引き出し収納は仕切り方でこんなに違う!ムダな隙間を作らない整理整頓テクニック

引き出し収納は仕切り方でこんなに違う!ムダな隙間を作らない整理整頓テクニック

収納の楽しさは、あれこれ工夫をして「我が家にぴったり!」の収納を作ること。
そうしていろんな空間を使いこなせたら、もう怖いものなしですよね。

中でも引き出しは、なるべくムダなすき間なく収納をしたいところ。
今回は、引き出しの仕切り方を見直してみましょう。

突っ込むだけの収納になっていませんか?

引き出しを開けると、中身がぐちゃぐちゃ…とガッカリすることはありませんか?
自分なりに整理をして入れているつもりなのに、こんな調子では、いい加減「きちんとしまおう」という気もなくなり、「とりあえず入れておこう…」という収納になりがちです。
せっかくたくさんの収納スペースがあっても、これではモノがあふれてどんどんイライラもたまります。
キッチン引き出し

引き出し仕切りの定番!箱やカゴ

大きな引き出しほど収納は難しいですが、奥行きや幅、高さを充分に活かさなくてはもったいない!
そんな時のお助けアイテムが箱やカゴ。
100円ショップで買うもよし、また、おうちにため込んでいる空き箱を有効活用できます。
箱仕切りタオル特に贈答用の菓子箱や靴の空き箱は形が崩れにくくてぴったりなんですよ。
空き箱奥行きや幅は入れものの置き方で工夫することはできますが、高さ(引き出しの深さ)は使いづらいものもあります。

高さを最大限に活かすためには、例えば、衣類など形を変えられるモノについてはたたみ方を変えてみます。
引き出しの高さに合わせて、入れたいモノのたたみ方を工夫すると、めいっぱい引き出しを使うことができます。
カゴ仕切り下着カゴや箱を上下に重ねて入れるよりも出し入れしやすくて一目瞭然。
それでもあまりに深すぎる場合は、上下に入れものを配置して、季節ごとに上下を入れ替えてもいいでしょう。

引き出しの高さは意外と見落としがち。
引き出し家具の購入を検討している方は、入れたいモノの高さを考えて購入されることをオススメします。

深くて広いキッチンの引き出しはファイルボックスで仕切る

最近のシステムキッチンは引き出しタイプがほとんど。
シンクの下の大きすぎる引き出しは使いづらくありませんか?
それを簡単に解決してくれるのがこのファイルボックス。
大きさや形がバラバラのお鍋や鍋フタ、フライパンもこの通り。
キッチンファイルボックス背の高い調味料もスッキリと収まって、幅広くキッチンのあれこれを上手に収納させてくれます。
素材がプラスチックなので汚れやすいキッチンでもサッと洗うことができるのも重宝する理由です。
調味料

小さな引き出しはトレーが便利

小さくて浅い引き出しには整理用トレーがオススメ。
細かいモノも仕切りがあれば、迷子になりませんね。
ビフォー・アフター

モノの量が一定でない引き出しには可動式の仕切り

冷蔵庫のように、食材の量が増えたり減ったりする所には、可動式の仕切りがいいですね。
可動式といっても特別な何かというわけでなく、おうちにあるブックエンドを使ってみましょう。
ブックエンドモノの増減に合わせて引き出しの中身がバラつかないようにキープできますよ。
冷凍庫仕切り

簡単!ぴったりサイズの仕切りの作り方

これまでご紹介した仕切りは、形や大きさが決まっているので、今ある引き出しには合わない場合もあるかもしれませんね。

そんな時は、この突っ張り棒がいい仕事をしてくれます。
引き出しの幅に合わせて突っ張れば、簡単仕切りのできあがり!
突っ張り棒引き出しそれから、これも家にたまりがちな紙袋。
手提げの部分を切り取って高さに合わせて折り曲げるだけです。
入れたいモノの大きさに合わせて自由自在にカスタマイズすることが可能です。
紙袋

引き出し一段一段にテーマを持たせて

ご覧いただいたように、引き出しを無駄なく活用させるためには、いろんな仕切り方があります。
そしてひとつ気にしてほしいのは、引き出し一段一段にテーマをきちんと持たせること。
大きいから…たくさん入りそうだから…と、とりあえず収納することはやめて、出したいモノにすぐにたどり着ける収納を目指してみましょう。

引き出しの収納がうまくできれば、次の5つのメリットがあります。

①一目瞭然、出し入れ簡単でストレスがなくなる。
②いつもその場所に戻せるようになる。
③モノが増えすぎるということを防ぐ。
④使い道がわからない空き箱や空き袋を活用できる。
⑤見た目が美しく整う。

あれこれと工夫を楽しんで「我が家にぴったりの引き出し収納」を見つけてくださいね。

柳澤知伽プロフィール