ギリシャヨーグルトの作り方!コーヒーフィルターを使った簡単水切り方法

ギリシャヨーグルトの作り方!コーヒーフィルターを使った簡単水切り方法

濃厚な食感で人気のギリシャヨーグルトとは?

ギリシャヨーグルトとは、古代ギリシャから伝わる伝統の製法で作られたヨーグルトのことです。
その伝統製法とは、水切りをすること。
乳清(ホエー)と分離することで、より濃厚でクリーミーな食感が生まれます。
チーズのような固形になるため食材として扱いやすくなり、デザートだけでなく様々な料理に活用できるのがひとつの特徴。
古代には貴重なタンパク源として重宝されていたそうです。

ギリシャヨーグルトは水切りヨーグルトのこと!

ギリシャヨーグルトは各メーカーで味わいを工夫して商品化されていますが、水切りヨーグルトということなら、家庭でも簡単に作ることができますね。
ヨーグルトの水分を切るためには、ザルを使う、ガーゼやキッチンペーパーを使うといった方法があります。
今回は、コーヒーフィルターを使って作る方法をご紹介します。

コーヒーフィルターで作る水切りヨーグルト

4人から5人用のペーパーフィルターを用意します。
この大きさで、一般的な400g入りのヨーグルトパックを丸ごと水切りできますよ。
他に、フィルターをセットするコーヒードリッパーとコーヒーポットを用意します。
sc001コーヒーを淹れるときのように、ポットにドリッパーを乗せ、ヨーグルトを入れます。
あとはラップなどで軽く覆いをして、数時間置くだけ。
sc0023時間経ったのがこちら。
最初よりもかさが減っている様子が分かりますね。
ポットには水分が溜まっています。
sc004-210時間置くと半分くらいの量にまで減っています。
下のポットには約200ccの水分が溜まっていました。
sc005ペーパーフィルターで作ると取り出すときにとても楽です。
フィルターのつなぎ目をそっとはがすと、このように固形の水切りヨーグルトができています。
sc006水切りヨーグルトは水切り時間の長さによって、濃度の調節ができます。
3時間から5時間ならクリーム状、10時間以上なら固形チーズ状に仕上がります。
水切り後の使用方法によって時間を変えると良いでしょう。

水切りヨーグルトは甘くもスパイシーにも使える

水切りヨーグルトは同じ量のクリームチーズと比べると非常に低カロリー。
それでクリームチーズの代用として使用するとヘルシーなデザートができます。
はちみつをかけてフルーツと一緒に盛り付ければおもてなしにも。
水切りヨーグルトで作るチーズケーキもおすすめですよ。
sc009また、水切りヨーグルトはいろいろなスパイスとも相性が良いです。
トーストに塗ってハーブスパイス入りソルトをかけたのがこちら。
sc007ギリシャではベイクドポテトに添えたり、サンドイッチに挟んだり、パスタやピザに散らしたりという使い方もされるそうです。
さらに、マヨネーズと混ぜて低カロリーのディップとして使うのはいかがでしょうか。
高タンパクで低カロリーのギリシャヨーグルト(水切りヨーグルト)ですので、健康のためにも普段の食事に取り入れるといいかもしれません。

ホエーで作るラッシー風さわやかドリンク

水切りして出た水分(乳清=ホエー)は、脂肪分以外の牛乳の栄養がほとんどそのまま入っています。タンパク質やカルシウムがたっぷり。
このホエーでおいしいドリンクができます。
よく冷えた牛乳とホエーを1対1の割合で混ぜ、砂糖やはちみつで甘みを足すだけで、ラッシー風ドリンクのできあがり。
sc007-2

ホエーの活用方法はこんなにも!

すっきりと甘い味わいのホエーには、他にもいろいろな活用方法があります。

●梅酒やワインと割ってカクテルに。
●オリーブオイル、塩こしょうと混ぜてドレッシングに。
●ホットケーキ、パンを焼くときに混ぜるとふわっとした仕上がりに。
●カレーに混ぜてうまみアップ。
●鶏肉や豚肉を漬け込んで臭み消しと柔らか効果。
●化粧水としてそのまま肌に塗ると美白効果。などなど。
ぜひ無駄なく使い切りましょう。

家庭で簡単にできる濃厚水切りヨーグルト(ギリシャヨーグルト)、楽しく活用して、お料理のバリエーションを増やすのに役立ててくださいね。

racssプロフィール