リモコン収納のテクニック!壁掛けやラックにまとめて、もう探さない

リモコン収納のテクニック!壁掛けやラックにまとめて、もう探さない

リビング家電には必ずといっていいほどついてくるリモコン。
動かずして家電を操作できるのは本当にありがたいですね。
なのにリモコンが見当たらない!ということはないでしょうか?

使いたい時にすぐ使えるよう、リモコンの収納場所を今一度見直してみましょう。

いつも探していませんか?

私がお仕事でおうかがいする家は、基本散らかっているので、ひと目でリモコンにたどり着くことはほとんど不可能です。
作業している間に、あちこちからリモコンが出てくるのがあたりまえといった状態。
ソファの下、かばんの中、家具のすき間、引き出しの中…
一番驚いたのは冷蔵庫の中!

どうして?と思いましたが、リモコンって、つい持ったまま移動してしまうものなんですよね。
例えば、宅配のインターホンが鳴った → リモコンを持ったまま玄関へ行く → つい下駄箱に置く → そのまま放置 → 忘れる → 探す。
こんなことが日常茶飯事ではありませんか?
%e3%83%aa%e3%83%a2%e3%82%b3%e3%83%b31日3分リモコンを探したとすると、1年でなんと18時間も探していることになります。
こんなことなら、いっそのことリモコンはやめて、普通に歩き回って操作をしたほうがいいかもしれませんね。

置き場所をしっかり決める

いろんなおうちを見させていただいて不思議だなぁ?と思うのは、みなさん意外とリモコンの置き場所を決めてないこと。

ソファやテーブルなど、「なんとなくここ」みたいな感じで適当に置かれていることが多いんです。
家族みんなが使うものなのに置き場所が決まってないなんて、そりゃあ失くなるわ!ですね。

置き場所として最適なのは、リモコンを使いたい場所です。
リモコンの目的は動かずして操作することですから、部屋のどこでリモコンを使うのか?が分かればおのずと置く場所が決まってきます。
%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%83%89%e3%83%86%e3%83%bc%e3%83%96%e3%83%ab

収納は1ヶ所にまとめて

置き場所を決めたら次は収納方法です。
テレビ、DVD、照明、エアコンなどリビングだけでも3~4個のリモコンがあるでしょう。
壁付けにできるものはなるべくそうして、その他のものはできるだけ1ヶ所で管理するのが失くさないコツ。

このように単純にひと箱にまとめてしまえばいいですね。
%e3%83%aa%e3%83%a2%e3%82%b3%e3%83%b3%e7%ae%b1%e5%8f%8e%e7%b4%8dスペースによって縦型のほうがいいのであればこのようなリモコンラックも便利です。
%e3%83%aa%e3%83%a2%e3%82%b3%e3%83%b3%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%83%b3%e3%83%89その他にもいろんな入れ物があるのでリモコンの数やインテリアに合わせてぴったりのものを選ぶのも楽しいですね。

引き出しにしまってスッキリ収納

リモコンの数がたくさんある場合、ズラリと並べて置くのはちょっと気になるという方は、引き出しにしまうのもひとつの案。

引き出しつきのテーブルなどは、あまりモノを目立たせたくない収納を目指しているおうちには最適です。
%e3%83%aa%e3%83%a2%e3%82%b3%e3%83%b3%e5%bc%95%e3%81%8d%e5%87%ba%e3%81%97%e5%8f%8e%e7%b4%8dけれどいまさらコレだけのためにテーブルを買い替えるなんでムリ!という方はDIYで今あるテーブルにつけることも可能ですから試してみてください。

すぐにできる!カンタン壁面収納

こちらはあるお宅で実践されていたリモコン収納。
リモコンにフックを貼り付けて、押しピンで取り付けたウォールバーにリモコンを掛けるという方法です。
%e3%83%aa%e3%83%a2%e3%82%b3%e3%83%b3%e5%a3%81%e9%9d%a2%e5%8f%8e%e7%b4%8d「なるほど~!こうくるか~!」と思わずうなり声を上げてしまいました。
リモコンを引っ掛けるものという柔軟な考え方をすれば、置き場所がなくても壁を使えばいいのだから好きなところに収納ができますよね。

リモコンを永く使うために

リモコンは使用頻度も高く、手あか汚れやほこりがとても付きやすいもの。
永く使い続けるためにもできるだけ大切に扱いたいですね。
わざわざリモコンまで拭いてられないわよ!という方は、このようなカバーをつけることをオススメします。
%e3%83%aa%e3%83%a2%e3%82%b3%e3%83%b3%e3%82%ab%e3%83%90%e3%83%bcまめなふき取りも不要ですし、落下による破損も防いでくれるので、いつまでも新品の状態が保てます。
100円ショップでも手に入りますし、サイズも何種類かあるのでぜひ試してみてくださいね。

たかがリモコンですが、なければないでとても困る存在です。
人が集まりにぎやかに過ごす機会も多くなる季節ですから、だれが見ても一目瞭然!のリモコン収納を目指してみましょう。

柳澤知伽プロフィール