ピーラー

キーワード解説
野菜や果物の皮をむく調理道具のこと。

ピーラーは英語の「peel(むく)」に由来する「むく道具」です。
形は、T字型とI字型があり、日本でよく使われているのはT字型。まな板に材料の一部分をつけて固定するか、完全に寝かせた状態にして使う方が安定してむきやすくケガも防げます。
刃はすき間があり上下に別れているのですが、上の部分に刃がついていて、下の部分にはついていません。
下の部分のことは「アゴ」といい、野菜などの食材を固定する役割があります。
そうすることで、皮が切れることがなく長くむくことができます。

貝印ピーラー

一方、欧米ではI字型がよく使われています。
I字型の場合、野菜などを手に持って皮をむくので、果物ナイフを使うような感覚でむくことができます。
これはあまりまな板を使わないという欧米の習慣からもきているようです。丸いりんごやじゃがいもの皮むきがしやすい形といえます。

オクソーピーラー

刃の材質としては、ステンレスとセラミックがありますが、一般的なものはステンレス。
材質そのものに重みがあるので安定して切りやすいのが特徴です。
ステンレスは錆びにくい材質ですが、絶対に錆びないということはありませんので、使った後はしっかり水分を拭き取って乾かしましょう。
その点、セラミックは金属ではないので錆びません。金属のにおいもつかないので、野菜や果物の風味を損なうこともなく、金属アレルギーの方の調理にも安心して使えます。
ただ、大変硬いのが特徴で切れ味は長期間持続しますが、欠けやすいという欠点もあります。
ぶつけたり落としたりしないように扱いましょう。

今回の記事に登場したアイテム
セレクト100 T型ピーラー(貝印株式会社)
OXO オクソー タテ型ピーラー(株式会社ワイ・ヨット)