キャニスター

キーワード解説
コーヒーや紅茶などを美味しく保存するための蓋(ふた)つきの容器。ガラス・金属・ホーローなど、材質や形は色々ある。


《キャニスターの主な使い方》

・コーヒーや紅茶の保存。
コーヒー豆や紅茶の茶葉の風味は空気に触れることで劣化してしまうため、外気をキチンとシャットアウトできる密閉性の高いキャ二スターを選びましょう。また、直射日光が当たることでも風味が劣化してしまいます。このため、遮光性のあるホーローや金属製、陶器の茶筒タイプのものが最も適しているといえるでしょう。ただし、ステンレスの場合は臭いが移ることがありますので注意が必要です。なお、最近はプラスチック製のものも増えており、軽い・落としても割れない・密封しやすいと、扱いやすい点で人気です。遮光性はないですが、UVカット加工してあるものを選ぶと安心です。

・調味料などの保存。
ガラス製やプラスチック製など、中が見えるキャニスターは、スパイスやパスタ、可愛いシュガーなど、おしゃれな調味料入れとしてもおすすめです。また、下の写真のようなホーローっぽい見た目の陶器のキャニスターもカフェっぽいと人気です。

・その他
インテリアとしてはもちろん、調理や器として使えるものもあるため、頼れるキッチンアイテムとして人気です。また、キッチンだけでなく、家の色々なところに収納グッズとしても使ってカフェ風のお部屋にするのもオススメ。最近では、ガラス製のものに、モスボールやフェイクの多肉植物を入れて、テラリウムを作る女子も急増中! 本来の使い方にとらわれず、色々楽しんでみてください。

今回の記事に登場したアイテム
ホーロー風キャニスター(南海通商株式会社)