の織物でつくりは同じなんです。
画像では確認しにくいですが、防水効果を高めるために表面がラミネートされているという点も共通しています。

快適を求めるなら厚みのあるレジャーシート

ストライプシートブルーシートのような薄手のレジャーシートは持ち歩きに便利ですが、長い時間座ったり、寝そべったりするなら断然厚みのあるほうが快適ですよね。

厚みがあるといえばコレ、アルミ行楽シート。いたってシンプルなタイプのレジャーシートです。
実は、このアルミ行楽シートの素材は、おなじみの保冷バックなどと同じアルミ蒸着フィルムと発泡ポリエチレン。白い部分が発泡ポリエチレンなのですが、空気の泡がたくさん入っていてクッションの役割を担っているんです。
厚みのあるレジャーシートは、発泡ポリエチレンでできているものが多く、このpicoraもそのひとつ。デザインがかわいく弊社ショップの人気商品です。
アルミ行楽シートとの違いはクッションの働きをする発泡ポリエチレンをアルミ蒸着フィルムとポリプロピレンで挟んだ3層構造になっていること。表も裏も拭き取りがしやすくお手入れが簡単です。

こちらはあったかそうな起毛レジャーシート。アクリル素材の布がやわらかく、さらに内側のウレタンフォームがクッション性を持たせています。
表面が布のレジャーシートの良さはなんといっても肌触りですが、飲み物や食べ物をこぼすと染み込みやすいのがデメリット。ただ、裏面はポリ塩化ビニル素材で地面からの湿気は通さないようになっているので安心です。

最後にご紹介するのは厚みがなんと15mmの極厚レジャーマット
発泡ポリエチレンをアルミ蒸着フィルムで挟んだ構造になっているのですが、指で押してみてビックリ!割と硬くてしっかりしてるんです。
小石の多いデコボコした地面でもくつろげそうですね。
ただ、かさばるのが難点。厚みを求めるとどうしても携帯性は低くなってしまいます。

見ただけでは分かりにくい…厚みの違いは?

極厚レジャーマットくらい厚みがあれば、ひと目で「厚い!」と明らかですが、レジャーシートの厚みってパッと見ただけでは分かりにくいですよね。

というわけで、これまでご紹介したレジャーシートの厚みを調査!
①ストライプシート(株式会社アサヒ興洋)
②ブルーシート#3000(株式会社アイネット)
③アルミ行楽シート(株式会社アサヒ興洋)
④picora(株式会社アサヒ興洋)
⑤起毛レジャーシート(パール金属株式会社)

※(カッコ)の中はメーカー名、以下省略。

厚みの計測にはデジタル厚み測定器を使います。

レジャーシートの厚みの差は最大1.5mm!

実験の結果、一番厚かったのは③アルミ行楽シート1.5mm
一番薄かったのは①ストライプシート0.0mm。薄すぎて測定不可能でした。

すべての結果と材質をまとめて表にしました。
一番薄かった①ストライプシートと一番厚かった③アルミ行楽シートの差は約1.5mm。また薄手と厚手、それぞれのタイプの中でも差があることが分かりました。
数字で見るとわずかな差のようですが、畳んでみると結構大きな違いが出ます。
サイズが同じ2畳タイプのレジャーシートを並べてみると…
やはり一番厚い③アルミ行楽シートは断然ボリュームがあります。
厚みを優先するとどうしてもかさばりますが、取っ手のついた⑤起毛レジャーシートやバックにしまえる④picoraなら持ち運びもしやすそうですね。
厚手のレジャーシートはキャンプなどの本格的なアウトドアレジャーにも対応できます。車でお出かけするなら持ち運びのことも特に問題ありません。

薄手のレジャーシートは、浴衣で出かける花火など荷物を少なくしたい時や、スポーツ観戦などベンチはあるけどおしりを汚したくないときなどにおすすめ。また野外フェスで荷物だけを置いておきたい時にも便利です。
出かける場所やシーンによってレジャーシートを使い分けてくださいね。

次回はレジャーシートの断熱効果を比較します。お楽しみに!

今回の記事に登場したアイテム
レジャーシート picora(株式会社アサヒ興洋)
アルミ行楽シート(株式会社アサヒ興洋)
起毛レジャーシート(パール金属株式会社)
極厚15mmマット(ユーザー株式会社)

同じシリーズの記事はこちら 
レジャーシート比較