タオルの干し方比較【1】パラソルハンガーと角ハンガー!干しやすいのは?省スペースなのはどっち?

タオルの干し方比較【1】パラソルハンガーと角ハンガー!干しやすいのは?省スペースなのはどっち?

同じシリーズの記事はこちら 
タオルの干し方比較

洗濯物がパリッと乾いたら気持ちいいですよね!

でも、毎日のお洗濯はなかなかの重労働ともいえる家事。
たくさん干したい、速く乾かしたいなど、悩みはつきないものです。

タオルの干し方どうしてる?

突然ですが、生活に欠かせないフェイスタオル、どうやって干していますか?
hoshikata-12物干し竿に1枚ずつ並べて干す!?
ゆったりとした洗濯風景を思い浮かべますが…

実際、物干しスペースは限られていることがほとんど。
せまいベランダや室内干し…
なにかしら洗濯用のハンガーを使って干すという方が多いと思います。

ベテランさんなら、フェイスタオルを干すのは、このハンガーとだいたい決まっていますよね。
実は洗濯物の干し方は、人それぞれに少なからずこだわりがあります。

「どんなハンガーでどんな干し方するの?」
そんな座談会なんかしたら、結構盛り上がるんです。

どんなハンガー使ってる?

こちらは角ハンガー。
ピンチハンガーともいわれ、靴下や下着など小物を干すのに便利です。
hoshikata-9ピンチが40個付いているので、「これさえあればいっきに干せる!」と洗濯物の多いご家庭に人気。
外側にタオルを干して内側に見せたくない下着を干すという、いわゆる隠し干しができるのも魅力です。

でも、よく耳にするトラブルがこれ!

「ピンチが絡まる!」

使わない時は2つ折りにして収納しますが、いざ干そうと開こうとすると、ピンチ同士が絡まって開きにくいということがあるんです。

でも、この角ハンガーは大丈夫でした。
最近は、ピンチが絡まりにくいことをキャッチフレーズにしている角ハンガーもありますね。
hoshikata-8こちらは白いカラーが人気のパラソルハンガー。
洗濯用のハンガーは、青色系が多くて生活感が出やすいものですが、これなら洗濯風景もオシャレになりますね。
hoshikata-10このハンガー、たこ足ハンガーとも呼ばれ、開いてみるとこの通り。
足は20本付いていて、パラソルハンガーの中ではベーシックな形なのですが、なかなかの場所取りさん。
hoshikata-5「ベランダだと開くことができなかった」という声も…
干す場所の奥行きと要相談のハンガーです。

タオルの干し方をハンガー別にチェック!

今回は、この2種類のハンガーでタオルの干し方にまつわるあれこれを調査します。
hoshikata-13①パラソルハンガー(株式会社オーエ)
②角ハンガー(株式会社オーエ)

※(カッコ)の中はメーカー名、以下省略。

まずは、どちらのほうがタオルが干しやすいのかくらべます。

干し方はいくつかあるのですが、初めは素直に干してみます。
①パラソルハンガーはタオルを半分にして丈を揃えて干し、②角ハンガーはタオルの両端をピンチではさんで干すことに。
hoshikata-19参考までに干すのにかかる時間を計ります。

タオルはそれぞれ10枚ずつ。
それではスタート!

早く結果が知りたい方は動画をご覧ください。

干しやすいハンガーはどっちだ!?

①パラソルハンガーは足が20本なので、足1本分を空けて干していきます。
ハンガーの足とタオルの幅がほぼ同じ長さなのがうれしいですね。
hoshikata-16ハンガーが傾くのが気になります。
タオルが落ちないようにフックにはさみこむのが、少しやりにくい…という印象。
hoshikata-22またタオルの丈を揃えるのに時間が取られます。

②角ハンガーは、奥から手前へと干していきました。
奥のピンチから干していくと、このハンガーも傾いてきます。
でも順番通りにピンチではさんでいけばいいだけ。
タオルの丈を揃える必要がないので作業はとても順調でした。
hoshikata-17時間は①パラソルハンガー2分14秒②角ハンガー1分22秒
②角ハンガーのほうが早く干すことができました。

この後、同じテストを4名のスタッフで行いましたが、なんと全員②角ハンガーのほうが早く干せるという結果に。
①パラソルハンガーは、タオルをフックにはさみこむのと丈を揃えるのに時間がかかったようです。

省スペースで干せるハンガーは?

全部干し終わったところで、どれくらいのスペースをとっているのか測ってみました。
パッと見て気になるのは縦の長さ。

②角ハンガーの場合、竿が低いと地面にタオルがついてしまうことが考えられます。
ベランダやバルコニーに物干し竿を設置している場合、洗濯物が外から見えないように竿の高さが低いことがありますね。
hoshikata-6①パラソルハンガーは、実は低竿対応のフックが短いタイプ。
洗濯物が地面につかないように配慮されているんです。
また、タオルを半分にして干すことで縦のスペースがよりコンパクトになります。

次に気になるのは奥行きの違い。
「ベランダで開くことができなかった!」という声がありましたが、①パラソルハンガーの奥行きは84cmで、②角ハンガー37cmとくらべると2倍以上も長いんです。
hoshikata-18ただ、①パラソルハンガーの足は20本。
10枚をバランスよく干すために足1本分を空けていました。
となると…このスペースで、20枚のタオルが干せるということになります。
hoshikata-15②角ハンガーは、40ピンチ付とはいえ、タオルを干すのは10枚が限界…
hoshikata-2040ピンチのさらに上をいく60ピンチ付の角ハンガーがありますが、それでも干せる枚数は最大で14枚。
hoshikata-23「いつもタオルは10枚以上は干すよ」という方には、①パラソルハンガーをオススメします。

結果をまとめてみます。
hoshikata-21省スペース対決は引き分け。奥行きと竿の高さ。
干す場所の条件に合う洗濯ハンガーで快適に干してくださいね!

テストはまだまだ続きます。

今回の記事に登場したアイテム
パラソルハンガー ベランダ用(株式会社オーエ)
角ハンガージャンボ ピンチ40個付(株式会社オーエ)
角ハンガー ピンチ60個付 スーパービッグフレーム(株式会社シービージャパン)

同じシリーズの記事はこちら 
タオルの干し方比較