角ハンガーのピンチの配置を比較!渡し干しや隠し干しがしやすいピンチの並び方とは?

角ハンガーのピンチの配置を比較!渡し干しや隠し干しがしやすいピンチの並び方とは?

同じシリーズの記事はこちら
角ハンガー比較

上の画像のハンガーは、なんとピンチの数が同じ!
左のハンガーより右のピンクのハンガーのほうが、ピンチが多いように見えませんか?
くり返しますが、ピンチの数はどちらも36個と同じ。
ピンチの並び方が違うと見た目の印象もずいぶん違いますね。

ピンチの数が同じでも並び方はハンガーによってさまざま。
今回は角ハンガーのピンチの並び方を比較します。改めてくらべるアイテムをご紹介。
①スチール角ハンガー(ニシダ株式会社)
②ピンチからまん角ハンガー(株式会社アイセン)
※(カッコ)の中はメーカー名、以下省略。

ピンチの位置を調査!渡し干しに最適な並び方とは?

水玉模様がレトロかわいい①スチール角ハンガーは販売されて半世紀。
「おばあちゃんの家で見たことがある!」「親子2代で使っているよ!」
なんて声も耳にする昔ながらの角ハンガーです。

さて、この①スチール角ハンガー、36個もピンチが付いてるの?と不思議に思うくらいにすっきり。
ピンチの並び方に注目してみると、ピンチの大半が外側のフレームについています。
内側にあまりピンチが付いていないので、すっきりして見えるんですね。
実は昔は内側にピンチを付ける技術がなく、外側のフレームだけにピンチがついているのが定番の形だったんだとか。

こういったピンチの並び方は渡し干しをするのに好都合。
外側のピンチを最大限に使うとタオルを14枚干すことができます。
タオルとハンガーの幅が合っているのでタオルはたるみも少なくきれいに干すことができています。
まさしく①スチール角ハンガーは渡し干しするために設計された角ハンガー。

また、フックからフレームまでの長さが短いので、丈の長い洗濯物を干しても低い竿に掛けても洗濯物が下に付かないという配慮がうれしいですね。

渡し干しすると使えないピンチが大量発生

一方、②ピンチからまん角ハンガーでタオルを渡し干ししてみるとこの通り。
干すことができたのは8枚で、①スチール角ハンガーとの差は6枚にもなりました。

また、ピンチとタオルの幅が合っていないのでタオルのたるんでいるのが気になります。
そして何よりも残念なのは、渡し干しをすると内側のピンチが使えないこと!
役割が与えられないピンチたちが何とも悲しげ…。
②ピンチからまん角ハンガーは渡し干しには不向きということがいえます。

ピンチを有効に使って省スペースで干す

②ピンチからまん角ハンガーが長けているのは靴下や下着などの小物を干すこと。
至ってふつうの使い方のようですが、ピンチがギュッと集まっているぶん、省スペースで干すことができます。

①スチール角ハンガーとサイズをくらべてみると、②ピンチからまん角ハンガーは確かにかなりコンパクト!
縦の長さの差はなんと16cmもありました。
ピンチの数が同じでもこんなに大きさが違うんですね。
①スチール角ハンガーでも、当然、小物は干せますが場所をとるだけ。
省スペースでたくさん干せるというのは、角ハンガーの魅力のひとつですね。

隠し干しできるピンチの並び方とは?

内側にもまんべんなくピンチが付いているピンチからまん角ハンガーは隠し干しも可能です。
隠し干しができると、外に干す場合はもちろん、部屋干しの際も快適。
生活感たっぷりの洗濯物が見えないというのは、やっぱり気持ちのいいものですよね。

また、ピンチからまん角ハンガーはベルトが伸ばせるので壁際に掛けてもハンガーが斜めになりません。
鴨居やドアにも掛けることができるので、部屋干しが多いという方にはうれしい機能です。

最近は、さまざまな洗濯環境に合わせた機能付きの角ハンガーが販売されています。
便利になる一方、選択肢が増えて、角ハンガーをどう選んだらいいのか迷いますね。

シンプルに選ぶなら、まずピンチの数は大前提ですが、ピンチの並び方も選ぶポイントのひとつに加えてみてください。

今回の記事に登場したアイテム
スチール角ハンガー ネオジャンボS ピンチ36個付(ニシダ株式会社)
ピンチからまん角ハンガー(株式会社アイセン)

同じシリーズの記事はこちら
角ハンガー比較