ポリカーボネート

キーワード解説
プラスチックの一種。ポリカ、PCとも呼ばれる。

ポリカーボネートは大変高い性能を持つプラスチックです。
ガラスと比較されることもあるくらいの高い透明度があり、耐衝撃性が強いという特徴があります。
強度はガラスの200倍で割れにくく、軽量で曲げ弾性にも優れていることから作業性が良いので、車のヘッドランプ、カメラレンズ、CDディスク、身近な生活用品では、洗濯ハンガーや収納ケース、ゴミ箱など、さまざまなものに使われています。

耐熱温度が120~130度、耐寒温度は-100度なので、広い温度領域での使用が可能です。これは耐候性に優れているという点にもつながりますが、気候による劣化が少ないので、長期間の使用が期待できます。ただ、紫外線は遮断しますが、紫外線による変色は避けられません。
また、耐薬品性はあまりよいとはいえず、アルカリに弱いので、洗剤を使用する際は注意が必要です。接着に向かないという難点もあります。

プラスチックの分類としては、まず、熱可塑性樹脂(熱をかけると柔らかくなる)と熱硬化性樹脂(熱をかけると硬くなり、再度加熱しても柔らかくならない)に分けられます。
さらに熱可塑性樹脂は汎用プラスチックとエンジニアリングプラスチックに分類されます。
ポリカーボネートは、熱可塑性樹脂ですが、ポリエチレン、ポリプロピレンなどの汎用プラスチックとは異なり、強度が強く機能性に優れたエンジニアリングプラスチックに属します。

kakuhanger-1

今回の記事に登場したアイテム
ジャンボ角ハンガー ポリカ ピンチ42個付(東和産業株式会社)