クエン酸

キーワード解説
レモンなどの柑橘類に含まれているものと同じ有機酸のひとつ。洗剤として掃除に使われるものは、サツマイモなどのデンプンを発酵させて作られている。

クエン酸を使うと効果的な掃除は、主に水垢と石鹸垢の分解除去です。
使う時は水に溶かしてクエン酸水を作りましょう。目安は、水200mlに対してクエン酸小さじ1程度。
水のミネラル分が硬くかたまったザラザラとした汚れを溶かします。
石鹸垢を除去できるのは、アルカリ性の石鹸を酸性のクエン酸で中和するから。
石鹸で洗濯した衣類の仕上げにも使われているのはこのためです。
消臭、抗菌効果もあるので、トイレの便器やキッチンの三角コーナーにクエン酸水を吹き掛けておくと清潔が保てます。

注意点としては、塩素系の洗剤とは絶対に混ぜないこと。有害なガスが発生するので危険です。
また、大理石や鉄、タイルは溶けてしまうので、クエン酸は使えません。

同じくナチュラルクリーニングで人気の重曹はアルカリ性なので、中和剤としてしてクエン酸で仕上げ拭きをするという掃除方法もあります。
クエン酸に、アルカリ性の重曹を加えると炭酸ガスが発生して発泡するので、キッチンやお風呂の排水口など、手の届きにくい場所の掃除に便利です。
食用の酢もクエン酸と同じように使え、効果は変わりませんがツーンとした臭いがします。
クエン酸は揮発性がなく刺激臭がないので、お掃除に使いやすいといえます。

4982757814054

今回の記事に登場したアイテム
クエン酸 300g(株式会社 地の塩社)